キーワード:スクリプトを含む記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




 ※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています



■選択部分を虫眼鏡のように拡大します!
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 デザイン案件で、こういうのよくありませんか?一部を拡大して強調する表現。虫眼鏡的な拡大をするやつ。いろいろと面倒だったのですが、ああ、こりゃスクリプト向きだなぁ!と今回開発いたしましたので、ご利用ください。

 拡大率はダイアログにて、パーセント指定してください。なお、選択オブジェクトの最前面のものだけは、クリッピングマスク以外に拡大し、最後にさらに最前面に出します。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択したオブジェクトについて、先頭のパスアイテムでクリッピングマスクをかけ、指定倍率(パーセント)にて拡大し「虫眼鏡で拡大されたように」します。


【スクリプトファイル名】
G503_closeUP.jsx


【使い方】
(1)虫眼鏡状に拡大したいオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)拡大率をダイアログにてパーセント指定します
19


【仕様】
(1)選択したオブジェクトはすべて複製します
(2)複製したオブジェクトの最前面のパスアイテムででクリッピングマスクをかけます


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




 ※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

 参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■「ある部分」を揃えちゃう^ ^
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。お世話になっている、宇都宮さん @Uya_Fritillaria のナイスアイデア。

 唐突ですが、複数画像の中の「ある部分」を同じ大きさに揃えたい、ということがありますな。ある部分とは、写真付き年鑑の顔の大きさだったり、メニューのお皿の大きさだったり、はたまた、アノ部分、

 ぅわぁーおぅ♡←効果音

かもしれませんなあ(きたな週末モード!)

 そこで、目印となるパスアイテムと画像を選択して、高さを入力すると、ある部分がその高さになるスクリプトを作りましたので、ご利用くださいませ。


■いっぺんにもできます!(ただし注意あり)

 このスクリプト、パスアイテムとそれ以外(画像など)に分けて、左から並べ、順番に処理します。そのため、一括処理ができますが、元画像の大きさによっては順番が逆になることもあり、その場合はひと組づつ、処理をお願いいたします。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択したパスアイテムとそれ以外(画像など)をダイアログ指定した高さに合わせてリサイズします


【スクリプトファイル名】
G501_faceUP.jsx


【使い方】
(1)パスアイテムと「そうでないもの」を一緒に選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)リサイズ後の高さを指定します

50
(4)パスアイテムを指定の高さにリサイズします
(5)同時に「そうでないもの」をその倍率でリサイズします


【仕様】
(1)リサイズの単位は以下を参照しています
 環境設定>単位>一般

(2)リサイズ後は、パスアイテムの上端で整列します

(3)パスアイテムと「そうでないもの」を分けて、X座標で並べ直します

 例)左端のパスアイテムと、左端の「そうでないもの」をセットで扱います。そのため、画像に重なっていなくてもかまいません。

(4)「そうでないもの」はパスアイテム以外ですので、クリップ画像でもいけます(クリッピングマスクはグループオブジェクトの扱いです)


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから




お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記180408)
クリッピングマスク版を作成いたしました。
パスアイテム(オープンパス)とそれ以外の組み合わせで、クリッピングマスクの高さを統一して高さを揃えます。

(ダウンロードにてお願いいたします)







お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




 ※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています



■各種ロゴが「同じ大きさに見える」ってむずかしいんです
(クリックで動きます)
タイトルなし


 おつかれさまです。@gorolibです。

 デザイン案件にて、判型の下の方に「シグ情報」として、各種関係者のロゴを並べることはよくあります。このとき、明確に関係各位の上下関係があればいいのですが、それが並列な場合は、ロゴ同士の大きさに気を使いますね。片方が大きくても小さくてもだめです。「同じ大きさに見える」ように、しなくてはなりません。

 嗚呼、気ぃ使うわぁ〜(笑)

 当然、ロゴデザインの縦横比率は、各社各様ですので、

・高さに合わせてもだめ
・幅に合わせてもだめ

 ですね。例えば、高さに合わせると一方が大きく見える、ということはよくあります。

 研究を重ねた結果、各ロゴデザインは「バウンディングボックスの面積で統一したらいいのでは?」という結論に達しました。

 そこで、1番左のオブジェクトの面積に、他のオブジェクトを合わせるスクリプトを作成しましたので、ご利用くださいませ。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
左端の選択オブジェクトの面積にすべてを合わせます。


【スクリプトファイル名】
G500_selArea.jsx


【使い方】
(1)面積を揃えたいオブジェクトをすべて選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)選択オブジェクトのすべてが、左端の選択オブジェクトの面積に揃います

【仕様】
(1)面積はバウンディングボックスがベースです(入り組んだオブジェクトでもバウンディングボックスがベースです)
(2)左端のオブジェクトの上下中央に揃います

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ