カテゴリ: 独立・開業

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■ネガティブ予想ばかりの中にこそビジネスチャンスはあるはずです   
12

おつかれさまです。@gorolibです。


おま、独立・開業カテゴリーでIllustratorのスクリプトネタばかり延々やりやがっていい加減にしろよ!体育館のウラ来いや!なんて、こわいおにいさんが現れそうなので、カテゴリーにふさわしいネタを考えることにしました。考えるだけは無料ですからね!


無料ですが世の中は考えた方向に進むようにできているので、その方向性には気をつける必要があります。考えるときはハッピーエンドを模索するのがコツです。


さて新しいビジネスネタとして「超高齢化社会プロジェクト」を始めます。


おま、プロジェクトばっかり立ち上げやがって、ほとんど1回で終わってるじゃねーか!と再びこわいおにいさんが来ないよう、今回は継続したい…です(笑)


■先行き不透明な中でただひとつ鉄板なこと


世知辛く、物騒で先行き不透明な世の中ではありますが、そんな中唯一「絶対にそうなる」と言い切れることがあります。

それは日本が超高齢化社会に突入することです。ついでに少子化と人口減少のおまけつきです(笑)

若者は減り、ジジババばかりになるのです(ジジババはわたしの中では愛称ですので念のため。誤解なきように…。私も40代後半。もうすぐです^ ^)

街角景気ではないですが、オンデマンド印刷店でレジをしていると、圧倒的にジジババが多いことに気づきます。

また、平日の病院行きシャトルバスなんかに乗ると「車内で自分がいちばん年下ww」なんてことがあります。自分40代後半ですからね。70代が90代に席をゆずっているような状態です。

超高齢化社会の最大のトピックスは「労働人口の不足」です。まあそんなカタい言葉で言うよりも、

全体的に稼げなくなる

ととらえればいいでしょう。思いつくことはネガティブなことばかり。ただこの逆境こそチャンスの宝庫と考えます。

…えーとくれぐれも「ジジババ向けの詐欺まがいの商売」を考えるつもりはないので念のため(笑)


■家は余る。誰も言わないけど(笑)


まずはじめに住宅のことを考えたい。

人口減少なのだから当然家も余ります。ええ、誰も声高に言いませんけどね。

そりゃそうですよね、建築・不動産業の労働人口の裾野は大きい。自分の仕事について「家が余って売れなくなるんだろうなぁ」とはみんな考えたくないのです。

こんな本がありまして最近気になっております…。




■住居費を無料にしよう


さて「全体的に稼げなくなる」社会で、もしも住居費を無料にできたら生きやすいんじゃないでしょうか。住居費ってかなりの支出(全支出の25%〜35%が適正と言われる)なんですよね。

実際、月額10万円の家賃やローンを払っている世帯が「今月から払わなくていいよ!」なんて言われたら、

ウヒョーってなる

じゃないですか。月10万円余分に使えたらそりゃハッピーってもんです。

具体的な施策としては、国が空き家を安く買い上げて提供すればよいと思います。資金は…そうねぇやっぱり税金かしら。そうするとこのブログの範疇ではなくなりますけどね(もう前半くらいからそうでしたね^ ^;;)


■注目すべきは横須賀


私が注目しているのは、横須賀です。


─────(抜粋)─────
横須賀市には、リアス式海岸のように谷が入り組んでいる地域があり、谷戸地域と呼ばれています。この地域は、車が入れない階段道路が多くありますが、緑が豊かで、海などの眺望がよく静かな場所です。
─────(ここまで)─────

横須賀というのはJR横須賀線、京浜急行線が通っており、都心まで電車で1時間程度です。住みやすいよいところです(住んではいませんが生まれた場所ゆえ土地勘はあります)。

物件的には、床面積:90平方メートル、敷地面積:280平方メートル、家賃等:月額20,000円から(!!!)
なんていうのもあるのです。


もちろん車で入れない、階段がきついなど「住んだらやっぱりだめだった」なんてこともあるんでしょうが、こういう特殊な地域の物件や、空き家を鑑みて

安く、広く住める工夫

というのがこれからのビジネスチャンスだと思います。現時点の不動産業者は採算がとれないので参入してこない部分もまた、ブルーオーシャンな事業だと思います。


というわけでなんら具体的なことは出ておりませんが(笑)、この「考えるプロジェクト」は継続してまいります。


ではでは出羽の海。





ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算21件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(23件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■「収入=会社からの給料」という概念からスバヤク抜け出しましょう。

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

老後の生活資金、どちらさまも不安がおありかと思います。そこを付け狙ってくるさまざまな金融サービスは軽〜くスルーして、週末ですし、本気で老後を考えてみましょう。

収入源を100個つくりましょう。

むーそりゃカンタンじゃないです。でも考えるだけなら電車の中ですぐできます。

そう、収入源を100個考えましょう。期間は1ヶ月。それくらいかけましょうよ、老後のことなんですから。

多くの貴兄は「収入=会社からの給料」で1対1かと存じます。まずそこから脱却しましょう。

いえ「収入源を100個つくる」のではなく「収入源を100個考える」のですから、どんなに会社規定のキビシイところでも大丈夫です。

ただただ、脳内で妄想するだけです。

■ひとつが月に1万円なら月収100万円!

収入源が100個あれば、ひと月に1個1000円としても10万円です。プラス年金ならなんとかなるでしょ?

1個平均10,000円ならば、あっという間に100万円!月収100万円はちょっとテンション上がりますなぁ。

5分で出せと言われても厳しいですが、1ヶ月で100個ならなんとかなるでしょう。繰り返しますが「考えるだけ」です。

ちょっとやってみましょうか?私、個人事業主ですので、なんでもあり状態です(笑)

現時点での収入源です。

(1)デザイン案件(個人事業主として)
(2)ランサーズ
(3)アルバイト
(4)ブログの広告収入
(5)LINEクリエイターズスタンプの売上
(6)Amazonアソシエイトの売上
(7)
(8)投資信託の月額配当

このくらいかな。月額数百円のものもありますけどね(笑)。


■収入源が100あればかなり安定します


でも考えるだけならもうちょっと行けるし、1ヶ月あれば100個はなんとかなりそうです。ちょっと位言い出した手前、マジメに考えてみます。

収入源が100あればかなり安定すると思います。


ちょいとお試しくださいませ。

ではでは出羽の海。





ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算21件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(23件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■大事なことは1日も欠かさないことかもしれません…。

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

4月は新しいことをはじめるにはいい季節です。

私がITの会社を辞めてデザインの専門学校に通い始めたのも、5年前、2011年4月でした。

フリーで本格的に仕事をやりはじめたのが、2012年の4月。

ロゴデザイン・チラシ・ポスター・ICカード・のぼりのデザインをセットで(!!!)ご注文いただき、最高の一発目の仕事となりました。

個人事業主として開業したのが、2013年の4月です(実際には3月15日までに開業届けを出して、2013年1月開業ですが、実務スタートは4月です)。

ふと思ったのですが最近仕事が順調です。軌道に乗ってます。お客さんの要望に的確に応えている。

ん?なんだなんだこれ?

あ、俺うまくなったんだな(照)と思いました。

ええ、ええ。いつもの「自画自賛」です。笑って許してください。


■1万時間の法則


天才! 成功する人々の法則
という本の中で「プロになるには1万時間が必要」と提唱されています。



要約すると…
━━━━━
スポーツや音楽など、習熟して一流になるには1万時間の練習が必要。

とある音楽学校で学生のバイオリンの上手さを調査したところ、決定的な差は「練習時間」だった。

逆に言えば、1万時間以上の練習がないとプロレベルにならない。
━━━━━
という感じです。

で、考えました。そっか、自分、1万時間くらい行ったかもしれんな…と。

ランサーズのコンペをはじめたのが2011年11月ですから、現在(2016年3月末までとして)までに、

53ヶ月(4年5ヶ月。1ヶ月30日とすれば1590日)

が経過しています。

まあ齢40の未経験者のオッサンが就職できるはずもなく、始めたランサーズのコンペはそれこそ必死でやりました。オーバーではなく朝昼晩、1日中やってました。その後DTPオペレーターのアルバイトが見つかって現在の生活の基礎になりますが、たぶんイラストレーターのオペレーションは1日も欠かしたことありません(たぶん(笑))。


10,000時間÷1590日≒6.3時間


1日6.3時間かー。うん、やってますな。余裕で。いやーがんばったね!(自分で)


■最速なら1日10時間×3年かもしれないが…


もちろんもっとガッツでやりたい方は、

1日10時間×365日×3年=10,950時間

というコースもありますが、結構なことですよこれは。受験勉強で1日10時間なんて人もいますが、若さもありますし、何よりせいぜいやっても10ヶ月くらいですよね?

1日6.3時間の私も、振り返ればそれなりにがっつりと朝昼晩やってたイメージです。

好きじゃないとできないすね。

あんまり照れもなく語れるのは、それだけ誇れるからです(まぁもともと厚顔無恥ですけどね(笑))

また、それよりも大事なのは、1日も欠かさないということです。


■1日欠かすと勘がにぶる



そう、1日欠かすと勘がにぶるのです。これはデザインも簿記もスクリプトも全く同様です。

最近ではスクリプトにはまっていますが、スラスラ書けた部分が1日欠かすと全く進まなくなる。

ここからも好きで得意なことを仕事に選ぶべきという結論が見えてきます。好きでもなく、得意でもない仕事を1日も欠かさず1万時間なんてできない…。

私の例を鑑みると、毎日やるのを前提として、

6時間×365日×5年=10,950時間

これくらいが妥当な目安となるのではないでしょうか。まったく私の経験値と一致しますので。

ではでは出羽の海。






ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算21件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(23件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ