カテゴリ: 商業デザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■商業デザイン的には「ひとめぼれでお持ち帰り///」が最高です!   
09

※念のため。「いったいこれは何?つづきはWebで!」みたいなトリッキーな販促ではないことが前提です…。

おつかれさまです。@gorolibです。

かつて所属していた厚生年金基金から、代行返上のお知らせと、その同意書なるものが届きました。

無知なわたしの脳内を再現すると…

(1)厚生年金基金…年金の上乗せ部分ですよね?
(2)代行返上…なにそれ?
(3)同意書…なんで必要?

こんな感じでした…。結局ぜーんぶググりました(笑)。だって「お知らせ」だけじゃわからんかったから。


グラフィックデザインとは、

自らの絵心を使ってひとさまの商品やサービスの販売促進のお手伝いをする仕事

だと常日頃思っておりますが、チラシやDM、ランディングページを鑑みると、

・いったいこれは何か?
・どんないいことがあるのか?

が重要だと思っております。


ITやマーケティングの世界では5W2H(What Who Where Why When How Howmuch)という言葉がありますが、


置き換えればそのふたつとは

・いったいこれは何か?(What)
・どんないいことがあるのか?(Why)

だと思います。掲題の「お知らせ」では

(1)厚生年金基金…年金の上乗せ部分ですよね?
(2)代行返上…なにそれ?
(3)同意書…なんで必要?


の疑問がほとんど解消しませんでいた。いや、補足があるんですけどわかりづらかった。


もちろんこのお知らせと同意書は「販売促進が目的」じゃないんですけど、

・いったいこれは何か?

がひとめでわかることは必要だと思います。
 

■毎日やってるとマヒしてくる気持ちはわかります


ただ、同じ業務を毎日、毎日やっているとマヒしてくるという気持ちはわかります。「ユー、こんなこと知ってて当たり前だろ?」みたいな。

笑点で言えば、喜久蔵ラーメン^ ^。初見には「喜久蔵ラーメンって何?」ってなりますよね。

これはJRがかつて国鉄だったころ、高校生の私がはじめて定期券を買った駅員さんの対応とかぶります。


毎日定期券売ってれば、そりゃ経由駅なんてもんは当たり前なんでしょうけど、はじめて定期券を買う高校生には???なわけです。経由は?どこ?なんて言われてもわからんわけですな。


けどそういうのって、提供する側からすると、マヒしてくるんだと思います。どこから説明すりゃいいの?っていう…。


だからこそ、販促にはターゲット(Whom)が必要なのです。ちなみに5W2HにはWhomは入っていないので、お気をつけてください。


■襟を正します!

広〜く「表現」というくくりの裏側には「表わすからには届けたい!」という気持ちがあります。

もちろん「わかる奴だけわかればよい」というカテゴリーもあるのですが、その

わかる奴のレベル

をどこに設定するかが商業デザインのキモだと思うわけです。

そう、よいデザインとはググらせないことであるということに尽きます。

いかにググらせずにその商品やサービスの販促につなげるか、ひとめぼれでお持ち帰り///させるか、ということなのだと思います。

※ただ最近は詳しくはWebで!が横行しすぎて「WebデザインがDTPまち」なことが多いようです。上手に連携していきたいものですなぁ。

ではでは出羽の海。






ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算26件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(34件)/6月(18件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



28

■それは「作るものが決まっていない」という致命的理由です…orz   

おつかれさまです。@gorolibです。

唐突ですが、制作に時間がかかる理由について。これはIT時代もそうでしたが、ものすごくシンプルです。

作るものが決まっていない

ただただこの一言に尽きます。

制作に時間がかかるのって、手がおそいというのも一因としてありますが、何回も何回も作り直すときなんですよね。だから作るのがおそいんじゃなくて、

決めるのがおそい

ということなのです。

作るものが決まってないのに作れというのだから、そりゃあっちゃこっちゃ行きますわね…。


■作るものが決まってないなら手をつけない


なかなか会社員時代には実現できませんでしたが、独立してデザイン業を始めてから気がつきました。

作るものが決まってないなら手をつけちゃだめです。

その分だけお金を払うと言われても(額によりますが///)だめです。システム開発もクリエイターとしてひとくくりにするなら、クリエイターが感じるダメージのひとつに

作ったけど使われなかった

というのがあるのです。そりゃそうです。直感がいちばんいいんですから。ダメージでかい。


それがなきものになったときの喪失感たるや…。

決まってないものに手をつけちゃだめです。

それではよい週末を!ではでは出羽の海。







ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算26件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(34件)/6月(18件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■はやさを追求するのはうまくなりたいから。

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

このブログのメインテーマ「はやさはちから」ですが、何故に「はやさ」にこだわるのかと、たま〜にマジメに聞かれます。

なんでってさあ、だってそんなの

はやいほうがいいに決まってるじゃ〜ん!

などというスチャラカな回答がゆるされない面持ちで質問されるので、もちろんそんな答えはできませんが…。


改めて聞かれるとたいへん疲弊する問題なので、ちょっとマジメに考えをまとめます。以降、問われた場合はこの記事をご案内することにします。


■うまくて、やすくて、はやいか?


まず品質管理の概念で「QCD」というのがあります。

左からクオリティ、コスト、デリバリー(貴兄も大好きなあっちのほうじゃないです。納期、つまり早さです)の略称です。

むずかしい話はきらいなので、誤解をおそれずに言い切ると(いつもおそれてなくてすみません)、

「うまい、やすい、はやい」

です。そう牛丼一筋80年です(古っ)。「うまい、やすい、はやい」ものはそれだけで価値があるのです。

わたしは語りが冗長なくせに重複がいやなので、まとめますとデザイン稼業に至っては「はやければやすい」と言えます。なんせ人件費が主ですからね。仕入れとかないし(笑)。はやければそれだけ人件費がかからないのでやすいと言えます。

というわけで「うまい、はやい」に絞られました。


■心の声をいかに丁寧に聴いたか


さてここで「うまい」とは何か考えます。まぁデザインの出来がいいことですわね。

もうちょっと具体的に言うと、こんな浅〜い経験でたいへん僭越なのですが、デザインがうまいとは

「心の声をいかに丁寧に聴いたか」

だと考えています。そう、あの制作中に聞こえる心の声です。

・揃ってなくね?
・文字デカくね?
・文字離れすぎじゃね?
・色使いすぎじゃね?
・線が細すぎじゃね?
…等々。

もっと経験の浅いころは、聞こえないふりしてました。だって納期に間に合わないから。恥ずかしい話「やり方がわからない」こともありました…。

いくらでも時間があればいいのですが、こちとら商業デザイナーです。クライアント様がいて、予算も納期もある仕事です。時間には限りがあります。

だからひとつひとつの工程が早くなれば、心の声に応える時間も増えるのです。

心の声が聞こえたときに、いかにサクッと応えられるかが、うまさへのカギだと思っています。

そのために、はやさを追求しています。はやさを追求するのはうまくなりたいからです。

※あ!あともう一個あった。はやければスケジューリングが不要になるのです!でもこの話は長くなるのでいずれ…。


イジョオ!(厚切り風)


→やっぱりふざけているから、この記事はクライアント様には見せられないッス…(笑)


ではでは出羽の海。






ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算26件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(34件)/6月(18件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ