カテゴリ: Keyboard Maestro

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




■ KeynoteやPowerPointはヤダ!という方へ贈ります^ ^

スクリーンショット 2018-08-25 23.10.45

 おつかれさまです。@gorolibです。

 わたしはIllustratorラブです。自分でスクリプトも作っているので、操作性も極まり、プレゼンツールとしてもガンガン使っています。といっても、IllustratorからPDFに出力して、それをAcrobatで起動して、フルスクリーンモードで見せる、ということなのですが…

 ところが、あるときaiデータをAcrobatで開いて、フルスクリーンモードの設定をすると、以降も引き継がれることがわかりました!おお、これはいい!

 ぱ、ぱーどぉん?

 はい、Illustratorをプレゼンツールとして使うやり方は、今までは以下のとおりでした。

■やり方A

(1)Illustrator でプレゼンデータを作る
(2)PDF で別名保存する
(3)それを Acrobat で開く
(4)以下をチェックする
 文書のプロパティ>文書の開き方>フルスクリーンモードで開く
(5)PDFを保存する
(6)当日は、それをオープン(デフォルトアプリケーションはAcrobatなので)して、プレゼンに使う

40001190_2098694347115061_4262643367835336704_n



 これに対して、PDF を作らずに、aiデータだけで運用するやり方は、以下のとおりです。

■やり方B

(1)Illustrator でプレゼンデータを作る
(2)「PDF互換ファイルを作成」をチェックして保存する
(3)それ(aiデータ)を Acrobat で開く
(4)以下をチェックする
 文書のプロパティ>文書の開き方>フルスクリーンモードで開く
(5)aiデータを保存する
(6)当日は、それをAcrobatでオープンして、プレゼンに使う


 やり方Bの良いのは、いちいちPDFを作らないところです。aiデータを編集して、いったんAcrobatで開き、上記(4)をチェックして保存しておけば、以降はいちいち設定しなくてもいいのです!

※(2)について

スクリーンショット 2018-08-25 23.46.58

■ Keyboard Maestro をお使いの方はさらに便利!

 ただ、おそらくみなさま気になるのは、「aiデータをAcrobatで開く」というオペレーションだと思います。

スクリーンショット 2018-08-25 23.52.12


 ドラッグ&ドロップして、Dock上のAcrobatアイコンにかぶせるか、Finderで該当ファイル上で右クリック、このアプリケーションで開くを実施して、Acrobatで開くというのが面倒だと思います!

 しかーし!

 Keyboard Maestroをお使いの方は、これがスムーズに行けるのです! Keyboard Maestroには、「Open Finder Selection」というアクションがありまして、これを使うとFinder項目を特定のアプリケーションで開くマクロを作ることができます。

スクリーンショット 2018-08-25 23.53.37

 aiデータをAcrobatで開くケースなどには、うってつけですね!Finder項目にスコープして、このマクロを起動(ホットキーなど)すれば、ストレスゼロです。

 マクロを置いておきますので、ご利用の方はダウンロードいただき、そのマクロをインポートしてお使いください。
(ダウンロードはこちらから)

 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記20180826)
URLテキスト(オブジェクトのアウトラインをかけない)が、リンクとして反応しないみたいです(^_^;)
PDFにすると、きちんとブラウザにジャンプするのですが…



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




■ アナログな動きががかわいいマクロです^ ^

 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですが、Gmailのスレッド表示につきまして。

 Gmailが出始めた頃は、「どうしてGmailのスレッドはまとまってしまうのか?」と疑問しか湧きませんでしたが、さすがはGoogle頭脳集団。手放せない機能となってまいりました。しかし気になるのは、そのON/OFFを切り替えです。ワンタッチでいかず、以下のような動きが必要です。これは面倒くさいw

(歯車マーク)>設定>スレッド表示 ON(またはOFF)
スクリーンショット 2018-05-23 7.44.15


 スレッド表示は便利ですが、OFFにしたいときもあります。細かい連絡が来る案件では、「それを反映・処理したかどうか」のために、OFFにしたい。一方で、ONになっていると過去メールが探しやすいですね。

 いろいろ調べたのですが、このショートカットはないようです…。そこで、今回はKeyboard Maestroのマクロにて実装してみました。

 まあ、いまどきメールなんか使わないぜ!という方も多いと思いますが、お役に立てれば幸いです!


■ ON/OFFどちらも共通です

 なお、今回のマクロは、

 ○スレッド表示

というイメージを見つけてクリックしますので、オンのときにオフ、オフのときにオンができます。つまり、ON/OFF共通マクロでございます。以前に作ったがうまくいかず、放置していたものを引っ張りだしてきてなんとか仕上げた感じです^ ^

 Keyboard Maestro の “Click at Found Image” は、いわゆるWebアプリ(メニューのない)に有効ですね!


■今回のマクロ情報

【マクロ概要】Gmailのスレッド表示のON/OFFを切り替えます

【マクロ名】G_Chrome_thread

【使い方】
(1)ChromeでGmailを開きます
(2)このマクロを起動します


【仕様】
(1)以下の要領で画面上からイメージをたどります
 (歯車マーク)>設定>スレッド表示 ON(またはOFF)>変更を保存

(2)macOSのChromeで動きを設定しています

 ※そのため、他OSや他ブラウザでは動かないこともありますので、ご容赦ください

(ダウンロードされたファイルをダブルクリック、Keyboard Maestroにインポートしてご利用ください)


【検証素材のダウンロード】


 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




■ふわっとクリームを乗せる感じです(笑)

 おつかれさまです。@gorolibです。

 Illustratorの文字ツールを使わず、選択ツールだけでテキストを入れ替えができるマクロを作りましたので、ご利用ください。
 
 マクロの中でクリックしてホールドしますので、コピー元はクリックせず、文字の上にカーソルを置いてから、マクロを起動してください。その後ペースト先に持っていきます。

 では、どうやって入れ替えタイミングを計っているかと言うと、マクロ起動してから1秒(Pauseで)待っています(笑)。すみません、これしか方法が見つからず…。もう少しいい方法が見つかったらまた更新します。

 なお、マクロの中でプレーンテキストに変換していますので、ペースト先の文字属性で入れ替えを行います。


■今回のマクロ情報

【マクロ概要】
文字を文字に乗せるだけで中身を入れ替えます。

【マクロ名】
G_pastePlain2

【使い方】
(1)コピー元の文字の上にカーソルを乗せます
(2)このマクロを起動します
(3)1秒の間にカーソルをペースト先に持っていってください

※1秒は忙しい!という方はPause時間を調整してみてください。


【仕様】
(1)文字ツールに持ち替えてトリプルクリックをしています
(2)ペースト前にプレーンテキストに変換しています
(3)文字のないところにカーソルを置いた場合はプレーンテキストでペーストされます。


■ダウンロードはこちらから

(ダウンロードされたファイルをKeyboard Maestroにインポートしてご利用ください)


【検証素材のダウンロード】


 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記180217)
入れ替えではなく追加するバージョンも追加しました。

(ダウンロードされたファイルをKeyboard Maestroにインポートしてご利用ください)

G_pastePlain3

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ