カテゴリ: 書籍

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます



20190425_052336_1

20190425_052336_2

セミナーで大反響だった手法を公開します!

こんなやり方、誰も教えてくれませんでした(^_^;)
(神奈川県  デザイナー 48歳)

20180917_193644_2

■■ はじめに

 おつかれさまです。GOROLIB DESIGNの渋谷吾郎です。

 この本は、デザインが遅くて困っている人に向けて書きました。

 デザインの学校では、デザインを早くする方法を教えてくれません。

 早く仕上げようとすると、考慮が足りないと言われます。もっと時間をかけるようにと言われるのです。

 ところが、デザインの現場で求められるのはスピードです。デザインで食べていくには、商業デザイナーになる必要があるからです。

■ 商業デザインは商売である

 商業デザインは、商品やサービスの販売促進のお手伝いです。絵心を使って、その商品やサービスが売れるように表現するのです。

 チラシやポスター、ランディングページやバナー広告などは、すべて販売促進の一環です。

 自分で認識しなくても、デザインでお金を稼いでいる人は、商業デザイナーです。

 商業デザインは、商売です。商売ですから、予算があり、納期があります。

 そのため、人件費や作業時間は限られています。

 いつも予算オーバーでは、会社は存続できません。納期に間に合わなければ、次の仕事は来ないのです。

■ 時間をかけても良いデザインはできない

 デザイナーは、デザインには時間をかけなければいけないと思い込んでいます。

 限りある納期の中で、できるだけ時間をかけようとします。活動時間には限界があるので、食事や睡眠時間を削っています。

 しかし、これは誤った考えです。

 商業デザインの質は、目的に合致しているかどうかで決まります。目的とは販促活動のことです。

 時間をかけても、目的に合致していなければ、良いデザインにはなりません。商売における良いデザインとは、これなら買いたい!と思ってもらえる表現のことです。

 良いデザインにするためのアプローチが、間違っているのです。

 この本では、極めて短時間で、良いデザインができる方法をご紹介します。

■ デザインに時間がかかる原因

 デザインに時間がかかる原因は3つあります。

■(1)構造分析されていない

 1つ目は、構造分析がされていないことです。

 構造分析とは、伝えるべきことを整理する作業です。面倒に見えますが、10分もあれば完成します。

 構造分析は【6w3h】で行います。

【6w3h】…★は特に大事なもの
・what(いったいこれは何か)★
・when(いつ)
・who(だれが)
・whom(ターゲットは?)★
・where(どこで)
・why(どんな良いことがあるのか)★
・how(どうやって)
・how much(いくら?)
・how many(何回)

 特に大事なのは、what、whom、whyです。いったいこれは何で、ターゲットは誰で、どんな良いことがあるのかということです。

 この3つがクリアできなければ、デザインはできません。

 商業デザインの質は、構造分析を満たしているかどうかで決まります。

 ポップな内容に、楷書体は使いません。シニア向けに8ポイント文字を使えば「読めない」と言われます。

 デザインレビューの本質は、構造分析を満たしているかどうかです。構造分析がなければ、そのデザインの評価すらできないのです。

 なぜ楷書体なのか、なぜ8ポイント文字なのか、すべてのデザイン要素には理由があります。その理由は、構造分析に裏付けされているのです。

■(2)イラストレーターでデザインしようとしている

 2つ目は、イラストレーターでデザインしようとしているからです。便宜上、この本ではデザインアプリを「アドビ イラストレーター」とします。

 いきなりPCに向かってはいけません。

 イラストレーターでデザインなど、できないのです。脳内の漠然とした世界を、いきなりミリ単位に落とせるわけがありません。

 イラストレーターを「デザインできる夢の道具」だと勘違いしているのです。イラストレーターでデザインすることが、かっこいいと思っているだけなのです。

 イラストレーターは、トレースする道具です。

 かつての雲形定規やロットリングペン、ポスターカラーが、電子化されたに過ぎません。

 時短するには、すべてをラフスケッチに落としこむことです。ラフスケッチは、10分もあれば完成します。

 ラフスケッチは、鉛筆で紙に描きます。それをスキャンして、はじめてイラストレーターに向かうのです。

 イラストレーターは、ラフスケッチをトレースする道具なのです。

■(3)イラストレーターに精通していない

 3つ目は、イラストレーターの機能に精通していないからです。

 10年来のベテランでも、整列パネルを使わない人がいます。アピアランスの存在を知らない人もいます。かたくなにPDF入稿を拒む人もいます。

 また、スクリプトによる30倍の効率化を知らない人もいます。30分の作業が1分になるスクリプトがあります。使い続ければ、ひと月の作業が1日になるのです。

 かつて不便だったものは、時を経て便利になっています。

 最新の情報を集め、道具に精通することは、とても大事です。

■ デザインに時間がかかる原因を根絶します

 現場では、デザインに時間がかかる3つの原因が混在しています。

 伝えるべきことを整理しないまま、いきなりイラストレーターに向かい、知っている機能だけでデザインしようとしているのです。

 これでは、早くできるわけがありません。

 PCの前で「何をしたら良いか分からない」のは、これが原因です。

 本文では、この3つの原因を根絶します。そして、誰でも簡単に短時間でデザインできる方法を提案します。

 お役に立てれば幸いです!それでは始めていきましょう。

【目次】

■ はじめに
・ 商業デザインは商売である
・ 時間をかけても良いデザインはできない
・ デザインに時間がかかる原因
・(1)構造分析されていない
・(2)イラストレーターでデザインしようとしている
・(3)イラストレーターに精通していない
・ デザインに時間がかかる原因を根絶します
■ 第1章:伝えるべきことを整理する
・ 構造分析を行う
・ 特に大事な what、whom、why
・ what(いったいこれは何か)
・ whom(ターゲットは?)
・ why(どんな良いことがあるのか)
・ その他の要素を埋める
・ 伝えるべきことが際立つ
・ 伝えたくないことを決める

■ 第2章:ラフスケッチでデザインする
・ まずは脳内で寝かせる
・ 脳内ではデザインがスタートしている
・ ラフスケッチを起こす
・ なぜ小さく描くのか?
・ なぜ紙と鉛筆を使うのか?
・ すべてA4で作ればよい
・ 原寸大の設計は正しいのか?

■ 第3章:超ハイスピードデザイン術の実践
・ ラフスケッチのスキャン
・ スキャン画像トリミング
・ スキャン画像をIllustratorへ
・ 1:√2 に補正する
・ 小さく描くと錯視修正ができる
・ 超ハイスピード文字入力とは?
・ 文字がデータ支給されるとは限らない
・ 音声入力
・ OCR
・ 文字入力のチェックはスピーチで
・ 文字入力はプレーンテキストで行う

■ 第4章:サンプルのご紹介(税理士法人 小山・ミカタパートナーズ様)
・ 構造分析
・ 他の認定支援機関がターゲット
・ いったいこれは何かを考え抜く
・ ラフスケッチを行う
・ ラフスケッチはトレースのためのメモ
・ フォントもイメージしておく
・ ウェイトが与える印象の違い
・ 写真やイラストもイメージしておく
・ トレースする
・ トレースはグレースケールで
・ 配色は2~3色で
・ 変動要素は仕上げない

■ おわりに

© 2019 GOROLIB DESIGN


■■ 第1章:伝えるべきことを整理する

■ 構造分析を行う

 デザインを早くするには、伝えるべきことを整理することです。 

 これを構造分析と呼びます。

 お金がもらえるデザインは、そのほとんどが商業デザインです。商業デザインとは、商品の販促活動であり、その最終目的は売り上げアップです。

 そのためには、構造分析が必要です。構造分析は、6w3hで行います。

20180917_193644_2

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます


午後にはヤルことなくなっちゃう!#超ハイスピード 文字入力

20190401_152656_1

20190401_152656_2

20180917_193644_2

■■ はじめに

■ あなたの文字入力を根底から見直します

 おつかれさまです。GOROLIB DESIGNの渋谷吾郎です。

 平素より「はやさはちから」というブログで、様々な仕事の効率化を提案していますが、このたび「超ハイスピードシリーズ」を始めました。

 効率化の提案が多岐に渡ってきたので、分野毎にまとめようという試みです。本作のテーマは、文字入力です。

■ 仕事の達人になってさっさと帰ろう!

 文字入力を異次元のスピードまで高めると、仕事の達人になれます。次から次へと仕事が片付き、その日の午後にはやることがなくなってしまうでしょう。

 今回、文字入力をスピードアップの対象に選んだ理由は、昨今の企業が「文書主義」から成り立っているからです。

参考:文書主義(ぶんしょしゅぎ)とは - コトバンク

■ 文書主義ってなんなの?

 文書主義とは、意思決定に至る過程や事業の実績を文書化し、あとから検証可能にすることです。元々は役所の文化ですが、昨今は内部監査や品質管理の観点から、民間企業でも重要視されています。

 企業では、事業計画や契約書、請求書や納品書など、すべての業務が文書から成り立っています。つまり、ビジネスの世界では文字入力のスピードが仕事の出来を左右するのです。

■ 連絡も文書主義である

 そのため、ビジネスの連絡手段も文書に残すことが一般的です。意思決定に至る過程を文書化し、あとから検証可能にしておけば、「言った言わない」というトラブルを防ぐことができるのです。

 また、メールやメッセージの送信がハイスピードになると、ビジネス上の先手を打てるようになります。仕事は早い者勝ちなのです。

 本文では、物理的な入力スピードを上げるコツ、そして入力対象を徹底的に減らす方法として、OCRや音声入力、ユーザ辞書など「そもそも入力しない」機能について、詳細に説明してまいります。

 今まで、ブログやTwitterなどでは、文字入力の効率化をご提案してきました。しかし、きちんと1冊にまとめるのは今回が初めてです。文字入力における私の試行錯誤が、全て詰まった集大成となる作品です。

 心から皆様のお役に立てれば幸いです!

【目次】

■ はじめに
・あなたの文字入力を根底から見直します
・仕事の達人になってさっさと帰ろう!
・文書主義ってなんなの?
・連絡も文書主義である

■ 第1章:物理的な入力スピードを上げる
・ブラインドタッチを3時間でマスターする?
・やっぱり早い!フリック入力 
・両手フリックをマスターしたい!
・簡単!これならできるぞ両手フリック
・両手指でリズム良く入力する

■ 第2章:もう書き写すのはやめよう
・絶対に書き写さない
・OCR で仕事は30倍はかどる?
・GoogleドライブでOCR機能を使う
・OCRならばgoogle

■ 第3章:音声入力を徹底的に使ってみる
・音声入力を使うだけで所用時間が半分になる!
・PC(macOS)で音声入力を使う方法
・ヘッドセットがあればなお良し
・スマホ(iPhone)で音声入力を使う方法
・音声入力は数字と漢字混じりに強い
・音声入力は短所を理解して使う

■ 第4章:クラウドサービスを使ってメモをとことん使い回す
・超絶おすすめは Simplenote
・データの即時反映という変革

■ 第5章:最強ツール!ユーザ辞書を使い倒す
・読みは2文字がベター
・まずは固有名詞を登録する
・業界や会社、組織特有の言い回しに使う
・挨拶文や定型文にもどんどん使おう
・ユーザ辞書でネガティブな気持ちを回避できる?

■ おわりに

© 2019 GOROLIB DESIGN

■■ 第1章:物理的な入力スピードを上げる

 この本は、文字入力を根底から見直し、超ハイスピードにすることが目的ですから、まずは物理的な入力スピードをアップさせる必要があります。

 ここでは、代表的な入力デバイスである、PCとスマホについて、文字入力のスピードアップを考えます。

■ ブラインドタッチを3時間でマスターする?

 まずは、キーボードによるブラインドタッチを説明します。ブラインドタッチが自己流の方は、この機会に矯正してしまいましょう。ブラインドタッチは、3時間もあれば完全マスターできます。

20180917_193644_2



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます


20190209_142535_1

■■はじめに

 おつかれさまです。GOROLIB DESIGNの渋谷吾郎です。

 唐突ですが、私はお金が大好きです。ひと月に自由に使えるお金が、3万円、6万円…と増えていったらうれしいですよね?

 時給で働けば、その分のお金を得ることができますが、それだけの時間を拘束されてしまいます。体はひとつですから、給料を得る仕事を掛け持ちするのには、限界があります。

 ところが、長い人生には集中的にお金が必要になる時期があります。このとき、体に負担をかけず、収入を増やす方法はないのでしょうか?

 私は昨年(2018年)、デザイン請負の他に、契約社員となって現場仕事を始めました。子どもが年頃になり、お金が必要になったのです。

 デザインだけで、家族を養えなくなったのは恥ずかしい話ですが、これが本書を執筆するきっかけになりました。

■ 時間を切り売りするしかないの?

 一般的に、仕事でお金を得るには、自分の時間(体力・知力)を切り売りするか、サービスや商品の対価として受け取るしかありません。

 前述の通り、時間の切り売りには限界がありますので、ここではサービスの提供や商品の販売について考えてみます。

 サービスの提供については、家事代行を思い浮かべてください。掃除や洗濯、家の修繕やゴミ出しを代行し、その対価としてお金を得るものですが、これも、時間の切り売りであり、収入には限界があります。

 一方、商品の販売については、仕入れや販売管理、出荷作業が必要です。手作りの小物やアクセサリーを販売する場合は、さらに制作に時間を取られますので、これにも限界がありそうです。

 それでは、商品をインターネットで販売するのはいかがでしょうか?

 現在(2019年1月時点)では、BASE やminne などのネット販売代行サイトにて、誰でも簡単にネット販売ができます。

参考:BASE (ベイス) | ネットショップを無料で簡単に作成

参考:minne | ハンドメイド・手作り・クラフト作品のマーケット

 いずれのサイトも、売り上げに応じた手数料は必要です。しかし、販売システムの構築に比べたら安いものです。商品や顧客、サーバーやシステムの管理コストを考えれば、積極的にこれらのサイトを利用し、販売管理をアウトソースすべきです。

 このように、ネット販売代行サイトを使うことで、販売管理の手間は省けます。しかし、仕入れや出荷作業は相変わらず残ります。

 それでは、モノではなく、情報を販売するとしたらいかがでしょうか?具体的には、私が note というサイトで販売している、プログラムや電子書籍です。

参考:note ――つくる、つながる、とどける。

 プログラムも電子書籍も、制作コストはかかります。この点は、小物やアクセサリー作りと同じです。しかし、商品が情報であり、ダウンロード販売ですので、仕入れや出荷の作業は一切不要となります。

■セミナーにも収入の限界があります

 セミナーやコンサルティング、ワークショップなどは、サービスと情報の両方の側面を持っています。講師が現地に行く場合は、サービスの提供となりますので、その収入には限界があります。1日に何都市も回ることができないからです。

 しかし、内容を文章にすれば、ダウンロードコンテンツとして情報の販売ができます。何種類のセミナー内容でも、本人が出向かなくてよいので、収入の限界を迎えることはありません。

 情報のダウンロード販売は、複数の収入を得たい人にとって、画期的なことです。仕入れや販売管理、出荷作業なしに販売できるため、商品をいくらでも追加できるからです。


■ 補充のいらない自動販売機

 私は、これを「補充のいらない自動販売機」と呼んでいます。俗に「チャリンチャリンビジネス」と呼ばれることもあります。

 この本では、1つのコンテンツで月に3万円の収入を目指します。2つなら6万円、3つなら9万円と、コンテンツが増えるごとに、3万円の収入が増えていく計算です。これがどんなに楽しいことかは、以下の記事からイメージしてみてください。

参考:全国のお父さんへ!3万円ビジネスを量産して人生を楽しみましょう!

 前述の通り、情報のダウンロード販売には、販売管理や出荷作業の手間がかからないので、いくらでも商品を追加することができます。

■ 日本人はノウハウが大好き?

 それでは、ダウンロード販売にはどのようなコンテンツがよいのでしょうか?

 この本では、ノウハウをおすすめします。なぜなら、私たち日本人は、ノウハウが大好きだからです。ノウハウとは「ものごとのやり方に関する知識。実際的な知識」という意味です。

参考:ノウハウ(のうはう)とは - コトバンク

 ノウハウとは、面倒なことや難しいことが、簡単にできるようになる、ちょっとしたコツのことです。

■ どんなノウハウを売ればいいの?

 それでは、いったいどのようなノウハウを販売すればいいのでしょうか?

 結論から言うと、あなたが本気で面白がっていることは、全てコンテンツとして販売できます。これを「こうすればうまくいく」という形で、ノウハウとしてコンテンツ化するのです。

 人に教えるような知識などない、という人でも、必ず1つや2つ、面白いノウハウを持っています。


■ 牛丼好きがここまでできる!

 例えば、あなたの大好物が吉野家の牛丼だとします。吉野家の牛丼には「つゆだく」や「頭の大盛り」「つめしろ」といった隠れた注文方法がありますが、あまり知られていません。

参考:【知らなかった】吉野家には「つゆだく」以外の12の隠しメニューがあった - NAVER まとめ

 そこで、これらの注文方法やサイドメニューを駆使して、「絶対ウマい!あなたの知らない吉野家の牛丼これが究極の食べ方ベスト3!」などというノウハウがあったら魅力的だと思いませんか?他の牛丼チェーン店と食べ比べても、面白いかもしれません。

 さらに、研究をすすめて「おうちで作れるアノ牛丼?完璧再現スーパーレシピはこれだ!」などと、味の再現を目指すのもいいですし、「まさかの吉野家超え?めちゃくちゃウマい!極上オリジナル牛丼」などというノウハウができたら、とても楽しそうです。

 このように、本当にあなたが好きなことを、ノウハウとしてまとめれば良いのです。


■ 見込み客は10万人もいる

 ところで、あなたと趣味嗜好が似ている人は、世の中に1000人に1人いる、という説があります。無作為に1000人を集めたら、あなたの好きなことに共感してくれる人が、1人はいるということです。

 一方、総務省の情報通信白書(平成29年版)によれば、2016年のインターネット利用者数は、1億84万人だそうです。

参考:総務省|平成29年版 情報通信白書|インターネットの普及状況

 つまり、日本の全インターネット人口の1000人に1人(約10万人)は、あなたと趣味嗜好が似ていることになります。あなたの見込み客は、インターネット上に10万人もいるのです。


■ 理論上は最大1億円の売り上げが!

 もし、1冊1,000円のノウハウを10万人が購入すれば、売上はなんと1億円にもなります。これは驚くべきことです。

 しかし、私たちは毎月3万円の売上を目指しますので、1日に1冊の売上があればよいです。1000円のものが毎日売れれば、30日では3万円の売り上げになります。

 見込み客は、1000人に1人ですから、1日に1冊を買ってもらうには、あなたの商品は、1日に1000人以上に見られる必要があります。この集客方法については後述します。

参考:ユニークユーザー (UU) とは | PVとの違い・計算方法


■ 文章で販売すべき4つの理由

 この本では、コンテンツの媒体を文章に限定しています。具体的には、前述の note というサイトで、電子書籍として販売することをおすすめします。

 理由は、扱いやすく、売りやすいからです。

 昨今は、映像や動画、音声などで、個人で発信できる媒体が増えました。しかし、以下の4点において、文章には一日の長があると考えています。

■  文章は始めやすい

 1つ目は、文章は始めやすいという点です。手元に紙とペンがなくても、スマホさえあれば、どこでも書き始めることができます。

 実際、後々のデータ転用を考えると、ペンではなく、最初からスマホで書き始めるのがベターです。

■ 文章は編集しやすい

 2つ目は、文章は編集しやすいということです。文章とは、分解すれば文字の羅列ですので、PCでもスマホでも、編集がとても簡単です。

 映像や動画の編集に時間がかかるのは、ご承知の通りです。もちろん、文章であっても図解やイラストを添えることはありますが、あくまで文章がメインとなります。

■ 文章は値段をつけやすい

 3つ目は、文章は値段をつけやすいということです。これは、書籍をイメージしてください。私たち日本人のノウハウ好きは、本屋を一周すればわかります。

 ○○の教科書、○○する技術、30分でできる○○、などのタイトルで、手を替え品を替えて、ノウハウ書が溢れていることを実感できると思います。

 一般的に、ノウハウ書の類いは、新書で700〜800円、高額なハードカバーでも3,000円程度が相場かと思います。これは裏を返せば、ノウハウコンテンツが、この価格で受け入れられる土壌が出来上がっているとも言えます。

 実際、この本の値段は1,480円ですが、価格に違和感はないと思います。

■ 文章は検索されやすい

 4つ目は、文章は検索されやすいという点です。Google 検索を思い浮かべてください。今でこそ、画像や音声から検索する仕組みができましたが、やはり、文字列から文章を検索するのが主流だと思います。システム的観点からも、文字列のマッチングというのは、自然なアルゴリズムだと考えます。

 そのため、検索される側のコンテンツは、文章で用意しておくのが良いのです。将来的には、思念や思考で情報検索できるのかもしれませんが、それでも検索のされやすさで言えば、文字の優位性は続くと考えます。

 以下、本文ではコンテンツのテーマの選び方や、その書き方、そして販売の仕方を、はじめての方にもわかりやすく丁寧に解説したいと思います。

 みなさまのお役に立てれば幸いです!

【目次】

はじめに
・時間を切り売りするしかないの?
・セミナーにも収入の限界があります
・補充のいらない自動販売機
・日本人はノウハウが大好き?
・どんなノウハウを売ればいいのか?
・牛丼好きでここまでできる!
・見込み客は10万人もいる
・理論上は最大1億円の売り上げが!
・文章で販売すべき4つの理由

第1章:コンテンツのテーマはこうやって選ぶ
・それを本気で面白がっているか?
・執筆を続けられないのはエネルギー不足
・あえて選ぶべきは狭いテーマ
・伝えるべきはあなたの熱量

第2章:無理なくできる!これがコンテンツの書き方です
・「○○すればうまくいく」という黄金パターン
・言い切りながら持論を展開する
・自信を持って持論を展開するコツ
・タイトルを秒速でキャッチーにする方法
・執筆のためのアプリはこれだけです!
・入力はスマートフォンの方がよくなった
・ユーザー辞書登録をマニアックに使う

第3章:私のコンテンツ販売の秘密をすべて公開します!
・無料エリアを優秀な営業マンにしよう
・無料エリアは品質をアピールすべき場所
・ツテのない個人がコンテンツを広告するには?
・何をツイートすれば効果的な広告になるの?

おわりに


■■ 第1章:コンテンツのテーマはこうやって選ぶ

■ それを本気で面白がっているか?

 それでは、ノウハウのテーマ選びは、どのようにしたらよいのでしょうか?

 それは「あなたが本気で面白がっているかどうか」という基準を採用することです。誰かに話したくて仕方がないか、うずうずしているか、同好の士と何時間でもトークができるか、という基準です。

 逆に言えば、それほど面白がっていないものをテーマにしてはいけません。その理由は3つあります。


20180917_193644_2
お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ