■疲れたら本格睡眠しましょう。

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

個人事業主として独立してよかったなーと思うのは「疲れたら寝てよい」ということです。

ひとりなのでオフィスを構えるまでもなく、自宅で仕事をしているわけですが、疲れたら寝てよいのです。誰の気兼ねもなく。

デスクに顔をふせて昼寝とかいうレベルではなく、ちゃんとお布団敷いて本格的に寝てよいのです。

いえ、家族にはなんとなく白い目で見られることもありますよ。そりゃ。

でも四六時中がんばっている姿を見せていれば、昼寝くらいなんということはありません。

疲れたらお布団敷いて、本格的に寝ましょう。


■寝てる間に脳内デフラグがされてるらしい


どうも脳科学的には睡眠中にデフラグが行なわれているらしいのです。


デフラグというのはパソコン用語であり、脳のデフラグについて誤解を恐れず平たく言えば
「情報の出し入れで生じた脳のスキマを詰めこみ直す」
ことかと思います。まぁ、パソコンのデフラグもそんな感じです。


起きて「あーすっきりした!」というのはこのためなんでしょうかね。

すっきりすると仕事ははかどります。


紅の豚でポルコロッソが「徹夜はするな。睡眠不足はいい仕事の敵だ。それに、美容にも良くねぇ。」と言ったのはまさに言いえて妙です。まぁアニメーターは慢性睡眠不足と聞きますので「自虐ギャグ」だったのかもしれないですけどね。

実際、どうにも行き詰まった仕事に疲れたとき、寝て起きるとウソのようにはかどることは何度も経験済みです。


体感的には「2時間悩んだ仕事が2分で終わった」なんてこともあります。

時間がもったいなかったですね…。これぞライフハック。言わずもがな。


会社員は仕事中にお布団敷いて本格睡眠とはいかないもんなぁ。ずいぶん無理したと思います。


仮眠OKの会社なんていうニュースも見たことがありますので、うまく睡眠は導入したほうがいいと思います。例えが合ってるか微妙ですが、昔は体育会系の部活は練習中に水分補給はだめでしたからね。そんな感じじゃないでしょうか(どんな感じよ!)


仕事で疲れたら積極的に寝ましょう!

ではでは出羽の海。