カテゴリ: OpenOffice

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
いつもいつも苦労しているアノ作業。一瞬で終わると人生観かわります(ホントです^ ^)


◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたは必読デス



(追記161008)
朗報です!この件、maxOS Sierraでなおったようです!
Sierraにしてから起動してませんでしたが確認したところスムースになっています。

ただ、SierraはCanonのスキャナーCanolide 220が全く動かない(プリンター系もだめみたいです)のでご注意ください。

■ほとんど使い物になりません…。

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。 

MacのOpenOfficeの表計算アプリであるCalcを使っています。

OpenOfficeはOffice for Macが買えなかった時代に作った事務書類がたくさんあるため、継続使用しています。

で、このCalc。いつからか文字入力がとっても遅いのです。1文字2文字ならいいのですが、7〜8文字入力したくらいで(変換しないまま)、入力値の表示がどんどん遅くなるのです。しまいには動かなくなってしまう。以前はそんなことなかったような気がするのですが…。


これに関してはググってもググっても出てこない。


唯一この方は私と同じ悩みのようです。
━━━━━


ぜんぜん解決してませんね。この方かわいそう…orz。


自動計算をオフにしたり、あらゆるオートコンプリート系をオフにしたり、置換リストをアイスランド語(笑)にしてもだめでした。
41

というわけで当面はテキストエディットで入力して、貼り付けという変態仕様でお送りします。


■エクセルはあのヌルヌルがいやですぅ。


エクセル使えばー?と言われそうですが、当然Office for Macも入ってますよ!クライアント様の9割はWindowsユーザですからね。ちゃんと閲覧できるようにしています。


でもエクセルはエクセルでいろいろあるんです。


これでも会社員時代(Windows時代)はエクセル得意だったんですが、リボンウィンドウについていけず、Macにおいてはaltキー(そんなキーはないので)で架空のメニューバーにアクセスできないので、ショートカットバシバシが使えないのです。


あとなんすか!なんなんすか!最近のエクセル。ヌルヌルしたセルの動き。あれ超イヤなんですけどぉぉぉ。


Windowsは回避方法あるようですが、
Macのヌルヌルは解決方法がないようです。


■Numbersはやっぱり「別の国の人」


じゃあ、Mac標準のNumbersがいいんじゃないか?と考えました。一攫千金みたいなネーミングが気になりますが…。

とっくの昔にアンインストールしていましたが、追加インストールできるのでやってみました。

※2400円とか出てますが、App Storeアプリが開いて無料インストールできます(たぶん。私はそうでした)

だめですね。OpenOfficeはまだエクセルの親戚くらいには思えるのですが、Numbersは全く違う。もはや外人さんです。まったくインターフェースが違う。あまりお付き合いしたくない…。

というわけでMacの表計算はこれだっ!という答えがないまま年末へ。

ちょいと来年の宿題にさせてください。

ではでは出羽の海。



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
いつもいつも苦労しているアノ作業。一瞬で終わると人生観かわります(ホントです^ ^)


◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたは必読デス



57

エクセルのコントロール(Ctrl)+DをMacのOpenOfficeで実装する方法


おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。


MacのOpenOffice(calc)をヘビーに使う機会がありましたので、今回はその報告です。


知る人ぞ知る(そんなことないか…)エクセルの「コントロール(Ctrl)+D」。


好きですねぇ、このショートカット。エクセルの中でも1、2位を争うほど好きなショートカットです。

前職のIT業界ではほとんどの業務時間をエクセルで過ごしていました(社内文書も設計書も議事録もほとんどエクセルだったから?)が、ホントこのショートカットには何度癒されたことか…。


やり方は「選択範囲の一番上にある値を選択範囲の下までコピー」してコントロール(Ctrl)+Dです。
 

これが

04

一瞬でこうなります。コピーもペーストもいりません。

57

いやー、やっぱりいいっすね。何度見ても秀悦!


ところがOpenOffice(calc)ではこれが実装されていません。


デフォルトでは「リスト選択」のショートカットとなっています。その列に存在する値をリスト表示できるのでこれはこれで便利でしたが、エクセルのコントロール(Ctrl)+Dはやはり最強です。


OpenOfficeでもショートカットをカスタマイズして、設定することは可能です。


ツール>カスタマイズ>キーボード


にてショートカットキーの設定ができます。ただしこの画面がクセ者。ユーザインタフェースがあまりよろしくない。 4~5分悩んでしまいます。


まず上半分の「ショートカットキー」にてコマンド+Dを選択し、

下半分の「機能」にて、編集>下方向へコピーを選択します

その後「変更>OK」を押すと、表示が変更になり、ショートカットキーが設定されます。

32


ショートカットが効かない場合はOpenOfficeの再起動でお願いいたします。


ではまた!





 

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ