カテゴリ: 商業デザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます



20190425_052336_1

20190425_052336_2

セミナーで大反響だった手法を公開します!

こんなやり方、誰も教えてくれませんでした(^_^;)
(神奈川県  デザイナー 48歳)

20180917_193644_2

■■ はじめに

 おつかれさまです。GOROLIB DESIGNの渋谷吾郎です。

 この本は、デザインが遅くて困っている人に向けて書きました。

 デザインの学校では、デザインを早くする方法を教えてくれません。

 早く仕上げようとすると、考慮が足りないと言われます。もっと時間をかけるようにと言われるのです。

 ところが、デザインの現場で求められるのはスピードです。デザインで食べていくには、商業デザイナーになる必要があるからです。

■ 商業デザインは商売である

 商業デザインは、商品やサービスの販売促進のお手伝いです。絵心を使って、その商品やサービスが売れるように表現するのです。

 チラシやポスター、ランディングページやバナー広告などは、すべて販売促進の一環です。

 自分で認識しなくても、デザインでお金を稼いでいる人は、商業デザイナーです。

 商業デザインは、商売です。商売ですから、予算があり、納期があります。

 そのため、人件費や作業時間は限られています。

 いつも予算オーバーでは、会社は存続できません。納期に間に合わなければ、次の仕事は来ないのです。

■ 時間をかけても良いデザインはできない

 デザイナーは、デザインには時間をかけなければいけないと思い込んでいます。

 限りある納期の中で、できるだけ時間をかけようとします。活動時間には限界があるので、食事や睡眠時間を削っています。

 しかし、これは誤った考えです。

 商業デザインの質は、目的に合致しているかどうかで決まります。目的とは販促活動のことです。

 時間をかけても、目的に合致していなければ、良いデザインにはなりません。商売における良いデザインとは、これなら買いたい!と思ってもらえる表現のことです。

 良いデザインにするためのアプローチが、間違っているのです。

 この本では、極めて短時間で、良いデザインができる方法をご紹介します。

■ デザインに時間がかかる原因

 デザインに時間がかかる原因は3つあります。

■(1)構造分析されていない

 1つ目は、構造分析がされていないことです。

 構造分析とは、伝えるべきことを整理する作業です。面倒に見えますが、10分もあれば完成します。

 構造分析は【6w3h】で行います。

【6w3h】…★は特に大事なもの
・what(いったいこれは何か)★
・when(いつ)
・who(だれが)
・whom(ターゲットは?)★
・where(どこで)
・why(どんな良いことがあるのか)★
・how(どうやって)
・how much(いくら?)
・how many(何回)

 特に大事なのは、what、whom、whyです。いったいこれは何で、ターゲットは誰で、どんな良いことがあるのかということです。

 この3つがクリアできなければ、デザインはできません。

 商業デザインの質は、構造分析を満たしているかどうかで決まります。

 ポップな内容に、楷書体は使いません。シニア向けに8ポイント文字を使えば「読めない」と言われます。

 デザインレビューの本質は、構造分析を満たしているかどうかです。構造分析がなければ、そのデザインの評価すらできないのです。

 なぜ楷書体なのか、なぜ8ポイント文字なのか、すべてのデザイン要素には理由があります。その理由は、構造分析に裏付けされているのです。

■(2)イラストレーターでデザインしようとしている

 2つ目は、イラストレーターでデザインしようとしているからです。便宜上、この本ではデザインアプリを「アドビ イラストレーター」とします。

 いきなりPCに向かってはいけません。

 イラストレーターでデザインなど、できないのです。脳内の漠然とした世界を、いきなりミリ単位に落とせるわけがありません。

 イラストレーターを「デザインできる夢の道具」だと勘違いしているのです。イラストレーターでデザインすることが、かっこいいと思っているだけなのです。

 イラストレーターは、トレースする道具です。

 かつての雲形定規やロットリングペン、ポスターカラーが、電子化されたに過ぎません。

 時短するには、すべてをラフスケッチに落としこむことです。ラフスケッチは、10分もあれば完成します。

 ラフスケッチは、鉛筆で紙に描きます。それをスキャンして、はじめてイラストレーターに向かうのです。

 イラストレーターは、ラフスケッチをトレースする道具なのです。

■(3)イラストレーターに精通していない

 3つ目は、イラストレーターの機能に精通していないからです。

 10年来のベテランでも、整列パネルを使わない人がいます。アピアランスの存在を知らない人もいます。かたくなにPDF入稿を拒む人もいます。

 また、スクリプトによる30倍の効率化を知らない人もいます。30分の作業が1分になるスクリプトがあります。使い続ければ、ひと月の作業が1日になるのです。

 かつて不便だったものは、時を経て便利になっています。

 最新の情報を集め、道具に精通することは、とても大事です。

■ デザインに時間がかかる原因を根絶します

 現場では、デザインに時間がかかる3つの原因が混在しています。

 伝えるべきことを整理しないまま、いきなりイラストレーターに向かい、知っている機能だけでデザインしようとしているのです。

 これでは、早くできるわけがありません。

 PCの前で「何をしたら良いか分からない」のは、これが原因です。

 本文では、この3つの原因を根絶します。そして、誰でも簡単に短時間でデザインできる方法を提案します。

 お役に立てれば幸いです!それでは始めていきましょう。

【目次】

■ はじめに
・ 商業デザインは商売である
・ 時間をかけても良いデザインはできない
・ デザインに時間がかかる原因
・(1)構造分析されていない
・(2)イラストレーターでデザインしようとしている
・(3)イラストレーターに精通していない
・ デザインに時間がかかる原因を根絶します
■ 第1章:伝えるべきことを整理する
・ 構造分析を行う
・ 特に大事な what、whom、why
・ what(いったいこれは何か)
・ whom(ターゲットは?)
・ why(どんな良いことがあるのか)
・ その他の要素を埋める
・ 伝えるべきことが際立つ
・ 伝えたくないことを決める

■ 第2章:ラフスケッチでデザインする
・ まずは脳内で寝かせる
・ 脳内ではデザインがスタートしている
・ ラフスケッチを起こす
・ なぜ小さく描くのか?
・ なぜ紙と鉛筆を使うのか?
・ すべてA4で作ればよい
・ 原寸大の設計は正しいのか?

■ 第3章:超ハイスピードデザイン術の実践
・ ラフスケッチのスキャン
・ スキャン画像トリミング
・ スキャン画像をIllustratorへ
・ 1:√2 に補正する
・ 小さく描くと錯視修正ができる
・ 超ハイスピード文字入力とは?
・ 文字がデータ支給されるとは限らない
・ 音声入力
・ OCR
・ 文字入力のチェックはスピーチで
・ 文字入力はプレーンテキストで行う

■ 第4章:サンプルのご紹介(税理士法人 小山・ミカタパートナーズ様)
・ 構造分析
・ 他の認定支援機関がターゲット
・ いったいこれは何かを考え抜く
・ ラフスケッチを行う
・ ラフスケッチはトレースのためのメモ
・ フォントもイメージしておく
・ ウェイトが与える印象の違い
・ 写真やイラストもイメージしておく
・ トレースする
・ トレースはグレースケールで
・ 配色は2~3色で
・ 変動要素は仕上げない

■ おわりに

© 2019 GOROLIB DESIGN


■■ 第1章:伝えるべきことを整理する

■ 構造分析を行う

 デザインを早くするには、伝えるべきことを整理することです。 

 これを構造分析と呼びます。

 お金がもらえるデザインは、そのほとんどが商業デザインです。商業デザインとは、商品の販促活動であり、その最終目的は売り上げアップです。

 そのためには、構造分析が必要です。構造分析は、6w3hで行います。

20180917_193644_2

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




20180809_162827_1

■ どうしたら思いが伝わり心が動くのでしょうか

20180809_182400_1


 おつかれさまです。GOROLIB DESIGNの渋谷吾郎です。

 最近、どうやって広告を作ったらよいの?という質問をよくいただきます。そこで「思いが伝わる!心が動く!はじめての広告づくりセミナー(入門編)」を開催しますので、ご興味のある方は、ぜひお越しください!

 広告とは、販促活動の一環であり、商品やサービスの売り上げアップを目指す営業ツールです。

 商品やサービスは、それらの思いがお客様に伝わり、さらにお客様の心が動くことによって、はじめて購入されます。広告には、情報を伝えて心を動かすという機能が求められているのです。これを踏まえて、どうしたら効果的な広告が作れるのかを、考えていきます。


■「これはいったい何か」を説明できるか?

「いったいそれが何なのかわからない」広告は、極めて致命的です。当然ながら、何だかわからないものにお客様はお金を払いません。はじめてその情報に出合った人ならば、なおさらです。初見の人に「これはいったい何か」をひとことで説明できるかどうかは、極めて重要なのです。

 お客様は、思いが伝わって心が動き、価格よりも価値がある!と判断した商品やサービスに対して、お金を払っています。「これはいったい何か」がわからないのは、残念ながら「門前払い」と言えるでしょう。


■ デザインの前に分析があるんです

 広告づくりというと、そのデザインや制作ツールに目をうばわれがちですが、その真髄は「分析」にあります。

 この分析のために、当セミナーでは「なにこれカード」というものをご紹介します。自作のカードであり、私自身、デザイン業務で使用しているものです。これを使って、広告媒体の構造分析や、商品・サービスの構造分析を行います。

 広告がうまくつくれなかったり、デザインが進まないのは、この分析が足りないからなのです。


■ どうして既存の商品やサービスの分析をするの?

 最初にカードB(企画・商品・サービス)の各指標に記入していきます。なにこれカードは、マーケティングやセールスの分析手法である5w2hから派生した「6w3h」という指標を使っています。

 参考:はじめての広告デザインにどうぞ!なにこれカードの使い方
20180808_162843_2


 なお「6w3h」については、以下のとおりです。

 what(何を)
 why(なぜ)
 whom(誰に)
 who(誰が)
 where(どこで)
 when(いつ)
 how(どうやって)
 how much(いくらで)
 how many(何回)

 なぜ、既存の商品やサービスを分析するのかといえば、これにより広告のデザインが決まるからです。すべてのデザインには根拠があるのです。なお、サブタイトルにもあるとおりカードBは、商品やサービスだけでなく、あらゆる企画についても効果を発揮します。イベントやキャンペーンの企画をする際にもご利用いただけます。

20180808_162843_1


20180809_182400_1


■ 特に重要な「what(何を)why(なぜ)whom(誰に)」

 6w3hのうち、特に重要なのは、what(何を)、why(なぜ)、whom(誰に)の3つです。注釈すると以下のようになります。

 ・what…これはいったい何なの?
 ・why…どんないいことがあるの?
 ・whom…誰に向けたものなの?

 この3つに抜けやあいまいさが残る商品やサービスは、売れません。たとえ画期的な技術や、先進的なデザインだとしても、お客様の心が動かないからです。

 それ以外の指標も、改めて書き込んでみると、さまざまなことがわかってきます。例えば、“whom(誰に)”を明らかにすることで、広告の置き場所(where)や配り方(how)が変わってきます。SNSをやらない壮年層がターゲットならば、Facebook広告を出しても意味がないのです。

 つまり、カードBの指標によって、どんな媒体の広告を出すかが決まるのです。媒体が決まったら、その構造分析については、カードAを使います。


■ デザインが終わらないのは根拠がないから

 そもそも、このような分析がなければ広告は作れないと考えています。なぜなら「完成目標」がないからです。なにこれカードは、完成目標であり、これを目指して広告デザインを決めていきます。分析はデザインの根拠です。根拠がないからデザインが終わらないのであり、決定できないのです。


■ 実はラフスケッチで8割が完成している

 このセミナーは、パソコンや制作アプリは不要です。その代わり、お気に入りの筆記用具をお持ちください。ワークショップとして、広告のラフスケッチをしてください。そのとき、タイトルとおおまかなレイアウト、そしてキャッチコピーを書き添えます。

 デザイナーの立場から言えば、なにこれカードとこのラフスケッチさえあれば、大変よい仕事ができると考えます。広告デザインの8割は完成していると言えます。ここまでくれば、ご自身で作成しても、満足の行く広告ができるでしょう。また、迷わずに制作できるため、作業のスピードアップを図ることができます。


■ こんな方にオススメです

 このセミナーはこんな人にオススメです!

・商売やってて、自分で広告を作ってるけど、うまく作れているかわからない人
・広告作ってるけど、どこを完成としたら良いかわからない人
・そもそも広告って、どうやって作ったらいいのか知りたい人
・広告の作り方を、手法としてそろそろきちんと学びたい人
・デザイナーさんに頼んでも、うまく伝わってない気がする人


20180809_182400_1


※こちらからメール返信いたしますので、その時点でお申し込み完了となります。


■ 当日の持ち物

(1)作りたい広告の商品やサービスの内容
 →特にない方はこちらでご用意します!
(2)お気に入りの筆記用具
(3)会場は飲食が可能ですが、お飲み物などはご自身でご用意ください

※パソコンは不要ですが、ご持参してご利用いただくことは可能です(会場にWi-Fiあります)


■ 料金
 税込3,980円(120分:途中5分休憩あり)
 ※当日、現金でお支払いください。お申し込み名で領収証はご用意しておきます。


■ 開催日時
 2018年8月30日(水)13:00〜15:00
 2018年9月12日(水)13:00〜15:00
 2018年9月21日(金)13:00〜15:00

■ 当日のプログラム
─────
○ 広告とは伝えて心を動かすこと
・それが伝わるか?心が動くか?

○ たったひとつでも伝わらないという現実

○ SNSのタイムラインは激流である
・情報はどんどん流れていく
・DMやチラシは目もくれずにシュレッダー行き
・心が動くか?思いが伝わるか?

○ いったいそれは何ですか?
・商品やサービスを「ひと言で」説明できるか
・はじめての人でもわかるか?
・そこにwhyを追加すればキャッチコピーになる

○「なにこれカード」って何?
・広告デザインのための設計ツールです
・6w3hによる構造分析
・2つの切り口を見分けられるか?
・商品もサービスも企画だって設計できます

○ なにこれカードAを作ってみよう
・その広告媒体はなんですか?

○ なにこれカードBを作ってみよう
・その商品・サービスはなんですか?

○ ツールは問題ではありません
・Illustratorがすべてではない
・モノクロで伝わらなけばカラーでも伝わらない
・手描きコピーだっていいんです

○ 広告をスケッチしてみよう
・A4チラシを想定してスケッチしてみる
・本文は9ポイントをベースに

○ 下書き(スケッチ)があれば清書できる
─────

■ 開催場所

・SEE'D HOUSE シードハウス(旧えいごや)湘南台店

 神奈川県藤沢市湘南台3丁目7-4 クリエイト湘南1F
 小田急線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄「湘南台駅」出口Bという階段を上がり直進2分、「湘南台駅西口」という交差点のカドでございます


■ 講師プロフィール

 渋谷 吾郎(しぶや・ごろう)

 グラフィックデザイナー/GOROLIB DESIGN代表。主にIT企業系の商業デザイン(DTPおよびWeb)に携わる。
 GOROLIB DESIGN - はやさはちから -(http://gorolib.blog.jp/)では、スクリプトを使った様々なIllustratorの効率化を提案しており、その業務に即した内容は高く評価されている。またスクリプト実践セミナーを定期的に開催し、広く啓蒙に努めている。


■ お問い合わせ

 セミナーについてご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 メールアドレス
 goro.shibuya@gmail.com


20180809_182400_1


※こちらからメール返信いたしますので、その時点でお申し込み完了となります。

 ─────

みなさまのお越しをお待ちしております!

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




なにこれカードのダウンロードはこちらから


20180808_162843_120180808_162843_2

20180917_193644_1
■ デザインが迷走する原因はここにありました

 おつかれさまです。@gorolibです。

 以前から、このブログやセミナーでたびたび登場している「構造分析シート」というものがあります。

 これから作ろうとしている広告について、「媒体の構造分析」と「内容の構造分析」を行い、効果的なデザインを行うものです。デザインの素養とかスキルのもっともっと前段階のものです。この分析結果がデザインを決めるといっても過言ではありません。

 ただし、「構造分析」というキーワードがあまりにも堅苦しいため、持ち運び便利なカード形式にして「なにこれカード」という名前に変えました。いったいこれは何?という問いかけが名前の由来となっています。


■ きちんと丁寧に分析するツールです

 構造分析とは、具体的には6w3hで行います。

 6w3hとは、マーケティングやセールスの分析手法である5w2hから派生したものです。

 参考:価格戦略を徹底分析!マーケティング戦略における5W2H :: 株式会社イノーバ

 5つのwである、what、why、who、where、when に、whomを加えて、6wとし、
 2つのhである、how、how much に、how manyを加えて、3hとします。

 これで6w3hです。

 まとめると、具体的には、what(何を)、why(なぜ)、whom(誰に)、who(誰が)、where(どこで)、when(いつ)、how(どうやって)、how much(いくらで)、how many(何回)となります。これらが決まっていない商品やサービスの広告デザインは考えられません。


■ これはいったい何なの?が言えるか

 この6w3hのうち、とくに大事なのは、what(何を)、why(なぜ)、whom(誰に)の3つです。もう少し注釈すると、ある商品やサービスについて、

 ・what…これはいったい何なの?
 ・why…どんないいことがあるの?
 ・whom…誰に向けたものなの?

 という3つの問いにきちんと答えられるか?ということです。

 ここで、答えられないのが問題ではありません。議論を尽くして「きちんと答えられるようにすれば」よいのです。問題は、これらをきちんとわからないままに広告デザインを進めてしまうことです。


■ デザインが迷走する理由

 どうして、デザインに取り掛かる前にこんな「七面倒臭い」ことをするのでしょうか?それは、これらがはっきりしていないと、広告の制作ができないからです。この行程があやふやだから、デザインが迷走するのです。

 以下、「新規開店の立ち飲み屋さん」にて、サンプルを作ってみました。


■ どうして「なにこれカードAとB」に分かれるのか?

 なにこれカードは2種類、「なにこれカードAとB」に分かれています。

20180808_162843_120180808_162843_2


 なにこれカードAは広告媒体の分析に、なにこれカードBは企画・商品・サービスの分析に使います。

 それぞれの項目には、6w3hとともに、補足してあります。例えば、なにこれカードAの“what”には「これはいったい何?(チラシ?Web?)」と補足してあります。

 それでは、サンプルの内容について見ていきましょう。
 
 ここで、なにこれカードAとBは「極めて厳密に」分けて考える必要があります。サンプルのなにこれカードAの“what”は「A4チラシ」、なにこれカードBの“what”は「新規開店の立ち飲み屋」となっています。広告の媒体としてはチラシですが、お伝えする中身、つまり商品やサービスは「新規開店の立ち飲み屋」なのです。

 もちろん「なにこれカードAとB」で重複する項目もありますが、漏らさず書き込みます。ここを分けて考えられるかどうかがキモになります。


■ 広告づくりのあるあるがわかります

 なにこれカードAとB、たった18マスを埋めるだけで、広告づくりの「あるある」がわかります。例えば“whom”。ターゲットですね。これは誰に向けたものなのかが、


■ これを使ったカンタンセミナーを予定しています

 この「なにこれカード」使い方さえ覚えてしまえば、本格的で効果的な広告をカンタンに作ることができます!セミナーを準備していますので、ご興味のある方はお待ちくださいませ…


 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


なにこれカードのダウンロードはこちらから

20180917_193644_1
お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ