カテゴリ: Mac

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




■当然オンでしょ?→オフのほうがよかったのです(笑)

 おつかれさまです。@gorolibです。

 こんな本も買いまして、すっかり音声入力にはまっております。さすが野口先生!超わかりやすいですっ!(面識はございませんが…)


 前提として、当方MacとiPhone使いなのですが、使ってみたところ、Google音声入力が最強だと思っていました。ところがGoogle音声入力は、Web上のGoogleドキュメントでしか使えないんです。

 iPhoneの音声入力は、まあまあ良いです。しかし、macOSの音声入力は、いかんともしがたい精度でした。

 なんでなん?おんなじリンゴの会社やん!
(すみません、関東人ですが)

 そこで音声入力の設定項目を見直してみました。

「拡張音声入力を使用」というチェックボックスがあるのですが、これをオフにしたら、めちゃめちゃ精度が上がったのです!設定は以下のとおり。

 システム環境設定>キーボード>音声入力

30


■そりゃオンにするわ(しかもボタン名が間違ってるしww)

 この「拡張音声入力を使用」をオフにすると、以下のようなメッセージが表示されます。
04

拡張音声入力を使用せずにテキストを音声入力すると、話した内容がAppleに送信されてテキストに変換されます。
話した内容をMacが認識しやすくするために、連絡先の名前などの情報も送信されます。

 いやいや、そりゃどう考えてもオンにするでしょ?

 しかも!(シカーモ!外人風)

 このダイアログのボタンがおかしい!今から「拡張音声入力を使用しない」ようにしようとしているのに「音声入力を有効にする」というボタン名称なのですね。

 いやいや音声入力はオンにしてるし!

 というわけでこのあたり、誤解が誤解を生んでしまってるようなので、まぁまぁ、いいじゃないか!水に流そうよ!と学割先生なみの理解力と包容力で(適当)お願いいたします!

 「拡張音声入力を使用」をオフにするには、キャンセルを選んでみてください。

 結論から言うと「オフラインでは使わない」のがベターなようです。オンラインでアップルの音声認識サーバにアクセスするほうが「より最新の人工知能情報を取得できる」と言うことなんでしょうね。
 ちなみに、野口先生の受け売りですが、音声入力は「長文を一気に喋る」のがコツです。おそらく、前後関係から言葉を判定しているものが多いのでしょう。文の途中から、もしくは単語だけを入力すると、たいてい誤入力となります。

 (1)長文を一気にしゃべること
 (2)細かい調整はキーボードで行うこと

 これが音声入力のコツだと思います。さらにもう1点付け加えるならば

 (3)音声入力をオンにする癖をつけること

 これも気をつけておきたいです。macOSの標準機能では「fnを2回押して」音声入力にするのですが、これを忘れると、

 マイクに向かってひたすらしゃべっている、アヤしいおじさん

 と、なります。文字通りの「ムダばなし!」(うまくないっ)

 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記180223)
またまた、したたか企画さんに教えていただきました。


拡張音声入力というのは、「音声入力コマンド」の前提条件のようです。音声入力コマンドとは「すべて選択」などと話すと、その操作を実行してくれる仕組みで「この音声は文字ではなくコマンドである」とするキーワード(例:コンピュータ)も設定できます。Siriと冗長な気がしますが、今後どちらへ流れるのか注目したいです。



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます


名称未設定 1


■クリック、シスギじゃないですか?をなんとかします^ ^

 おつかれさまです。@gorolibです。

 最近、QuickTime Playerでブログ用の説明動画を撮っていますが「新規画面収録」のオペレーションがとても煩雑なので、Keyboard Maestroでマクロ化しました。

以下、ダウンロードしたマクロをKeyboard Maestroにインポートしてください。


「新規画面収録」のマクロを画面収録するのはかなり難儀なので(笑)、言葉で説明します。


(1)撮りたいアプリをアクティブにする
(2)QuickTime Playerをアクティブにする
(3)新規画面収録メニューを起動する
(4)録画ボタン(赤いボタン)を押す
(5)クリックする(QuickTime Player)
(6)クリックする(QuickTime Player)
(7)クリックする(撮りたいアプリに戻る)

 クリック、シスギじゃないですか?
(もやさまナレーションで脳内再生どうぞ)

 そう注意すべきは7番でした。おっしゃ!準備オッケー!いっくぞぉぉぉ!と思ったらまだQuickTime Player上だったでござるww(がっくり)というトラップです。まあしょうがないんですけどね。

 そこで1〜7までをKeyboard Maestroのマクロにしちゃいました。このマクロを起動するとすぐ録画になります!

 ちなみに録画停止するには、command+control+esc(標準)ですので、ご参考まで。


 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます


40


■どんな状態からでもAmazonにジャンプします

 おつかれさまです。@gorolibです。
 このKeyboard Maestroのマクロは「amazon」とタイピングすると、Google Chromeをアクティベート(起動していなければ起動する)して、新規タブを作り、Amazon.co.jpにジャンプするものです。

 文字そのものが入力されなくても、カラ打ちで大丈夫です。具体的にはファインダー上でどこにも入力欄がなくてもamazonとカラ打ちすれば起動します(慣れないと不思議な感じですが^ ^)

 ちなみに今回のトリガー(きっかけ)はTyped String Triggerを使っています。よーく考えると僕らは普通の生活で「amazon」とタイピングすることは皆無であり、それならそのタイピング自体をトリガーに使っちゃおうという発想です。

 当然ふだんamazonという文字を頻繁に入力される方には向きません。そしてお察しのとおり、この記事を書いているときには、amazon.co.jpがバンバン立ち上がっています(爆)

 ブラウザをSafariにしたり、URLは別のものにしたりと、カスタマイズして使ってください。


■研究のしがいがありすぎる!トリガー一覧

 ちなみにKeyboard Maestroのトリガーは下記のようにモリモリあります。研究しがいがありすぎる!今回はTyped String Triggerを使っています。

Keyboard Maestroのトリガー一覧
─────
Hot Key Trigger
Global Macro Palette Trigger
Status Menu Trigger
Typed String Trigger
Application Trigger
Audio Output Changed Trigger
Clipboard Changed Trigger
Clipboard Filter Trigger
Cron Trigger
Engine Launch Trigger
Focused Window Trigger
Folder Trigger
Gesture Trigger
Idle Trigger
Login Trigger
MIDI Trigger
Mounted Volume Trigger
Periodic Trigger
Public Web Trigger
Remote Trigger
Sleep Trigger
Time of Day Trigger
USB Device Key Trigger
USB Device Trigger
Wake Trigger
Wireless Network Trigger
─────

■このマクロの概要
 amazonとタイピングすると、どの状態からでもGoogle ChromeでAmazon.co.jpにジャンプします


■使い方
(1)amazonとタイピングします(以上^ ^)


■ダウンロードはこちらから

 G05_amazon.kmmacros
 
https://www.dropbox.com/s/2xdcczebr38lvpd/G05_amazon.kmmacros?dl=1

 ※Keyboard Maestroにてインポートをお願いいたします。

 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ