カテゴリ: ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■うれしくてこのお姉さんのようにジャンプしちゃう^ ^   
02


おつかれさまです。@gorolibです。

先日このブログのコメントに「あなたのブログに惚れました!ぜひウチの製品のレビューを!(だいぶ脚色してますが^ ^)」とのラブコールありまして、ふたつ返事でこの記事を書いております。お世話になっております。ありがとうございます。

いっやあなた、そんな内情を書いてよいの?と心配されそうですが、いいんです。いいこともわるいことも書いてくださいとご依頼なので…。

製品はファイル復元ソフトです。
─────
製品名:Data Recovery Wizard Free 
紹介ページ:
http://jp.easeus.com/data-recovery-software/drw-free.html
対応のファイル種類:画像、メール、動画、ビデオ、ドキュメントなど
対応デバイス:PC/ノートパソコン、HDD、SSD、記憶媒体など
動作環境
Windows XP/Vista/7/8/8.1/10/Server 2003/2008/2012
Mac OS X 10.6/10.7/10.8/10.9/10.10
─────

完全に消去(ゴミ箱をカラに)したファイルでも復元できる魔法の製品です。


アートボード 1


■同期が完璧だからこそ必要なソフト


その昔、ファイル修正について「違う人が違う箇所を同時に」直してしまい、結局どちらも使えないということがよくありました。「超」整理法でおなじみ、野口悠紀雄先生はこれを「ドッペルゲンガー・シンドローム」と命名し、注意喚起しておりました。

その反省を踏まえて、プログラムソースなら各種バージョン管理ツール、共有ファイルならDropboxなどのツールが登場しました。これらにより「ドッペルゲンガー・シンドローム」はほぼ絶滅したように思います。
39

しかしその一方で「間違って削除したことも完璧に同期されちゃう」わけで、そうすると救いようがないのです。完璧に同期「されていない」のであれば「あ、それオレのPCにあるよ!」なんて救済策があるのですが、誤った操作が完璧に同期されてしまうと救えないのですね…これが。


■早速復元してみましょう!


それでは早速復元してみましょう!まずはインストールから。

ダウンロードはこちらから
01

ディスクイメージ
mac_drw_trial.dmg
がダウンロードされますので、ダブルクリックしてマウントし、インストール。アプリケーションに追加します。
59
また初回だけブラウザ(Safari)が起動して英語版の製品購入ページにジャンプするのはご愛嬌。
18

■アプリケーションを起動します


さてこれが最初の画面です。ここから復元がスタートします(クリックで拡大します)
11
今回はあらかじめ削除(ゴミ箱も空に)しておいたIllustratorファイルを復元します。
(これ。クリックで拡大します)
11
17
38

復元対象をタイプ別で絞り込めますが、Macのspotlightと同じく「そもそもIllustratorファイルは何のタイプか?」がわからないので、全指定してnextをクリックします(絞り込まなくても高速です)
(クリックで拡大します)
11
37
Scanを押して4〜5分待つとこんな画面が出ます(クリックで拡大します)
19
Dropboxから削除したので選択するともう見つかりました(クリックで拡大します)
47
早っっ!10分かかりませんでした\(^o^)/

ファイルを選択して復元します(クリックで拡大します)
01
なお、ライセンスキーを求められる場合は、ここで入力してください。
23
見事に復元しました!(カンタンだ)
(クリックで拡大します)
44

それでも見つからない場合は「DeepScan」に進みますが、最初のスキャンとDeepScanの違いは後述。


アートボード 1


■担当者さんに聞いてみました


さてせっかくの製品レビューなので、疑問点は躊躇なく質問したほうがおトクです。ちょっとした疑問がありましたので、早速、担当者様に確認してみました。

Q1)ステータスバーに表示される温度みたいなもの(25°とか)は何ですか?
→これはディスクの温度とのことです(どうやって測ってるんだっ!?)


Q2)最初のスキャンとDeepScanはどこが違うのでしょうか?
→最初のスキャンは「クイックスキャン」、それ以降は「ディープスキャン」と呼ばれるようです。

「クイックスキャン」について
「ディープスキャン」について


むずかしいことが書いてありますが

クイックスキャンで見つからない場合は、ディープスキャン

という理解でよさそうです^ ^

※なお「ディープスキャン」については断片化されていたりすると、完全に復元できないことがあるようです。


■日々のバックアップは必要です


この「Data Recovery Wizard Free 」は様々なファイル損失を救ってくれそうです!ただし前述のとおり「同期が完璧になった現在」では、ローカル作業マシンのバックアップこそが必要なようです。

ご面倒でもMacであればTime Machineで寝る前にバックアップしときましょうね!

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。

アートボード 1








ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算26件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(34件)/6月(18件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■コピペに革命キター!青春を返してくれと言いたくなります。Macにも欲しいっ!   

おつかれさまです。@gorolibです。

今日は関東は超絶台風ですなぁ。みなさまどうぞご無事で…。

当方、お盆にかけていくつかモウレツに案件が重なり、しばらく息をヒソめておりました(笑)。まぁ自身の夏休みもあったんですけどね。

近々の実践を踏まえて、イラストレーター用スクリプトはだいぶ充実してきました。で、なんとなく思うスクリプトの上手な使い方は、

制作に合わせて細かくカスタマイズすることだ 

という結論に達しました。そう、案件よって微妙にカスタマイズして使うのがいいんです。ただしプログラムの深淵にはあえて踏み込まず「ちょい足し」ですませることをおすすめします。ぜひメルマガをご購読ください!

ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジン(Illustrator) 
サクッとちょい足し!スグ実用!メールマガジンの登録はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001674092.html



■ボトルネックは移動する


ところで、スクリプトやアクション、ショートカットによって「とあるルーティン行程」は短縮されますが、制作のボトルネック(時間がかかっているところ)は他へ移動します。

もちろん全体の制作時間は格段に短縮していますが、以前にお話ししたとおり、ボトルネックは決して解消せず、ただただ移動するだけなのです。



さて、そして昨今気になってきたのが

「クリップボードへコピー」

でございます。


■ハイライト選択するだけでコピーできないの?


私はほとんどの文字入力をテキストエディット(いわゆるメモ帳)を経由しています。メールや各種文書の下書き、イラストレーターへの貼り付け前など、必ず入り口はテキストエディットです。


プレーンなテキスト入力というのは、フォントや大きさに気が散ることなく「文字入力だけに集中できる」のです。これが文字入力の精度を上げるたったひとつのコツなのですが、詳細は後日にゆずりますね。


さてさてクリップボードへコピー。


私はテキストエディット経由なのでクリップボードへコピーは頻出オペレーションですが、長い間思っていたこと。


ショートカットが押しづれぇ!


Windowsならコントロール+C、Macならコマンド+Cですが、だいたい小指がつりそうになる。

もちろんアプリケーションごとにカスタマイズできますが、できないものもあり、そもそもオブジェクト指向的な発想からして、


そもそもコントロール+Cって押す必要あんの?


的ないらだちを隠せない状態でしたっ(大げさ、いつも大げさね)。

※ここではマウスで右クリック→コピーは論外としておきます


そう、文字をハイライト選択したらすぐにクリップボードへコピーされればいいのに…、と思ってさがしていたら…


ぁあった!(紅の豚、アメリカ野郎カーチスがポルコロッソ機の破片を見つけたとき脳内再生)

ありました!


copipex
コピーして貼り付けが、マウスで範囲選択してボタンクリック、で可能になる
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se458091.html



さっそくダウンロードしてインストールすると、常駐タスクに現れます。


おすすめ設定はこちら。専用のクリップボードがあるみたいですが、通常のクリップボードでまったく問題ないですし、むしろそのほうがウェルカムです。

SnapCrab_copipex Config_2016-8-21_19-25-5_No-00




■コピペが革命的に変わります!ホントです


このcopipex、コピペが革命的に変わります!ホントです。

(こんな感じ。ただ選択するだけ!) 
SnapCrab_無題 - メモ帳_2016-8-21_18-45-5_No-00

1


コントロール+Cを押さなくていいという開放感!爽快感!

実感としてはじわじわくる感じ。でもぜったいに元には戻れません!

実はこの感じ、VIというエディタ(tera term?いまだにどっちが本名だかわからんのですが)で味わったことがありました。選択しただけでクリップボードにコピーされているという不思議感覚。

Macにもほしいなぁ…。てかテキストエディタっって自分で作れるかな?メモアプリのプレーンテキスト版がほしいから、まとめて作るか!

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記170624)
なんと!エクセルのセル範囲指定でもOKなのです(知らなかった…)
SnapCrab_NoName_2017-6-24_11-42-39_No-00






ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算26件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(34件)/6月(18件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■ちょっとしたスクリプト部品。ほしいときに探せるように…。

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

いやぁ桜が超絶見頃ですが、風が強くて寒くて…。こんな日はスクリプト作成かな。仕事も一段落してるし。スーパーの寿司をつまみに昼ビールで乾杯だ!

というわけでひまを見つけちゃあスクリプトにはまっているワタシですが、本業はデザイン。自分をね、しっかりと持たないとね(笑)

参考:スクリプトとフライフィッシングは似ている(笑)
http://gorolib.blog.jp/archives/54814577.html

で、ちょっとしたスクリプトの部品というか「あーあれってどうやって書くんだっけ?」みたいなことがよくあって、探しづらく…。

これはもはや細かい部品にして自分のブログに書き留め、キーワードでGoogle検索できたほうがよかろうと、思いこの記事を書きました。

なので、ひとつひとつは有効ですが、まとめてコピーしても動きま千円(笑)ので、あしからず。

こんな感じで付け足していきます。

なお「大文字3文字」の変数名はワタシ独特みたいなので、お気に召さない方は変更してご利用くださいませ…。

━━━━━
DOC = app.activeDocument;
SEL = activeDocument.selection;

//アクティブなアートボードを取得
ABD = DOC.artboards[DOC.artboards.getActiveArtboardIndex()];


//ホントの座標
GEO = SEL[N].geometricBounds;
alert(GEO[0]+","+GEO[1]+","+GEO[2]+","+GEO[3]);


//見た目の座標
CNT = SEL[N].controlBounds;
alert(CNT[0]+","+CNT[1]+","+CNT[2]+","+CNT[3]);


//選択オブジェクトでループ
for(N=0;N<SEL.length;N++){
}


//プレビュー境界の判定と範囲取得
STB = app.preferences.getBooleanPreference("includeStrokeInBounds");
if ( STB == true  ) RCT = SEL[0].visibleBounds;
if ( STB == false ) RCT = SEL[0].geometricBounds;


━━━━━

ではでは出羽の海。





ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算26件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(34件)/6月(18件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ