カテゴリ:イラストレーター > 整列

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ





With this script, You can rearrange multiple objects in reverse order (horizontally or vertically).


■例えばフロアガイドや駐車場案内。おお意外に需要あるぅ!   
(クリックで動きます) 
タイトルなし2
タイトルなし


■ダウンロードはこちらから(download the script file from below)



おつかれさまです。@gorolibです。

先日公開しました、1文字目の文字コードの連番でテキスト複製できるスクリプトですが、例えばこんな風にフロアガイドにもいいんじゃないかと思います。
01
ところがお察しのとおり、フロアガイドって降順ですよね(これ)。
08
あ!そういえばオブジェクトの並びを逆順にするスクリプトってなかったわーと、作ったのが今回です。

これね、意外と使えそうなんです。今まで完全手作業でした。なんとなくマウスで
ポテポテッ
と動かして(擬音は我流です)、最後にキーオブジェクト見つけて「等間隔に分布」でフィニッシュ。

なんというか「身も蓋もないオペレーション」でした。全くスマートじゃない。


■おまけに等間隔です(笑)


今回のスクリプト使ってください。スカッと爽快!一瞬で並び替えます。しかも等間隔に!

…ええと、すみません。

「等間隔」を恩着せがましい感じで言ってますが、他にやりようがなかったというのが実態です。元の逆順の位置に戻すって言っても大きさ違いますし…。おそらく等間隔がベストソリューションかと思います。

なお、タテ版とヨコ版がございますので、よろしくお願いいたします。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし2
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択された複数オブジェクトの並びを逆順にします(タテ版とヨコ版があります)。
 

【スクリプトファイル名】
G300_RevOrderV.jsx(タテ版)
G301_RevOrderH.jsx(ヨコ版)


【使い方】
(1)逆順に並び替えたいオブジェクトを複数選びます
(2)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)ゼロもしくは1つのオブジェクト選択では反応しません(動かしようがないので)
(2)逆順に等間隔に並び替えます
(3)タテ版とヨコ版がありますので、使い分けてください


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから(download the script file from below)




ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算15件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(19件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■こちらもスキマシリーズ。おおよその機能が揃いましたー   
(クリックで動きます)
タイトルなし

おつかれさまです。@gorolibです。

オブジェクトのスキマ(間隔)についてのスクリプトがマイブームですが、オブジェクトのスキマをどんどん増やすスクリプトを作ってみました。実は過去にもトライしたことがあるのですが、アクションとスクリプトの組み合わせで完成度はいまひとつでした。

たとえばこのサンプル。
45
それぞれのスキマを1ミリづつ増やしたい場合は、

(1)環境設定>キー入力 の値を1ミリとして
(2)上から2〜4番目のオブジェクトを選択してカーソルキー(下)を1回押す
(3)上から3・4番目のオブジェクトを選択してカーソルキー(下)を1回押す
(4)4番目のオブジェクトを選択してカーソルキー(下)を1回押す

ということになろうかと思います。

うっぎゃぁ!た、たすけて〜!

ってなりますな(笑)。こういうところがスクリプトの出番でござります。

このスクリプトをショートカット登録しておけば、サクサクサクーとスキマが広がっていきます。


■今回のスクリプト情報


(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプト概要】選択オブジェクトのスキマをキー入力の値ずつ増やします

【スクリプトファイル名】
G276_AddSpaceTate.jsx
G277_AddSpaceYoko.jsx

【使い方】
(1)スキマを広げたいオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)選択オブジェクトが1つ以下の場合は反応しません
(2)選択オブジェクトの上端(左端)が基準となります
(3)環境設定>キー入力の値ずつスキマを増やしていきます
53
 

■ダウンロードはこちらから

https://note.mu/gorolib/n/n6580169b975d

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。




ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算15件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(19件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■標準機能の焼き直しですが「整列基準がどんなときでも」がキモです!   

おつかれさまです。@gorolibです。

私の制作するスクリプトのほとんどは「整列基準に関する根深い不満」からできております。


例えば整列パネルの整列基準が「アートボードに整列」の場合に「垂直方向等間隔に分布」を行うとこうなります。
タイトルなし2

ぐおお!

おそらくこのような結果は、10万人にひとりも求めていないと思います(笑)

突き詰めて行くとIllustratorの標準機能というのは非常に洗練された道具であることがわかるのですが「これはないでしょうにー」というものもあります。これはそのひとつ。

「垂直方向等間隔に分布」で10万人が求める結果はこれでしょう。
タイトルなし

これは整列パネルの整列基準が「選択範囲に整列」のときに「垂直方向等間隔に分布」を行うと実現します。さきほどのまとめのとおり、整列パネルの整列基準はショートカットで変更できないので困ったものなのです。

そこで「どんなときでも等間隔に分布する」スクリプトを制作しましたので、無料公開いたします。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプト概要】どのような整列基準でも等間隔に分布します

【スクリプトファイル名】ダウンロード無料です
 
【使い方】
(1)等間隔に分布させたいオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)選択されたオブジェクトを等間隔に分布させます
(2)プレビュー境界、クリッピングマスクにも対応しています

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。






ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算15件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(19件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ