カテゴリ:イラストレーター > スクリプト

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m




■簡易版ですがCSSもつくります!本格版も開発予定

 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですが常々疑問に思っていることがあります。それはIllustratorでのデザインカンプ制作についてです。

 単位はピクセルにして、ピクセルパーフェクトで、オブジェクトサイズは端数が出ないように、線がにじまないように(オープンパスなら2px、クローズドパスなら1pxで内側)など、そりゃもうとても気を使います。でもそこは疑問じゃない。デザインカンプ校了してコーディングに移るとき、

 なんで素材をスライスせにゃならんのか!

 という疑問がどうしてもアタマから離れない。私はそんなに声を荒げるタイプじゃないですが、声を「少しだけ大きく(笑)」して言いたいんです。せっかく苦労してピクセルパーフェクトで作ったものを、なんでまたスライスしてコーディングなる工程を踏まなくちゃならんのか(しかもコーダーさんに寸法を添えて)

 そんなの当たり前じゃんか?ということなんでしょうけど、本当に当たり前なんでしょうか。だってピクセル寸法もサイズも間隔も、画像もテキストもベクター素材も全部揃ってるんですよ?

 そのままポーンとhtml生成されたっていいじゃない、と思い立ち作成したスクリプトでございます。


■クラウドファンディングで本格版も計画中

 ただし、こんな大仕掛けはすぐにはできませんので、まずは簡易版を公開いたします。アートボードサイズのpngファイルを作成、それをソースファイルとするhtml一式を自動生成します。紙芝居ってやつですね^ ^

 でもデザインカンプの校正には必要十分です。デザインカンプの校正ってpng単体でもpdfでもイマイチで、やっぱり本物そっくりの「動かないhtml」をブラウザで見ていただくのが一番です。今回のスクリプトで生成されるhtmlセットは毎回手作りしてたのです。とても面倒くさかった…。

 将来的には自動スライス、自動配置、自動リンクで、Illustratorからそのまま本格Webページを生成したいのですが、その場合はクラウドファンディングで開発費を集める予定です^ ^


■今回のスクリプト情報

【スクリプト概要】
Illustrator上のアクティブアートボードサイズをpng出力し、それをソースとするhtmlセットを自動生成します

【スクリプトファイル名】
G363_AutoHTML.jsx

【使い方】
(1)htmlセットを作成したいアートボードをアクティブにします
(2)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)アクティブアートボードをアートボードクリップにてpng出力します
(2)Webページ幅はアートボード幅となります
(3)ページは中央固定(margin: 0 auto)です
→ウィンドウ幅が余る場合は中央、ウィンドウ幅を縮めていくと両方の余白が均等に減っていくアレです(説明ムズっ!)
(4)htmlセットのフォルダ名はタイムスタンプです(いつも新規作成します)
26

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから

https://note.mu/gorolib/n/n95c63c33acfc


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m




(クリックで動きます)

■ただの表組みなら1秒で完成します!


 おつかれさまです。@gorolibです。

 先般告知していたとおり、自動タブ区切りと自動罫線スクリプトが完成しましたので公開いたします。ただ線で囲むノンデザインの表組みを、誰でも1秒で作ることができます。

 エクセルで表をざっくり作成し、テキストエディタ経由でコピペした文字列に適用してください。テキストエディタ経由(メモ帳やテキストエディット)でないとうまくいきません(Windowsだとうまくいくケースもありますが、エクセルの図形情報まで持ってきてしまうので)。
20

 先般の記事のとおり、何の変哲もない表組みでもIllustratorで作るとやたら時間がかかります。ぼくらがデザインで時間をかけるべきはこんなところではないのですが、Illustratorには寸法と同じく、表組み機能が全くないのでいつも難儀していました。



 何ならエクセルできれいに表を作って、そのスクリーンショットを配置したいくらいですが、そうもいきません。印刷物なら解像度の問題がありますし、何よりデザイン料がいただけませんからね(笑)。大変お役に立てるスクリプトですので、どうぞご利用くださいませ。

 なお対象となる文字はもちろんエクセル由来に限定されません。タブキーと改行キーで構成されたものであれば大丈夫です。

■今回のスクリプト情報


(クリックで動きます)

【スクリプト概要】
 タブキーで区切られたポイント文字に、タブ区切りと罫線を自動追加します。

【スクリプトファイル名】
G357_AutoTable2.jsx

【使い方】
(1)タブキーで区切られたポイント文字を選択します。
(2)このスクリプトを起動します
(3)タブ区切りと罫線を自動追加します

【仕様】
(1)選択文字に対して処理を行います
(2)罫線の幅は毎度おなじみ「環境設定>キー入力」の値を使っています
(3)文字から罫線までの余白は(行送りー文字サイズ)÷2としています。余白を大きくしたい場合は行送りを大きくしてください(*1)
(4)その行送りと文字サイズは先頭1文字目の情報を使います。そのため文字サイズや行送りが混在するものには適しません
(5)既存のタブ区切りはすべて削除します
(6)同時に選択されたパスアイテムもすべて削除しますので、気軽に再作成ができます。
(7)文字列2つでこんな表現も、文字列1つで単なる枠囲いもOK!もはや万能レベルです(大げさね)
【注意】
(1)文字列の長さはアウトライン座標から、それ以外は文字のバウンディングボックスから計算していますので、タテ罫の位置は若干ズレることがあります。ご了承くださいm(_ _)m

(*1)


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記170715)
罫線の色を文字色にするバージョンを作成しました(このほうが使い勝手いいかも)
G359_AutoTable2color.jsx

(クリックで動きます)
タイトルなし
(追記170716)
背景付きバージョンを追加しました。行ごとに濃淡(不透明度20%と10%)を繰り返します。背景色は文字色ですが不透明度だけの表現ですので、後から一度に変更できます。まずはスミで作っておいて寒色系に変更するとベターです。

G360_AutoTable2fill.jsx
39




■ダウンロードはこちらから

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m







(追記170724)
こちら開発完了しています^ ^



■復帰第1弾はこれを予定しています
18

 おつかれさまです。@gorolibです。

 おかげさまで2017年7月2日に退院し、自宅療養しております。皆様からたくさんのお見舞いや励ましのメッセージをいただき、心より感謝しております。今後ともご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 FacebookやTwitterは順次再開しておりますが、スクリプトの復帰第1弾はどうしようかと考えております。

 実は入院中、病室のベッドでボーっとしているとき、エクセルで入力した表組みを、Illustratorにもっとスムーズに持ってこれないものかしらと思っていました。

 限りなくノンデザインであっても、Illustratorにおける表組み制作は中々骨が折れます。


■よく見ると不思議なことになっています

18
 エクセルからテキストエディット経由でIllustratorに貼り付けた場合、上図サンプルの上半分のようになっていますね。まだタブ区切りは入れていません。エクセルからコピー(テキストエディット経由で)すると、隣り合う項目の間にはタブ記号が入っていますが、よく見ると不思議なことになっています。

 同列内に文字列長さの大小がある場合、もっとも長い文字列に合わせて、なんだかうまいこと何個か飛ばして整列しています。この制御の方がむずかしいんじゃないのかしら?(笑)

 いずれにしても上のままでは使えず、タブパネルでチマチマ調整するわけですが、ノンデザインでいい場合は、すぐに下半分のような結果が出て欲しい!

 これを復帰第1弾のスクリプトで実現しようとしています…が気長にお待ちくださいませ。

 ※過去にも自動表組みにはトライしております。
 参考:表組みを全自動化!ゼロ秒で表をつくるスクリプトです(Illustrator)


 これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ