カテゴリ:イラストレーター > 曲線ツール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■カンタン便利!ペンツールの代替手段があなたを助けます(Illustrator)

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

タイトルはいつもどおり(大げさ、いつも大げさね)。

改めましてペンツール。イラストレーターで曲線を描く基本であると同時に、習得が面倒なツールです。

またペンツールで書いたパスがきれいな曲線じゃないと「ヘボパス」と呼ばれ、イラストレーター使いにはそれはそれは屈辱なのです。はい…。

しかしいくら慣れても(私だけかもしれませんが)ペンツールは息が止まる。

ウッ!

となります。いつも息を止めてやってます。なんだこれ?短距離走か?確実に寿命が縮まってますね、私の場合…(笑)

で、カンタンな曲線であればペンツールを使わないほうが「はやくてきれい」だったりします。これはまさにこのブログのメインテーマである「はやさはちから」の真髄。

そこで今回はなるべくペンツールを使わない、ペンツールの代替手段を検討してみました。

なお、全般的に言えることはいずれもラフ下書きをトレースするのが最速ですので念のため。画面上で曲線を検討するのは難儀します(私だけかもしれませんが)。

参考:【イラストレーター】超絶スピードで制作する究極の方法


(1)曲線ツール
32

曲線ツールの標準ショートカットは

シフト+@(イコール「`」のこと)です。

押しやすいショートカットです。新しいツールに慣れるにはショートカットに慣れるのがコツです。

ポイントを打ちながら曲線を作成していく、直感的ツールです。比較的なめらかな(凹凸の少ない)曲線はこれで十分です。ラフ下書きをトレースする場合は、実践に耐えることが容易です。

曲線ツールでポイントと呼ばれるものは裏ではベジェ曲線のアンカーポイントになります(実際には微調整されてポイントが自動的に増えることもあります)。ペンツールのハンドルにあたるものがありません。ペンツールですとハンドルを無茶すれば同じ図形を描くにしても十人十色のアンカーポイント+ハンドルとなりますが、曲線ツールでは同じ図形を描くには、全員がほぼ同じポイントとなります。

そう、曲線ツールのツボは「ただただポイントを打つだけであり、ハンドルがないこと」なのです。

まさに自動運転!(うまくないっ!)

ポイントを打つだけできれいなパスが描けるのは、若干アルコールが入っていても気軽ですね(笑)

なお曲線ツールを本格的に実践レベルにするには、こちらの記事を参照くださいませ。

参考:曲線ツールを1分で実用レベルにする【イラストレーター】
http://gorolib.blog.jp/archives/36303923.html


(2)ワープツール
25

おなじみワープツール。左右もしくは上下対象の曲線を描くには最強です。ペンツールで疲弊する必要は全くありません。

標準ショートカットはないので、設定をおすすめします。私は、
 効果>ワープ>アーチを
 シフト+コマンド+7
としています(ん?何かのショートカットと重複してたらごめんなさい)
55

ワープツールはさまざまなバリエーションがありますが、私はアーチを多用するのでそうしています。プルダウンでバリエーションは選べますし、アーチに限定せずに多用するものにショートカットを割り当てるのがよいでしょう。

いったん直線を描いたあとに選択を解除せずにワープ(アーチ)へ。こういう曲線ならワープツールがきれいです。

なお、ななめにする場合は
21

ですが、ここまでアピアランスかけると「わりと混乱する(笑)」ため、私はワープしたものをアピアランス分割しています(変形の数値さえ覚えておけば、ワープは何回でも同じ結果になりますので)


(3)ブラシツール
04

さいごにブラシツールです。標準ショートカットは「いきなりB」で持ち替え可能(いきなりBって…そんな///)。

名前のごとく、マウスポインタでずずずっと直感的に描けます。

タブレット+スタイラスペンがあればベターかと思いますが、何せ私は大仰なデバイスが苦手でして…。

MacBook Proのトラックパッド+スタイラスペンでやってます。簡単なものならこれで十分ですよ!

ただスタイラスペンは何種類か衝動買いした結果、こちらに落ち着きました。おすすめします!

コツはブラシツールオプションで「おもいっきりなめらかに」しておくことです。また「選択を解除しない」をチェックしておくと、描いた後に線種や線幅をスムーズに変更可能です。

てか、ブラシツールに持ち替えた瞬間の線種や線幅ってどうやって変更するのでしょう…?いつも「それじゃない感」のブラシなので変更したいのですが、どなたかご存知でしたらコメントくださいませ
m(__)m
36

ではでは出羽の海。






ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算26件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(34件)/6月(18件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



08
■曲線ツールを1分で実用レベルにする

おつかれさまです。GOROLIB DESIGNです。

怒涛の仕事ラッシュがひと段落したので、Illustrator CC2014(2014年10月)で導入された曲線ツールを研究してみました(いまさらですが…)。

ちょっと触ってみたところ、直感的でイイ感じ!です。ただ実用レベルにするにはちょいと難がありそうかな…と思いたっての研究です。

曲線ツールはポイントを打ちながら曲線を描くツールです。ハンドルはありません(*1)。

クリックしてできる点はポイントと呼ばれます(裏ではベジェ曲線のアンカーポイントになっています)。

ポイントにはスムーズポイント(なめらか)とコーナーポイント(カクっと)があり、ダブルクリックで切り替え可能。

ツールバーはここ。
38

ショートカットは「シフト+`」です。新ツールと仲良くなるにはショートカットを覚えるとよいです!

合言葉はグーン!です。いちおう公式ヘルプはこちら。


<3行で理解!曲線ツール>
(1)ポイントを打つのは、スタートとエンド。あとはグーン!(*2)
(2)曲線は円弧の中央をめがけて直感でポイントを打てばよい。足りなければグーン!で。
(3)直線から曲線に連続するところは、曲線の中で微調整!


 
まず(1)はこんな感じ。ポイントを打つのは、スタートとエンド。あとはグーン!
08
オープンパスのままだと“続き”の表示が若干うっとおしいですが、escキーにて描画は終了します。
24
さて今日は実用レベルを目指すので、ちょっと地図をトレースしてみましょう(ちなみにバンクーバー。おつかれさまです。なでしこジャパン御中)

(2)はこんな感じ。スタート・エンド・円弧の中央で(数学的には曲率がゼロのところ)ポイントを打つ。だいたい直感でOKです。足りなかったらグーン!で行けます。曲線だけならホントに簡単です。
38


(3)直線から曲線に連続するところは、曲線の中で微調整!

さて(3)はちょいとむずい。
 
結果から言えば、ポイント配置はこんな感じになります。スタート→直線の終わりでポイント→曲線の3分の2くらいでポイント→次の直線の始まりでポイント→(続く)。
55
 
59



(1)と(2)をベースに描くとこんなんなってしまう。ほんとに上手に曲線にしはりますぅ(なぜか京都風)。
oh…
58
問題は直線→曲線→直線なのです。

それじゃあと、直線+曲線でつなぐとこんな。ボコっと盛り上がってしまいます。
oh… 
48



なので直線→曲線はペンツールと同じように、コーナーポイントに切り替えずに行きます。

「直線の終わりでポイント。曲線の3分の2くらいでポイント、次の直線の始まりでポイント」がベターなようです。
 

(*1)ハンドルがないことについて
━━━━━
曲線ツールはペンツールと比較すると、ハンドルという概念がないのです。ただ点を打つだけの自動ハンドル。

まさに自動運転(うまくない!)

ペンツールだと、ハンドル操作をムチャすればアンカーポイントの位置は十人十色でも同じような曲線が描けますが、曲線ツールではそうはいかない。

ハンドルの自由度を取り去った、まさにそこが曲線ツールのツボであり、Aさんと同じ曲線を描くには、Bさんも同じ箇所にポイントを打つ必要がある。


(*2)グーン!について
━━━━━
んだよ!さっきからグーンってよ!(三村風)
えーと、弓矢のように伸ばせるんです。私がAdobeに無断でつけました(笑)。パス上でクリックしてポイントを追加、離さずにそのままドラッグします。まあこの程度の曲線ならば、直線ツール>ワープツール>アピアランスの分割のほうがきれいですけどね。
08


これでもう大丈夫。あとはちょいと練習すれば行けます!
ではまた。


(追記150708)
━━━━━
ちなみにこんな図形のポイント配置について参考まで。
てっぺんや谷を挟む様に2点ポイントを打つのが正解なようです。
14

最後まで言いたくはなかったのですが、
最終的にはペンツールで調整してください!

くぅ…。ちきしょー。がんばれ曲線ツール! 


ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算26件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(34件)/6月(18件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ