カテゴリ: イラストレーター

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2019にて検証済みです。

■ ガイドの使い勝手にハマっているんです
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。GOROLIB DESIGNの渋谷吾郎です。

 最近、改めてIllustratorのガイドにハマっています(何年目w)

 ペンツールやテキストツールなど、一般の人から見ると「扱いづらくて仕方ない」Illustratorですが、ことガイドについては、とても直感的だと思います。

 左と上の定規から、ドラッグ&ドロップしてガイドを引く。

 リアルに定規を当てるような感覚は、とても体感にマッチしています。

 今回、パスアイテムをガイドで削っていくというスクリプトを作成しましたので、公開いたします。


■ 分解して一番大きな面積を残す

 仕様としては、ガイドを実線に変更して、選択オブジェクトとともに分解、一番大きな面積だけを残します。
タイトルなし2
 ちょこっと高さを削りたい、幅を削りたい…というときに、ものすごく便利です。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプトファイル名】
G681_guideShave.jsx

【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します
(2)削りたい位置にガイドを置きます
(3)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)選択オブジェクトがない場合は反応しません
(2)パスアイテムが2つ以上ないと反応しません(ガイドと他の何か)
(3)ガイドが1本もない場合も反応しません
(4)分割されたうち、一番大きな面積のオブジェクトを残します

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2019にて検証済みです。

■ ちょっとしたアクセントに良く使いますね!
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 テキストの1文字目だけ色を変える、という表現はよくあります。

 テキストツールに持ち替えて、1文字目を選択、スウォッチから色を選ぶ、というオペレーションですが、テキストツールに持ち替えた途端に、うまくいかないことは良くあります。

 そこで、塗りありのパスアイテムと、テキストを選んで実行すると、テキストの1文字目の色をパスアイテムの塗り色に合わせるスクリプトを作成しましたので、ご利用ください。

■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプトファイル名】
G675_firstCharacterColor.jsx

【使い方】
(1)パスアイテムとテキストを選択します
(2)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)塗りありのパスアイテムが選択されていないと反応しません
(2)テキストが選択されていないと反応しません
(3)塗りありのパスアイテムが複数選択された場合は、先頭の塗り色を採用します
(4)複数テキストの一括変換も可能です

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




■ いつも迷うので作りました。

 おつかれさまです。@gorolibです。

 Illustrator のスクリプトを作るとき、配列に重複をなくしたいというときは、よくあります。

 配列というのは、[ 1, 1, 2, 3, 3, 4, 4, 4 ]という、情報の羅列です。JavaScriptでは、これをひとまとまりで扱えるのですが、重複しないように保管したい、というときがあります。

 具体的には、[ 1, 1, 2, 3, 3, 4, 4, 4 ]を、[ 1, 2, 3, 4 ]としたいのです。

 普通のJavaScript?では、重複を排除するやり方はたくさんあるのですが、こちらはなんだか冴えません…良いのがないのです(^_^;)

■ 配列と値を投げるイメージ

 そこで、配列と値を投げて、trueかfalseが帰ってくる関数を作りました。コピペで使ってください。

 unifnと命名しましたが、ユニーク(唯一)ファンクションと読んでください。すげえ簡単で恐縮ですが、自分も参考にしたいので…

【投げる側】
if(unifn(値, 配列)){
配列.push(値)
}

投げる側は、値と配列を投げます。関数側はあればfalseを、なければtrueを返します。このif文は、true(配列にない)なら、pushするという書き方です。邪魔くさい場合は、1行にしてもいいです。

if(unifn(値, 配列)){配列.push(値)}


一方、関数側はこちらです。

【関数】
function unifn(u1,u2){
for(var u=0; u<u2.length; u++){
if(u1==u2[u]){return false}
}
return true
}

配列に同じ値があればfalseを返しておわり、なければ最後までループしてtrueを返すという設計です。こちらも、邪魔くさければ、行数減らしてください。
function unifn(u1,u2){
for(var u=0; u<u2.length; u++){if(u1==u2[u]){return false}}
return true
}

以上です。お役に立てれば幸いです!

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ