カテゴリ:イラストレーター > スクリプト

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




■ いつも迷うので作りました。

 おつかれさまです。@gorolibです。

 Illustrator のスクリプトを作るとき、配列に重複をなくしたいというときは、よくあります。

 配列というのは、[ 1, 1, 2, 3, 3, 4, 4, 4 ]という、情報の羅列です。JavaScriptでは、これをひとまとまりで扱えるのですが、重複しないように保管したい、というときがあります。

 具体的には、[ 1, 1, 2, 3, 3, 4, 4, 4 ]を、[ 1, 2, 3, 4 ]としたいのです。

 普通のJavaScript?では、重複を排除するやり方はたくさんあるのですが、こちらはなんだか冴えません…良いのがないのです(^_^;)

■ 配列と値を投げるイメージ

 そこで、配列と値を投げて、trueかfalseが帰ってくる関数を作りました。コピペで使ってください。

 unifnと命名しましたが、ユニーク(唯一)ファンクションと読んでください。すげえ簡単で恐縮ですが、自分も参考にしたいので…

【投げる側】
if(unifn(値, 配列)){
配列.push(値)
}

投げる側は、値と配列を投げます。関数側はあればfalseを、なければtrueを返します。このif文は、true(配列にない)なら、pushするという書き方です。邪魔くさい場合は、1行にしてもいいです。

if(unifn(値, 配列)){配列.push(値)}


一方、関数側はこちらです。

【関数】
function unifn(u1,u2){
for(var u=0; u<u2.length; u++){
if(u1==u2[u]){return false}
}
return true
}

配列に同じ値があればfalseを返しておわり、なければ最後までループしてtrueを返すという設計です。こちらも、邪魔くさければ、行数減らしてください。
function unifn(u1,u2){
for(var u=0; u<u2.length; u++){if(u1==u2[u]){return false}}
return true
}

以上です。お役に立てれば幸いです!

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2017にて検証済みです。


■ 自動で塗り足し作ります
(クリックで動きます)
タイトルなし

スクリーンショット 2019-04-12 4.45.07

 おつかれさまです。@gorolibです。

 すでに公開している「塗り足し作成スクリプト」について。

参考:アートボードの塗り足しを自動でつくって自動で並べちゃうスクリプトです

 私の中では常にレギュラーメンバーであり、とても頼もしい道具です。しかし、ダイアログを設けずに自動化を推し進めたため、少々不都合が生じておりました。

 具体的には、アートボードとの相対位置により、塗り足しを付ける付けないを自動判定するため、思い通りにいかないケースがたまにありまして…

 タテ版とヨコ版に分けたのも、自動化し過ぎたためであり、若かったのね、ムフフ。

 タテ版とヨコ版を1本化して、ダイアログで制御すれば、もっと汎用的になり、より大人なスクリプトになるかと、今回、集大成版を作成した次第です。


■上下左右どちらでも良くってよ♪

 塗り足しの対象は、パスアイテムのみです。今回、上下左右、任意の方向に塗り足しを伸ばせるようにしました。前回は整列の要素も入れていたのですが、今回は単純に「塗り足しまで伸ばす」というコンセプトにしています。

スクリーンショット 2019-04-12 4.20.05


 ただし、現在のドキュメントの塗り足し値は、やっぱりスクリプトからは拾えないので、3ミリ固定にしています。


■だいたい3方向になるはずなので…

 塗り足しは、だいたい3方向になるはずなので、ダイアログのチェックボックスの初期値はすべてオンにしています。

 具体的には、アートボード上端の帯は「下以外」なので下のチェックを外す、アートボード下端の帯は「上以外」なので上のチェックを外す、というオペレーションになります。

スクリーンショット 2019-04-12 4.45.07


スクリーンショット 2019-04-12 4.43.55


■3ミリオフセットも可能です(おまけ)

 全方向に塗り足しをつけると、アートボードサイズ+塗り足しのオブジェクトになります。

スクリーンショット 2019-04-12 4.20.05

 つまり、選択オブジェクトをアートボードサイズにして、さらにオフセット3ミリにしたものになります。これはこれで使えますが、あくまでおまけですので、ご承知おきくださいませ…

(クリックで動きます)
タイトルなし2

■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

スクリーンショット 2019-04-12 4.20.05


【スクリプトファイル名】
G663_fittoBleedUltimate

【使い方】
(1)対象となるパスアイテムを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)塗り足しの方向を選択します

【仕様】
(1)パスアイテム以外は反応しません
(2)塗り足しは3ミリ固定です
(3)選択された方向に塗り足しを作成します

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2017にて検証済みです。

■ グループを徹底的に解除します!
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 先日のすべてのクリッピングマスク枠を消すスクリプトに続き、選択オブジェクトを徹底的にグループ解除するスクリプトを作成してみましたので、ご利用くださいませ。

 こちらも以前から手をこまねいてきました…。

 何度もお伝えしていますが、クリッピングマスクはグループオブジェクトです。しかし、グループ解除が効きません。クリッピングマスク解除は1階層しかできませんし、クリッピングマスク枠が残ってしまいます。

 そこで、クリッピングマスク解除を前提として、その枠を除去しつつ、選択オブジェクトのグループ解除を根こそぎ行うスクリプトとしました。

 クリッピングマスクと他のオブジェクトがグループにになっている場合、クリッピングマスクも解除してしまうので、ご注意くださいませ。

 今回もGIF動画では分かりづらいと思いますので、サンプルaiデータ(無料です。下記ボタンにてダウンロード)でご確認ください。スクリプト起動による、ビフォー、アフターのaiデータが含まれています。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプトファイル名】
G661_ungroupUltimate.jsx

【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)選択オブジェクト内のすべてのグループ解除を行います
(2)クリッピングマスクもグループですので同時に解除します
(3)解除したクリッピングマスクの枠は削除します

【ご注意】
(1)選択オブジェクト内にクリッピングマスクが含まれる場合、そちらも解除されますので、ご注意ください。

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ