カテゴリ: きっとよくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■ネガティブ予想ばかりの中にこそビジネスチャンスはあるはずです   
12

おつかれさまです。@gorolibです。


おま、独立・開業カテゴリーでIllustratorのスクリプトネタばかり延々やりやがっていい加減にしろよ!体育館のウラ来いや!なんて、こわいおにいさんが現れそうなので、カテゴリーにふさわしいネタを考えることにしました。考えるだけは無料ですからね!


無料ですが世の中は考えた方向に進むようにできているので、その方向性には気をつける必要があります。考えるときはハッピーエンドを模索するのがコツです。


さて新しいビジネスネタとして「超高齢化社会プロジェクト」を始めます。


おま、プロジェクトばっかり立ち上げやがって、ほとんど1回で終わってるじゃねーか!と再びこわいおにいさんが来ないよう、今回は継続したい…です(笑)


■先行き不透明な中でただひとつ鉄板なこと


世知辛く、物騒で先行き不透明な世の中ではありますが、そんな中唯一「絶対にそうなる」と言い切れることがあります。

それは日本が超高齢化社会に突入することです。ついでに少子化と人口減少のおまけつきです(笑)

若者は減り、ジジババばかりになるのです(ジジババはわたしの中では愛称ですので念のため。誤解なきように…。私も40代後半。もうすぐです^ ^)

街角景気ではないですが、オンデマンド印刷店でレジをしていると、圧倒的にジジババが多いことに気づきます。

また、平日の病院行きシャトルバスなんかに乗ると「車内で自分がいちばん年下ww」なんてことがあります。自分40代後半ですからね。70代が90代に席をゆずっているような状態です。

超高齢化社会の最大のトピックスは「労働人口の不足」です。まあそんなカタい言葉で言うよりも、

全体的に稼げなくなる

ととらえればいいでしょう。思いつくことはネガティブなことばかり。ただこの逆境こそチャンスの宝庫と考えます。

…えーとくれぐれも「ジジババ向けの詐欺まがいの商売」を考えるつもりはないので念のため(笑)


■家は余る。誰も言わないけど(笑)


まずはじめに住宅のことを考えたい。

人口減少なのだから当然家も余ります。ええ、誰も声高に言いませんけどね。

そりゃそうですよね、建築・不動産業の労働人口の裾野は大きい。自分の仕事について「家が余って売れなくなるんだろうなぁ」とはみんな考えたくないのです。

こんな本がありまして最近気になっております…。




■住居費を無料にしよう


さて「全体的に稼げなくなる」社会で、もしも住居費を無料にできたら生きやすいんじゃないでしょうか。住居費ってかなりの支出(全支出の25%〜35%が適正と言われる)なんですよね。

実際、月額10万円の家賃やローンを払っている世帯が「今月から払わなくていいよ!」なんて言われたら、

ウヒョーってなる

じゃないですか。月10万円余分に使えたらそりゃハッピーってもんです。

具体的な施策としては、国が空き家を安く買い上げて提供すればよいと思います。資金は…そうねぇやっぱり税金かしら。そうするとこのブログの範疇ではなくなりますけどね(もう前半くらいからそうでしたね^ ^;;)


■注目すべきは横須賀


私が注目しているのは、横須賀です。


─────(抜粋)─────
横須賀市には、リアス式海岸のように谷が入り組んでいる地域があり、谷戸地域と呼ばれています。この地域は、車が入れない階段道路が多くありますが、緑が豊かで、海などの眺望がよく静かな場所です。
─────(ここまで)─────

横須賀というのはJR横須賀線、京浜急行線が通っており、都心まで電車で1時間程度です。住みやすいよいところです(住んではいませんが生まれた場所ゆえ土地勘はあります)。

物件的には、床面積:90平方メートル、敷地面積:280平方メートル、家賃等:月額20,000円から(!!!)
なんていうのもあるのです。


もちろん車で入れない、階段がきついなど「住んだらやっぱりだめだった」なんてこともあるんでしょうが、こういう特殊な地域の物件や、空き家を鑑みて

安く、広く住める工夫

というのがこれからのビジネスチャンスだと思います。現時点の不動産業者は採算がとれないので参入してこない部分もまた、ブルーオーシャンな事業だと思います。


というわけでなんら具体的なことは出ておりませんが(笑)、この「考えるプロジェクト」は継続してまいります。


ではでは出羽の海。





ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算17件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■生まれも育ちもガチ理系ですがこういう話は大好きです\(^o^)/   

おつかれさまです。@gorolibです。先日、


という本を読みました。…はい、今回はこのブログでたまーにお送りしている「アヤしい回」でございます(笑)

えーっと、いつもどおり大げさに書きますが、自己啓発、自己実現、引き寄せ、スピリチュアル、思考は現実化する…など、本屋さんの「その手のコーナー」にある本はぜーんぶ焼き払って

この本が1冊あればいいです!

そのくらいわかりやすい。もう回りくどい「その手の本」はぜーんぶ捨てちゃっていいです。

気になる方は出版元サイトで盛大に立ち読みができます。購入前にご一読を…。


■ありがとう5万回で、もんのすごい奇跡がっ!?


書籍内容は各書評を参照いただければと思いますが、この本には「ありがとうを5万回言うともんのすごい奇跡が起きる!」というエピソードが書かれています。はじめて聞いた話ですが、このブログを書くに当たって軽〜くググったところ、小林正観さんなる方が出元(失礼!)のようです。


ただ私はせっかちな上、出元とかソースとかあまり深く考えないタチでして(笑)、とりあえず「ありがとう5万回」をやってみることにしました。


いえ、そんなにヒマしているわけではないのですが…。


なんだ、ほら、「あー!むなくそわり〜」的なことって毎日なんかしらあるじゃないですか。で、忙しいわりにはそんなラフボールにいちいち引っかかるヒマはあったりする(笑)。

そういうときにおまじないのように「ありがとう」をつぶやいて、カウントを稼いでみたらどうかと思ったわけです。毎日のことですからね、言霊的なやつ。そりゃ「あーむかつく!」を累積するのなら「ありがとう」を連呼したほうが健康にいいに決まってます。


■じゃあどうやってカウントする?


じゃあどうやってカウントしたらよいか?ふつうに考えるとカウンターですよね。あの通行人をカチャカチャカウントするカウンター。でもあんなの電車内とか家とか職場とかうるさくてかなわないですよね?いちいち買うのもナンだし…。

まあここはスマホでしょう。毎日持ち歩いてよくさわってるし。iPhoneアプリでいいのがありました!


こんな感じの画面です。
ファイル 2016-11-30 0 18 22

上のレバーをタップするとカウントアップ、右下のマイナスでカウントダウン、左下のCでクリア(ゼロに戻る)されます。

このカウンター、4桁ありますので「ありがとう5回で1カウント」とすると9999+1回でめでたく5万回となります!

私は現時点でこのとおりのカウンターですので(都合8095回)、えらそうなことは何ひとつ言えませんが、どうでもいいことにむかついたらカウント、歩きながらカウント、階段のぼりながらカウントなどとしています。さいわい「ヒマでヒマで仕方ない」という状況にはないので、なんかのついでに…。


■「この世はシミュレーション」という持論に近い


ともあれ、この本、ピンチのときに読むと救われそうな気がします。読み物として面白いし(マンガみたいにサクッと読める)、なにか高価なものを買わされるわけでもない。ありがとう5万回の他にも、

おお、ちょいとやってみるか!

的なエピソードが多数あり、実に元気になる本です。興味があればぜひどうぞ(こちらから

 
また「この世は参加型の超長期シミュレーションゲームである」という持論に近い見解が書かれており、実に興味深かったです。この本はわりとスピリチュアル方面ですが、私は「人生とはだれかのシミュレーションゲームに参加しているだけ」というヘンタイな持論を持っており(笑)、それに近かった…。

この「人生とはだれかのシミュレーションゲームに参加しているだけ」については、いつかブログに書きたいのですが、いくら短く書こうと思っても超大作になってしまい、何度も挫折しております。

ふろしきデカすぎるのねん。

ではでは出羽の海。























ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算17件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



35
■なんとなく息苦しい社会になんとなくメスを入れてみます   

おつかれさまです。@gorolibです。

私は社会派でもないしノンポリだし、クリスマスもお盆も正月もハロウィンだってやる普通の日本人ですが、なんだろう最近の事件を見ていると、ものすごく息苦しい社会を感じます。

日本は「出る杭は打たれる」ということわざがあるくらい、右へならえの文化です。そして村社会、島国ですので異国、異文化の脅威がそんなになく暮らしてきた民族です。

だからこその平和なのですが、この「突出したものをみなでつぶす」という文化が最近かなり息苦しさを増している気がします。


■そんな風に考えたら窮屈だろう


こどもたちや若い人を見ていると「そんな風に考えたら窮屈だろうなぁ」ということがよくあります。

人とちがうことを極端に嫌がるのです。言い方を変えれば「いつも正解でありたい」と感じているようです。

失敗して目立つのはイヤだ、笑われるのも間違えるのもイヤ、いつだって鉄板がいい(そういえば数年前におちまさとさんが「鉄板病」なる言葉を考案されていました)と考えているようです。

ことわざとは究極に効率化された教訓であり、未来永劫につづくメッセージですから「出る杭は打たれる」が一夜にしてひっくり返ることはないでしょう。

これは日本人の気質だからです。

ただ昨今の「あまりにも個性や目立つことを避ける風潮」は、こどもたちを疲弊させています。みなと同じじゃないとだめなんだ!という恐怖に覆われています。

○○ちゃんがこうだから、こうじゃなきゃだめなの!なんていうのは日常茶飯事。

そんなことどうでもいいじゃない。誰も見ちゃいないし、みんなと同じなんてつまんないだろ?と言っても聞きません。強烈な「均質化思考」にとらわれてしまっています。

まあこれはこどもに限ったことではなく、同じような傾向のオトナも多数いるわけで、平均的な正解をみんなで仲良く求めているのです。


■だからスキャンダルは叩かれる


実はスキャンダルが思いっきり叩かれる理由って、そのあたりにあるんじゃないでしょうか。叩いてスッキリした気になっているのではないでしょうか?

「なんでそんなに叩く必要があるの?」って純粋な疑問として思いませんか?

だって例えばベッキーがどんな恋愛してようが、自分たちの生活には全くもって100%関係ないじゃないですか。

そりゃ不倫はよくないし、ウソもよくない。

でもそれって自分の生活には3000%関係ない。はっきりいってどうだっていい。まぁいつまでもヘコんでるのも見たくないから、何か違う仕事で早く復活できたらいいね、くらいです。叩き続ける理由がわからん。

おそらく日常生活において、みなと同じこと、強制的な均質を押し付けられている反動で、

・明らかにわるいことをした、有名人を
・思い切りたたいて
・スッキリした気になっている

だけなのではないでしょうか?

そんなことで息苦しさは変わらんというのに…。申し訳有りませんが私はそこまでヒマじゃないですし、まったく興味がありません。


■じゃあどうしたらいいんだろう?


世の中何が正解かなんてわかりません。

「世のため人のために尽くす」ことはだれが見ても正解っぽいですけど、それ以外の正解なんてアヤしいものです。

「世のため人のため」だって、それがごく一部の人間に限られたものになれば、ナショナリズムにも、軍国主義にもなりえます。きわめてアヤしい。

おそらく本当の正解とは、この世を去る直前に「ああ、これは正解だったな、あれは間違いだったな…」と思い返すことなんじゃないかと思います。

つまり生きているうちは判断ができず、かつ極めて主観なのだと思います。「平均的な正解」からはとても遠いところにあるわけですね。

かと言って「平均的な正解なんぞくだらん!」を日本人の気質にするには相当な時間がかかると思います。

みんなとちがうことがクールである、君すごいね!と賞賛される文化を、幼稚園や小学校時代からしつこく、しつこく植え付けるしかないと思います。

とくに若い人を見ていると、みなと違うことはしたくない、失敗はいやだ、鉄板がいい、正解じゃないことはしたくない、正解を教えて欲しいという欲求が強すぎるような気がします。


■みんなと違うことがクールであるという文化を作ろう


この息苦しさを打開するには長い年月がかかりそうですが、こどもの頃から「みんなと違うことを徹底的に褒めて伸ばしていく」ことがいいのではないかと思います。

違うことが褒められる。違うことをしたら褒められる。そしてそれを思い切り伸ばすように教育される。

無理やりにでもオリジナル感を出す。もちろんモノマネは日本の技術を支えてきましたが、おそらくAI人工知能時代には、通じなくなります。

マネできることはAI人工知能がやるからです。

なんだかよくわからない仕事、やったことがない仕事は増えてきます。そんな中「みんなと違うことは最高にクールである」という文化は、これからの日本を支えるんじゃないかと思っています。

ああ、フロシキでかすぎた…。折を見てこの話題には触れることにします。

ではでは出羽の海。



ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算17件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ