カテゴリ: Photoshop

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます



■これからスキャンが楽しくなります!

 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですが私はスキャンがイヤでした。何がイヤって準備が面倒だから。

 フラットベッドスキャナならば、どこからかひっぱり出してきてUSBケーブルをつなぎ、PCのスキャナアプリを起動してスキャンボタンをクリック。複合機ならばその場所へ行ってかちゃかちゃ操作してスキャン。

 スキャンされたファイルは固定フォルダに保存されているでしょうから、そのフォルダを開いて右クリック→Photoshopで開き、トリミングなど編集してどこかに名前をつけて保存する、ここまでです。はい、もうみなさまお察しの通り、毎回

 むがあああああっ!

 となってました。そこまではいつも一緒のことなんだから誰かやっといてよ!と。これができるようになりましたので、お知らせいたします。


■ フォルダー監視アプリ「Hazel」を使います

 DTP Transitさんのところで勉強させていただきました。
 参考:フォルダー監視アプリ「Hazel」とドロップレットで実現するプログラミングいらずの半自動ワークフロー - DTP Transit

 フォルダー監視アプリ「Hazel」を使います。Hazelというのはシェアウェアであり、お試しならば期間限定で無料です。
55


流れは以下のとおり。

(1)Photoshopでドロップレットをつくる
(2)Hazelをインストールする
(3)特定のフォルダにHazelを設定する

■(1)Photoshopでドロップレットをつくる

 まずPhotoshopでドロップレットをつくります。ドロップレットというのはPhotoshopのアクションをアプリケーション化したものです。名前だけは知っていましたが、使うことなく今まで通りすぎてきましたが、やっと出会えました///

 単にドロップレットでいいのか「Photoshopのドロップレット」と呼んだほうがいいのか(他のアプリケーションにも存在する概念でいわゆるシステムの総称なのか)わかりませんが、とりあえずクドいのでドロップレットとしておきます。

 つくり方はカンタンで、まずアクションを作っておいて

 ファイル>自動処理>ドロップレットを作成

 にて、すでに作成したセットとアクションを指定して保存すればOKです。拡張子がappというファイルができますので、これがドロップレットとなります。

36


03



57

 アクションの中身はお好みでよいと思いますが、私の場合はcmykに変換して背景をレイヤーにし、トーンカーブをつけてpsdファイルでデスクトップに保存(閉じない)というものにしています。
01

まあ素材はワンソースマルチユースの時代ですので、CMYKに変更せずにトーンカーブ調整したいこともありますので、RGBのままのアクションも用意しています。


■(2)Hazelをインストールする

 次にHazelをインストールします。繰り返しますがHazelはシェアウェアであり、最初は無料で後に有料になります。downloadを押すと試用版が使えます。
55

 参考:Noodlesoft – Noodlesoft – Simply Useful Software

 注意点はインストールすると「どこいったかわからない」点ですが(笑)、システム環境設定に入っています。起動するとツールバーに表示されます。

49

21


■(3)特定のフォルダにHazelを設定する

 続けてHazelを設定します。HazelはmacOSで言うところの「フォルダアクションのお化け」という理解でよさそうです。
 私はスキャナー側の設定で「スキャンしたファイルを@scanというフォルダに入れる」ことにしているので、この@scanというファイルに設定をします。

 Foldersに設定したいフォルダを「+」で加え、さらにRulesの「+」でルールを追加するイメージです。
44


 これが設定する画面。初期設定で「Newly Added Items」(アイテムの新規追加?)というRulesが入っているので、これをコピってきて「Do the following to the matched file or folder:」のところにドロップレットを設定します。

 具体的には「Open>with application:」に、先ほどのドロップレットを設定します。
00


 これで「@scanフォルダにファイル追加されたらこのドロップレットが動く」という設定が完了しました。


■ すばらしくもかわいいアシスタントの誕生です!

 これですばらしくもかわいいアシスタントの誕生です!

 スキャナーボタンを押したらひとやすみ、香り立つコーヒーを淹れ、優雅に過ごしたあと、席に戻ればスキャンしたファイルがPhotoshopで起動し、さらにpsdファイルとして保存された状態で立ち上がっています。ばんざい!

■ 便利な使い方その1 Photoshopで起動したいものを投げ込む

 さらに便利な使い方は、これからPhotoshopで調整したいファイルはそのフォルダに投げ込め!ということです。Automatorで「そのフォルダに移動するfinderのサービス」を作っておけばさらにはかどるでしょう。


■ 便利な使い方その2 iPhoneカメラをトリガーに!

 またDropboxアプリのカメラアップロードを使えば、iPhoneで写真を撮っただけで、MacでPhotoshopが起動してpsd保存されるところまでを自動化できます。つまりこの一連の流れをマクロととらえれば、

 これにはHazelでDropboxのカメラアップロードフォルダを設定する必要があり、またiPhoneにごっちゃり写真がある状態で「Dropboxのカメラアップロードをオン」にすると、ぐわーっと全部連携しはじめますので、要注意ですが…

 必要なものだけを共有メニューからDropboxに連携するのがベターかもしれません。


 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記180203)
自動スキャンのマクロのトリガーをUSB Device Triggerにしてみました!つまりフラットベッドスキャナをUSB接続した瞬間にマクロが起動する(!)という、ちょっと感動ものでした(すみません、感動の閾値がひくいもので…^ ^)
180203_2227

なお、with exact name の中身は、

 このMacについて>システムレポート>ハードウェア>USB

の該当項目(コロンの前まで)を正確にコピってください!

58



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます


■操作は3秒ですが若干の知識があるとベターです。
 
おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

フォトショップで水平垂直をとるのは3秒でできますが、ちょいと前提知識が必要です…。

私はせっかちなので、やり方を先に。

(1)ものさしツールで「本来垂直であろう線」をなぞる。
03
15

 
(2)レイヤーの角度補正ボタンを押す。
06
 
10


以上です。カンタンすなー。これで3秒です。

ただ作業の前提として「どこを基準とするか」がありますので、補足いたします。
私は建築設計時代にプロのパースの先生に習ったことがあり(ン十年前ですが…)なんちゃって知識ですが、お役に立てれば幸いです。

■垂直が基本です

まず基準は垂直が基本です。
以下、パースの基本ですが上が2点透視図法(消失点が2点)、下が3点透視図法(消失点が3点)です。リアルな見え方は3点ですが、手起こしパースは2点で描きます。
ファイル 2015-12-08 12 20 43

このとき2点透視図法にて建物の垂直線は、キャンバス上でも必ず垂直です。この仕組みを利用します。

水平を基準にとることはまずありません。完全な水平線、地平線(それも魚眼レンズなどでゆがんでいないケースに限り)であれば水平基準もOKなのですが、水平に伸びる道路などは、落とし穴満載です!垂直を基本としましょう。以下に説明してまいります。


■画像の中心付近の情報を使う


これはレンズにもよりますが、周辺部分はどうしてもゆがみます。できるだけ画像の中心付近の垂直線をなぞりましょう。


■建物の垂直線を使う


前述のとおり建物の垂直は絶対です。ただリアルな世界では3点透視図法で見えていますので、なるべく中心付近の情報を参照するのがベターです。
 
建物があれば必ずその垂直線を使いましょう。建物以外でも垂直に立っているであろう構造物や家具は信じてよいです。
59

垂直であるだろう線が斜めになっていると、人間は斜めだと認識します。あらゆるグラフィックは人間向けですので(あたりまえですが)、「まっすぐに見えれば」いいのです。


■人物の背骨を使う

建物がない場合は人物の背骨を使います。イメージ的には「背骨の体幹」ですね。背骨からアタマのてっぺんに抜ける線です。これは以外と正確です。
 10
修正後の人物にガイドを引きましたが、だいたい背骨のラインがまっすぐになっていることがおわかりいただけると思います。
 

■幹の太い樹木を使う


幹の太い樹木は垂直です。建物も構造物も人物もない場合はなるべく幹の太い樹木を使いましょう。


このネタはまだまだ奥が深いので、気づいた都度更新してまいります。

ではでは…。


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます


■バッチではなくイメージプロセッサーがいい感じです。

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

何をいまさら…なのですが、Photoshopで画像解像度を350に一括変換するアクションをご提供いたします。

ついでにカラーモードをcmykに変換し、トーンカーブもつけます。また背景レイヤーをレイヤー0に変換します。おおぅめんどうくさがり〜(しんのすけ風)。

※ご不安な方へ。


安心してください。


画像解像度350については「再サンプル」のチェックをはずしてあります(当たり前ですが)
13

アクションはダウンロードにてお願いいたします。

まずこのアクションをどこかに置き、フォトショップのアクションパネルから読み込んでおいてください。

以前から使っていたのですが、ビフォー(変更元)とアフター(保管先)が実行時に異なるので、どうやってご提供すればよいかなぁと悩んでいたところでした。

イメージプロセッサーなるものが便利なことがわかり(これもいまさらなんでしょうね…。すみませんPhotoshopは本当に勉強不足です)ご提供に至りました。

ファイル>スクリプト>イメージプロセッサー
を開いてください。

で、下記を参考にセットしてください。アクションは今ダウンロードしたものを使います。
39

ビフォー(参照元)とアフター(保管先)は適宜セットしてください。

上記サンプルではフォルダごとドカッとやってますが、オープンしているファイルについて変換ということもできます。


アクションをはさんで実行するということでは、バッチと似たような機能ですが、イメージプロセッサーのほうがシンプルでわかりやすい気がします。


ではでは!








お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ