キーワード:スクリプトを含む記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




■自分で決めた基準サイズに戻したいときがあります
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 今回のスクリプトは標準機能で十分まかなえるのものですが、文字サイズをいつでも(自分で決めた)基準サイズにリセットできたらいいなぁ、と作ったスクリプトです。無料公開いたします。

 グループ化されていても、クリッピングマスクの中でも、選択されたテキストの文字サイズを一律12ポイントにします。

 これは、テキストオブジェクトを選択して文字パネルを開き、12ポイントと指定するという標準機能と全く同じなのですが、その手間を省くためにスクリプトにしました。
スクリーンショット 2018-08-19 14.23.30

 例えば14ポイントがいい!という方は簡単に改造できます。スクリプトをテキストエディットなどで開き、該当部分の数字を変えて保存してください。

スクリーンショット 2018-08-19 14.06.58

 なお、標準文字スタイルが12ポイントですので、文字スタイルパネルを開き、スタイルのオーバーライドを解除すべく、ワンクリックすると標準文字スタイルになりますが、せっかく設定したフォントなども戻ってしまいます。

スクリーンショット 2018-08-19 14.25.53

 単純に文字サイズだけ12ポイントに戻したい!というニーズに、お応えできると思います。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択したテキストを12ポイントにするスクリプトです


【スクリプトファイル名】
G553_characterSize12.jsx


【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します


【仕様】
(1)テキストがドキュメントに含まれない場合は反応しません
(2)オブジェクトが選択されてない場合は反応しません
(3)テキストが選択されていない場合は反応しません
(4)グループ化、クリッピングマスクなどの中にあるテキストでも、選択されていれば反応します


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■スクリプトのダウンロードはこちらから

■検証素材のダウンロードはこちらから



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■オブジェクトサイズはフィットなのに位置だけがズレるときありますよね?
(クリックで動きます)
2
 おつかれさまです。@gorolibです。

 IllustratorでのWebデザインについては、最近は「ピクセルにスナップ」や「アセットの書き出し」などの新機能によって随分便利になりました。

 しかし、整列や等間隔に分布などを行なうと、座標位置に端数が出るときがあります。ピクセルにスナップは便利ですが、座標位置の端数は、マウスで移動しないとスナップしないので、例えば、左上のx座標「-0.45 px」を「0 px」にするには面倒です。
スクリーンショット 2018-08-19 12.03.09
スクリーンショット 2018-08-19 12.03.17のコピー

 カーソルキー(矢印キー)で微調整をしようと思っても、ピクセルにスナップをオンにしていると、オブジェクトは1pxづつ動いてしまうので、「-0.45 px」が「0.55 px」になってうまくいかない。これは、環境設定>一般>キー入力に関係しません。
スクリーンショット 2018-08-19 12.27.48

 結果としては、変形パネルで座標数値を直さなければいけないのです。

 それぞれのオブジェクトサイズは、きちんとピクセルフィットさせているのに、位置だけがズレると少々面倒なオペレーションになります。そこで今回のスクリプトを作成した次第です。お役に立てれば幸いです。


■グループ化せずにスナップさせたい

 このとき、オブジェクトを個別に動かそうとすると若干微妙です。例えば、タブの設計をしていて全体としてフィックス(きちんとピクセルフィット)しているのに、位置だけがずれる場合。このとき、グループ化しているかどうか「選択するまでわからない」という非常に悩ましい問題が起きます。

(1)グループ化されているかと思ったら、されてない
(2)グループ化されてないかと思ったら、されてた

参考:根底から見直すシリーズ:オブジェクトのグループ化と解除

 そこで、今回のスクリプトは「選択範囲を左上の端数分だけ移動する」という仕様にして、グループ化しているかどうかを気にしなくてもいいようにしました。
1
■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
2


【スクリプト概要】
グループ化しなくても選択範囲を左上座標の端数分だけ移動して全体をピクセルフィットさせるスクリプトです。

【スクリプトファイル名】
G552_pixelFitRound.jsx

【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)選択範囲を左上座標の端数分だけ移動して全体をピクセルフィットさせます
(4)端数の判定は四捨五入です


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■ 3年使っていろいろわかってきました^ ^

 おつかれさまです。@gorolibです。

 リンク配置は、かなりヘビロテで便利なスクリプトです。かれこれ3年ほど、さまざま作っては試してきましたが、必要な仕様が洗練されてきた気がします。それは、

 (1)リンク配置は、ひとつづつ処理できればよい
 (2)枠にスキマができないように配置する場合は(枠をはみ出すので)、クリッピングマスクが必要
 (3)枠をはみ出さないように配置する場合は、クリッピングマスクはいらない
 (4)配置先オブジェクトが未選択の場合は、アクティブアートボードを基準とする
 (5)相似形を厳密に保たなくてよいから、配置先オブジェクトのタテヨコに無理やり合わせたいこともある

というものです。仕様も熟成させるといろいろわかるものです。しかし、これらの組み合わせを試行錯誤したため、スクリプトが乱立してしまいました。

スクリーンショット 2018-08-18 13.33.55

※サンプル:左から、大きい倍率、小さい倍率、強制倍率(配置先はアートボード)

(1)については「いっぺんに配置」を売りにしてきたのですが、そのためにはファイル名もその並びにする必要があり、少なくとも私の業務では「便利だがあまり使わない」機能でした。

(2)については、そもそもの仕様であり、引き続き必要と思われます。

(3)は、配置先のオブジェクトサイズに収めたい場合です。この場合、クリッピングマスクは冗長でした。

(4)は、Webデザインにおけるビッグフォト、つまり幅いっぱいに画像を使う場合などに便利でした。

(5)は、ラフスケッチを下地としてトレースするような作業にとても役立ちます。


■ これ1本でまかなえるように…

 ところで、私はダイアログボックスが好きではありません。ワンタッチ、ショートカットで処理を行うためのスクリプトなのに、チマチマと処理オプションを選んで実行するのは、どうも動機に逆行している気がする。画面設計も面倒ですし…(^_^;)

 しかし、このリンク配置スクリプトについては、仕様検討を経て、さまざまなパターンのスクリプトを乱立させてきたために、混乱をきたしていました。今回、その混乱を収めるためには、ダイアログボックスがいいのかなぁという判断です。

 具体的なオプションは、大きい倍率、小さい倍率、強制倍率の3つです。

スクリーンショット 2018-08-18 13.26.43

大きい倍率は(2)のこと、小さい倍率は(3)のこと、強制倍率は(5)のことです。これらをダイアログボックスで統一した次第です。これ1本でなんでもイケる、クレイジーソルト的な (笑)スクリプトとなりました。


■ 今回のスクリプト情報
スクリーンショット 2018-08-18 13.33.55


【スクリプト概要】
タテヨコの倍率に柔軟に対応するリンク配置スクリプトです

【スクリプトファイル名】
G551_autoPlacedDialog.jsx

【使い方】
(1)リンク配置先のオブジェクトを選択ひとつ選択します
 (選択しない場合はアクティブアートボードを配置先とします)
(2)このスクリプトを起動します
(3)配置オプションを指定します
(4)リンク配置画像を選択します

【仕様】
(1)配置オプションについては次のとおりです

スクリーンショット 2018-08-18 13.26.43

 ・大きい倍率…配置先オブジェクトに対してスキマができないように変倍します
 ・小さい倍率…配置先オブジェクトに対してはみ出さないように変倍します
 ・強制倍率…配置先オブジェクトのタテヨコぴったりに変倍します(相似形は保持されません)

(2)リンク配置オブジェクトは配置先のオブジェクトの中心に移動されます

(3)配置先のオブジェクトは削除されます

(4)配置先のオブジェクト選択がない場合は、アクティブアートボードを配置先とみなして処理します
(5)「大きい倍率」のみ、クリッピングマスクがかかります


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ