カテゴリ:イラストレーター > 整列

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

■基準オブジェクトの選択をやめました^ ^
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 これは、今まで何度も取り組んでいるスクリプトです。

「あるオブジェクトと端っこの、ちょうど真ん中にこれを置きたい」という需要は、DTPやWebを問わず発生するかと思います。「端っこ」とは、Illustrator では、アートボード端部のことですね。

 だいたい毎回面倒くさくなり「目分量で真ん中」にしてきたのですが、目分量って実はいちばん時間がかかるんです。

 これまでの取り組み(スクリプト)では、基準オブジェクトと、置きたいオブジェクトを同時に選択するので、基準オブジェクトを「再背面か最前面」にして目印にする必要がありました。

 しかしこれも面倒くさい(笑)。そのため、せっかく作ったスクリプトが根付かずに、放置されておりました。

 そこで、基準オブジェクトの選択をやめ、代わりに水平垂直のガイドとしてみました。

 つまり、ガイドとアートボード端部の中央に向けて、選択オブジェクトを移動するという仕様にしたのです。

 これが大正解!\(^o^)/

 かなり便利になりましたので、どうぞご利用ください。スクリプトはヨコに移動用と、タテに移動用の2本セットです。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプトファイル名】
G639_adjustGuideYoko.jsx
G640_adjustGuideTate.jsx


【使い方】
(1)基準となるガイドを水平・垂直に引いておきます
(2)対象となるオブジェクトを選択します
(3)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)ガイドを参照する条件は以下のとおりです
 ・ガイドである
 ・オープンパスである
 ・水平か垂直である
 ・アクティブアートボードの範囲にある
(2)水平および垂直のガイドが2本以上ある場合は、その最小座標と最大座標を使います
(3)最小・最大座標からアートボード端部までの中央に選択オブジェクトを移動します
(4)選択オブジェクトはそのうちの近いほうに移動します

【注意】
(1)非表示のガイドにも反応しますので、ご注意ください


お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■いよいよキーオブジェクト不要かっ!?
(クリックで動きます)
タイトルなし3
タイトルなし4

 おつかれさまです。@gorolibです。

 今回は、キーオブジェクトを使わずに「短いほう」に整列するスクリプトを作りました。

 整列は私のライフワークです。いかにキーオブジェクトを使わずに整列するか?というテーマで、飽きもせずに(笑)、もう何年もスクリプトを作り続けています。

「整列パネルの整列基準をショートカットで変更したい」というのが、私のスクリプト開発の起源ですが、整列基準はスクリプトでは扱えないことがわかっています。

【整列基準】
スクリーンショット 2018-11-13 14.21.42

 そこで、整列基準を使わずに、整列全般をまかないたいというテーマで、スクリプト開発を続けています。

 以下では「短いほうに整列するスクリプト」を作った経緯を説明します。長くなりますが、整列好きな方はどうぞお付き合いくださいm(_ _)m


■アートボードに整列
(クリックで動きます)
8d8be185-s
 アートボードに整列については、専用スクリプトをご用意しています。標準機能の焼き直しではつまらないので、グループ化せずに、選択オブジェクト群をアートボードに整列するスクリプトというものを作りました。

 参考:グループ化せずにオブジェクト群をアートボードに整列する方法

 標準機能では、選択オブジェクトをグループ化しなければ、当然バラバラに整列されますが、このスクリプトでは1つのかたまりとして、それを崩さず整列します。しかも、連続で起動すると、今度はバラバラに整列してくれます。これがなかなかに便利でして、毎日のように使っています。

 このスクリプトでは、以下の7種類をご用意しています。

【7種類の整列処理】
垂直水平方向中央に整列
水平方向左に整列
水平方向中央に整列
水平方向右に整列
垂直方向上に整列
垂直方向中央に整列
垂直方向下に整列
スクリーンショット 2018-11-13 14.19.53
■選択範囲に整列
(クリックで動きます)
タイトルなし2

 選択範囲に整列については、標準機能を使っています。

 私は、整列基準を「選択範囲に整列」で固定していますので、常に「選択範囲に整列」で整列します。

「アートボードに整列」という基準自体を使っていないのです。

■キーオブジェクトに整列とは?

 さて、ここから「キーオブジェクトを使った整列をやめたい」について説明します。

 キーオブジェクトとは、選択オブジェクトを整列する際の基準のことです。オブジェクトを複数選択し、そのうちのひとつを「もう1回クリック」すると、濃い色になります。これが、キーオブジェクトです。
(クリックで動きます)タイトルなし1

参考:Illustrator キーオブジェクトに整列させる方法 | Inoma Create

■キーオブジェクトに整列をやめたい

 キーオブジェクトを選択すると、整列基準は自動的に「キーオブジェクトに整列」に変わります。

 整列基準を手動で変更しなくてもいいのですが、私はとにかくこのキーオブジェクトの選択処理(もう1回クリック)が耐えられません。とにかく面倒くさい。

 そのため、どうにかしてキーオブジェクトを廃止できないか、模索しているのです。

■長いものに整列するならキーオブジェクト不要!

 ところが、あるとき「長いものに整列するなら、キーオブジェクトは要らない!」ということがわかりました。下のGIFを見てください(クリックで動きます)。
タイトルなし2
 2番を1番の左に整列させたい場合は、2つを選択し、標準機能の「水平方向左に整列」でOKです。整列基準が「選択範囲に整列」に固定されているからです。

 2番を1番の右に整列させたい場合は、上の整列に続いて、標準機能の「水平方向右に整列」でOKです。つまり、2段階で整列するのです。長いものに整列させる場合は、それがキーオブジェクトになることがわかります。

 2段階整列ならば、キーオブジェクト選択のほうが早いのでは?というご意見もありそうですが、2段階整列の軽快さは気持ちがよく、クセになるのです。

■短いものに整列ができなかった!

 ところが、2段階整列では、短いものに整列できませんでした。

 1番を2番の左には、整列できないのです。その場合は、やむなく「キーオブジェクトに整列」を使っていました。

 そこで、今回「短いもの」に整列するスクリプトを作った次第です。

 これにより、「キーオブジェクトに整列」から、無事に卒業できた気がします。今回は、上下左右、4方向の整列スクリプトとなります。

■ 今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし3
タイトルなし4
【スクリプトファイル名】
G605_alignToShortF05.jsx(水平方向左に整列)
G605_alignToShortF07.jsx(水平方向右に整列)
G605_alignToShortF09.jsx(垂直方向上に整列)
G605_alignToShortF11.jsx(垂直方向下に整列)

【使い方】
(1)整列対象のオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)いずれのスクリプトも「いちばん短いもの」に揃います

【仕様】
(1)選択オブジェクトが2つ未満の場合は反応しません
(2)水平方向に揃えるものは、高さがもっとも低いものに合わせます
(3)垂直方向に揃えるものは、幅がもっとも狭いものに合わせます

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

 参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■ 等間隔に分布の値がひとつでいいの?
(クリックで動きます)
タイトルなし
スクリーンショット 2018-11-09 18.41.06
 みなさま、おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですが、整列パネルの「等間隔に分布」の値が、もう1つ欲しくなってしまいました。
スクリーンショット 2018-11-09 18.21.35
 私は、文字の属性が異なる場合には、オブジェクトを分けているのですが(異端ですかね…^_^;)、サンプルのようにサブタイトルと本文が交互に来る場合、間隔の値が2つあると便利そうですね。例えば、サブタイトルと本文の間を2ミリ、本文とサブタイトルの間を7ミリとして、これを連続して指定したいのです。
スクリーンショット 2018-11-09 18.54.57
 それぞれをグループ化すればよいのですが、このパターンはグループ化されていない方がオペレーションが良いのです。そこで、「1番目の間隔」と「2番目の間隔」を指定して整列できるスクリプトを作成しましたので、ご利用くださいませ。

 なお、指示画面の「1番目の間隔」と「2番目の間隔」の初期値は、実際に測定した値が表示されます。

■ 今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし
スクリーンショット 2018-11-09 18.41.06
【スクリプトファイル名】
G600_spaceTateW.jsx

【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを複数選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)画面した「1番目の間隔」と「2番目の間隔」を使って垂直方向に分布させます

【仕様】
(1)選択オブジェクトが2つ未満の場合は反応しません
(2)オブジェクトは文字でなくても処理します
(3)指示画面の「1番目の間隔」と「2番目の間隔」の初期値は、実際に測定した値です
(4)プレビュー境界に対応しています

参考:鬼モードで整列1…プレビュー境界を使用

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ