本日もおつかれさまでした。GOROLIB DESIGNです。


時事ネタは得意ではありませんが、敬服したのはミヤネ屋で電話応答していたスポニチの阿部さんという方。


しきりに「いったんこういう見出しにしないと読者に伝わらない」と、連呼されていましたね。


事実を事前にどこまで把握されていたかは、今となっては不明ですが「その後の伝わり方」にまで言及されていたのは、商業デザイナーとしては頭の下がる思いでした。


見出しですべてが決まる、見出しに命をかけている媒体の、のきさしならぬ情熱に感服した次第です。


ではでは出羽の海。