カテゴリ: 文字入力

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




IMG_8774のコピー

■もはや読み上げ機能なしで執筆できません(^_^;)

 おつかれさまです。@gorolibです。

 ここ数年で、執筆環境が目まぐるしく変わりまして、

(1)iPhoneの音声入力で書き
(2)iPhoneの読み上げでチェック

という方式に変わりました。執筆がペンからワープロに変わったのが、1980年代後半とすれば、この30年の変化は目まぐるしいものがあります。

 参考:ワープロの歴史

 音声入力も読み上げも、ここ数年で著しく進化しました。特に、読み上げについては、iOS12 になってから、とても滑らかになりました(女性の声も変わったと思います)。同音異義語については、目でチェックが必要ですが、「てにをは」や構成のおかしい文章については、読み上げでほとんどチェックできるようになりました。

 昨夜書き上げた新作についても、

 参考:#仕事の断捨離 〜人ではなく仕事を捨てるカンタン究極コンサルティング〜なぜ仕事を捨てると儲かるのか?(1,480円) : GOROLIB DESIGN #はやさはちから

 読み上げで最終チェックを行いましたが、あまりにも滑らかなので、自分の原稿を聴きながら寝落ちした次第です。なんとも不思議な時代になりました。


■読み上げができない原因がわかりました

 このように便利な読み上げ機能ですが、書いた原稿を全選択して、読み上げを実行する際、読み上げできないケースがありました。

 原因がわからなかったのですが、先頭文字が英数記号の場合「日本語でいいですか?」という確認が出るようです。ここで「日本語」をタップしないと、読み上げが進まないのですね。サンプルでは、先頭文字が # でしたので、確認が促されたようです。

IMG_8773のコピー


 読み上げが開始しない場合は、iPhoneの画面上に「日本語」という吹き出しが表示されていないか、チェックしてみてください。

 お役に立てれば幸いです!


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます




■当然オンでしょ?→オフのほうがよかったのです(笑)

 おつかれさまです。@gorolibです。

 こんな本も買いまして、すっかり音声入力にはまっております。さすが野口先生!超わかりやすいですっ!(面識はございませんが…)


 前提として、当方MacとiPhone使いなのですが、使ってみたところ、Google音声入力が最強だと思っていました。ところがGoogle音声入力は、Web上のGoogleドキュメントでしか使えないんです。

 iPhoneの音声入力は、まあまあ良いです。しかし、macOSの音声入力は、いかんともしがたい精度でした。

 なんでなん?おんなじリンゴの会社やん!
(すみません、関東人ですが)

 そこで音声入力の設定項目を見直してみました。

「拡張音声入力を使用」というチェックボックスがあるのですが、これをオフにしたら、めちゃめちゃ精度が上がったのです!設定は以下のとおり。

 システム環境設定>キーボード>音声入力

30


■そりゃオンにするわ(しかもボタン名が間違ってるしww)

 この「拡張音声入力を使用」をオフにすると、以下のようなメッセージが表示されます。
04

拡張音声入力を使用せずにテキストを音声入力すると、話した内容がAppleに送信されてテキストに変換されます。
話した内容をMacが認識しやすくするために、連絡先の名前などの情報も送信されます。

 いやいや、そりゃどう考えてもオンにするでしょ?

 しかも!(シカーモ!外人風)

 このダイアログのボタンがおかしい!今から「拡張音声入力を使用しない」ようにしようとしているのに「音声入力を有効にする」というボタン名称なのですね。

 いやいや音声入力はオンにしてるし!

 というわけでこのあたり、誤解が誤解を生んでしまってるようなので、まぁまぁ、いいじゃないか!水に流そうよ!と学割先生なみの理解力と包容力で(適当)お願いいたします!

 「拡張音声入力を使用」をオフにするには、キャンセルを選んでみてください。

 結論から言うと「オフラインでは使わない」のがベターなようです。オンラインでアップルの音声認識サーバにアクセスするほうが「より最新の人工知能情報を取得できる」と言うことなんでしょうね。
 ちなみに、野口先生の受け売りですが、音声入力は「長文を一気に喋る」のがコツです。おそらく、前後関係から言葉を判定しているものが多いのでしょう。文の途中から、もしくは単語だけを入力すると、たいてい誤入力となります。

 (1)長文を一気にしゃべること
 (2)細かい調整はキーボードで行うこと

 これが音声入力のコツだと思います。さらにもう1点付け加えるならば

 (3)音声入力をオンにする癖をつけること

 これも気をつけておきたいです。macOSの標準機能では「fnを2回押して」音声入力にするのですが、これを忘れると、

 マイクに向かってひたすらしゃべっている、アヤしいおじさん

 と、なります。文字通りの「ムダばなし!」(うまくないっ)

 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記180223)
またまた、したたか企画さんに教えていただきました。


拡張音声入力というのは、「音声入力コマンド」の前提条件のようです。音声入力コマンドとは「すべて選択」などと話すと、その操作を実行してくれる仕組みで「この音声は文字ではなくコマンドである」とするキーワード(例:コンピュータ)も設定できます。Siriと冗長な気がしますが、今後どちらへ流れるのか注目したいです。



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ スクリプトで時短革命
デザイン業界にもRPAを!スクリプトはオーダーメイドがイイんです!

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます


■Windowsではできるのに!macでもできるかどうか研究中です   


(追記161213)─────
追加情報。この件ほぼ解決しました!Auto CopyというChrome拡張機能がよさげです。ブラウザ上で文字列選択した瞬間にコピーされています。 
Firefox限定と思い込んでいた拡張機能にChromeの拡張もありました!
 

オプションで「Enable in text boxes」をオンにすれば、SimplenoteのWebモードでも機能します。やったよ!Simplenoteで使えればほぼ解決じゃあ!macOS全体共通でいけるのが最終目標ですが、だいたい達成です。

参考:Macのテキストエディットがおそいので思い切ってiCloudからサインアウトした結果ww

37
  47
44
─────

おつかれさまです。@gorolibです。

先だってご紹介したcopipexという文字列選択しただけでクリップボードにコピーできるアプリですが、


あくまでWindows版でございます…。

現在これがmacでできないか調査・研究中でございます。Windowsで使っていますが、おそろしく良い。すこぶる良い。コントロール+C?なにそれ?という状態です。ぜひmacでも使いたい。

なお、範囲選択をしてからペースト(範囲選択したコピー内容を、別の範囲選択箇所に上書きする)という方には不向きですので念のため。範囲選択したとたんに新しくコピーされちゃいますから(笑)。


■コピーの1アクションがないだけで別次元です!


Windows上でcopipexをつかった感想ですが、もはや別次元。「クリップボードへコピー」の操作概念が吹き飛びます。もう元には戻れません。

選択方法はマウスドラッグおよびダブルクリックによる範囲選択のようです。本当はシフトキー+カーソルキーなどでの「キー打鍵による選択」にも反応してほしいですが、全くもってこれで必要十分です。


■現時点の調査結果


で、この機能は超ウルトラスーパー便利なのでいろいろ探しております。macでの解決策はまだ得ておりませんが、参考までに現時点(2016.11.26)での調査結果を掲載しておきます。


copipex…現在使用中!すこぶるよいです。
─────
コピーして貼り付けが、マウスで範囲選択してボタンクリック、で可能になる
→Windowsのみ


AutoClipX…試すつもり。
─────
選択したテキストを自動的にクリップボードにコピーし、マウスのミドルボタンで貼り付け
→Windowsのみ


■viエディタ…試さないつもり。
─────
例えば、TeraTermなどのviエディタには、範囲選択しただけで自動的にクリップボードにコピーされる機能がついている。
しかしunix系の開発に使われるこのviエディタ、キー操作に慣れるのにめちゃ時間かかります(私もその昔に半年くらい使っただけなので、今ではまったくわかりません…)。
いわゆる文字入力用の「テキストエディタ」には向かないでしょう。

macのターミナルからviと入力すると起動するVimもviエディタと呼んでいいのかな…(すみません、かなり推測でお送りしています)。Vimでも範囲選択で自動コピーする方法があるそうです。


■macのターミナル…試さないつもり。
─────
こちらも同じような考え方にて、macターミナル上で選択した文字列の自動コピーができるそうです。
ただ同じ理由で文字入力にmacのターミナルは使わないですよね…。


■TpMusCpy…試すつもり。
─────
テキストエディタ「TeraPad」外部ツール:マウスクリックのみでコピーペースト
→これはTeraPadの外部ツールとのことですが、インストールすると「TeraPad だけでなく、Windows メモ帳などの標準エディットコントロールで、同様の操作が可能になります」とあります!やってみる価値あり
→でもWindowsのみです…


■PopClip…わき道にそれまくりですが現在使用中!
─────
Twitter上で教えていただいたアプリ。選択範囲の自動コピー機能はないのですが、文字列をマウスドラッグで選択した後、iOSのように「コピー」とか「ペースト」とか「次のアクションのガイド」が出てきます。有料ですが導入しています。

んでちょっとハマるのが「次のアクションのガイド」がモウレツに充実している点。
選択範囲でグーグル検索やSimplenote保管、ツイートなど

この記事の目標である「選択範囲の自動コピー」からどんどん脇道にそれてしまいますが、このExtensions、それだけハマる価値はあります。ただモウレツに充実しているとはいえ、数を増やせば効率が落ちるのは自明。私はコピー・ペースト・Simplenote保管・グーグル検索に絞っています。

(これ) 
─────
今後の調査で狙いを定めているのがTpMusCpyのような「テキストエディタの外部ツール」のmac版にもあるかどうか。このあたりで収束したいけど、まぁなければつくるしかないですね。


はて…どうやってつくるんだろ(笑)


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記180114)
ちなみに現時点では #KeyboardMaestro で少し便利になりました。
macOSではアプリケーションの切り替え(コマンド+タブ)をホットキーとして、コマンド+Cとコマンド+タブが動くマクロを作りました。ループするかなと思ったら大丈夫でした。マクロのダウンロードをご用意しています【無料】
G_ShiftApp

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ