カテゴリ:イラストレーター > 文字

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています



■意外と需要あるんです。1文字づつ面倒なので…
(クリックで動きます)
タイトルなし
 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですがカッティングシートのご依頼をいただくこともございます。また自宅プリンターを使って1文字づつ

 た・ん・じ・ょ・う・び・お・め・で・と・う

 みたいな需要もたまーにございます(極めて私的ですが…)。アートボードに1文字づつ配置することになるのですが、マジメにやると面倒くさいですな。そこで文字サイズでアートボードに納めるスクリプトを作成しましたので、ご利用くださいませ。

 1文字づつ仮想ボディを想定してアートボードの中央に収めます。そのため、いわゆる文字の厳密な整列に使う、
・オブジェクトのアウトラインアピアランス
・プレビュー境界オン
を考えなくて大丈夫なようにしました。お気軽にご利用ください。

 ただしカンバスサイズを鑑みて、アートボードは事前にご用意くださいませ(自動アートボード生成でもよいのですが、文字数とオペレーションを鑑みると、ここは人間サマが制御したほうがよさそうです^ ^)


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
文字オブジェクトを1文字づつに分解して、マルチアートボードに収めます


【スクリプトファイル名】
G464_cuttingSheet.jsx


【使い方】
(1)アートボードを複数用意します
(2)文字オブジェクトを1つだけ選択します
(3)このスクリプトを起動します


【仕様】
(1)文字オブジェクトを1つだけ選択したときのみ、反応します
(2)1文字づつバラバラのオブジェクトにします
(3)アートボードの幅と高さ、短い方に文字サイズ(バウンディングボックスサイズではない)を合わせます
(4)そのため仮想ボディをアートボードの水平中央・垂直中央に整列するイメージです
(5)アートボードが足らない場合はそこで終了します(アートボードは新規作成しません)

03
(6)文字数が足りない場合もそこで終了します(あまったアートボードは削除しません)

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから






お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています



■きれいにできて当たり前な割に面倒でした(笑)
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですが寸法同様、IllustratorにはCADソフトによくある「引き出し線」機能がありません。単なる文字と線分の要素しかないのですが「きれいにできて当たり前」なわりに面倒くさい(笑)。そこで引き出し線をなんとか自動処理すべく、スクリプトで実現してみました。どうぞご利用くださいませ。


■文字を動かしても成立するようにしています

 引き出し線のやっかいなところは、移動した際に「中心から引き出しているように見えなくなる」ところです。今回これを防ぐべく、レイヤーの最背面にパスアイテムの複製(塗り白)をダミーとして配置しました。さらにその後ろに引き出し線を置くことにより、文字を移動しても「中心から引き出しているように見える」ようにしました。
33
36


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
パスアイテムと文字の1対1の組み合わせで引き出し線をいっぺんに作成します


【スクリプトファイル名】
G461_autoLeader_0.1_mm.jsx


【使い方】
(1)引き出し線を引きたいパスアイテムと文字を選択します(複数選択が可能です)
(2)このスクリプトを起動します


【仕様】
(1)パスアイテムの上下左右中央から引き出し線を開始しますので、ダイレクト選択ツールによって文字の位置を動かしてもデザインとして成立します。

(2)また、パスアイテムの内側部分の引き出し線を隠すため、パスアイテムを複製して線なし・塗り白(c=0, m=0, y=0, k=0)として裏側から貼り付けています。

(3)やり直す場合は「(2)と引き出し線」がグループ化されていますので、それを削除してください(削除しやすくしています)。
03

(4)(3)はアクティブレイヤーの最背面になります。

(5)埋め込みパラメータ方式です。ファイル名の後半で線幅が指定できます。
 G461_autoLeader_0.1_mm.jsx
 …これは線幅0.1mmですが、
 G461_autoLeader_1_px.jsx
 …とすると線幅0.1pxにできます

(6)数値および単位が無効な場合(例:_0.a_ppxなど)は、初期値ゼロとしてダイアログボックスを表示します

(7)そのときの単位は、環境設定の単位となります
 環境設定>単位>一般

(8)ダイアログボックスで指定した数値がゼロの場合は反応しません

(9)プレビュー境界オンオフに対応していますので、1行文字の上下中央に引き出し線を配置したい場合は、
 ・文字に「オブジェクトのアウトライン」アピアランスをかけ
 ・プレビュー境界オン
 としてご利用ください。

 
(10)文字が右揃えの場合は文字の右側から、それ以外の場合は左から引き出し線を出します

(11)内部ではパスアイテムと文字をそれぞれ座標順に並べ替えています。そのため複数選択・複数処理を可能にしています。


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記180105)
パスアイテムの中央と、文字の中央を結ぶバージョンも追加いたしました。
G463_autoLeader2_0.1_mm.jsx

文字の後ろにも塗り白ダミーを追加してダイレクト選択+移動に対応しています。ダミーと引き出し線はグループ化されていますので、やり直しの場合はまとめて削除できます。
タイトルなし

01
18


■ダウンロードはこちらから



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




■今日からめんどうなコピペがなくなります^ ^
(クリックで動きます)
タイトルなし

 あけましておめでとうございます。@gorolibです。本年も当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 さて、先だってカラー情報をポイント文字で表示するスクリプトを作成しましたが、


 同様にフォント情報(フォントファミリー名+スタイル名)を表示するスクリプトを作成しました。こちらは無料といたしますので、広くご利用くださいませ。
m(_ _)m


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択した文字オブジェクトのフォント情報(フォントファミリー名+スタイル名)をポイント文字で表示します。


【スクリプトファイル名】
G460_showFont.jsx


【使い方】
(1)フォント情報を表示したい文字オブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します


【仕様】
(1)「フォント情報を表示する文字」は標準文字スタイルを踏襲します
 ウィンドウ>書式>文字スタイル
(2)位置は選択オブジェクトの上下中央にレイアウトします
(3)ただし文字サイズは8ポイント固定となります


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから


■スクリプトのダウンロードはこちらから
G460_showFont.jsx

■検証素材のダウンロードはこちらから

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ