カテゴリ:イラストレーター > アートボード

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■例えばA3二つ折り会社案内は面ごとのアートボードが便利なんです

 (クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 Illustratorのアートボードサイズ=版型という考え方はやっと定着した感がありますが、実は作業中って面ごとにアートボードを設定すると便利だったりします。

 A3二つ折り会社案内、A4巻き三つ折りリーフレットなど、それぞれの面がアートボードになっているとレイアウトしやすい。特に整列基準をアートボードにして整列する場合はとても捗ります。

 そのため、いったん判型で作成したアートボードを分割して作業することはよくあります。ところがこの分割オペレーションが意外に難儀するのです。以下オペレーションの一例を挙げます。

 (1)アートボードサイズの長方形を描く

 (2)段組設定で分割(間隔はゼロに)する

 (3)分割のうちひとつを「選択オブジェクトに合わせる」
メニュー>オブジェクト>アートボード>選択オブジェクトに合わせる

 (4)残りを「アートボードに変換」する
メニュー>オブジェクト>アートボード>アートボードに変換

 …難儀なことがおわかりいただけると思います。

 特に3番と4番。なぜ分割の「ひとつとそれ以外」を分けて処理しなければいけないかと言うと、もとのアートボードが残ってしまうからです。もとのアートボードが残るとアートボードが重なることになりアクティブ化がやりにくくなるのはご想像どおりです。

 そこでアートボードを等分割するスクリプトを作成いたしましたので、ご利用くださいませ。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
アートボードをタテまたはヨコに等分割します。

【スクリプトファイル名】
G334_DevideABDtate.jsx(タテに切れ目)
G335_DevideABDyoko.jsx(ヨコに切れ目)


【使い方】
(1)分割したいアートボードをアクティブにします
(2)このスクリプトを起動します
(3)分割数を入力します
40
(4)アートボードが分割されます


【仕様】
(1)タテ・ヨコどちらのスクリプトを選ぶかは「切れ目を入れる方向」でお考えください。サンプルの場合はタテに切れ目を入れますので「G334_DevideABDtate.jsx」を実行しています


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから(download the script file from below)


https://note.mu/gorolib/n/n88e4d605415d





ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算22件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(28件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ






CS5でうまく動かないようです。購入された方へ代替手段を検討中です。ご迷惑をおかけしております。




■ついにできた!たぶん今年最高傑作(早っ!)   
(クリックで動きます)
タイトルなし

おつかれさまです。@gorolibです。

複数ページのPDFをインデザインに貼り付ける方法は、スクリプトとしてインデザイン側に元々用意されていますが、
そのイラストレーター版はありませんでした(ないですよね!?念のため)


イラストレーターで複数ページなんて邪道!


なんて言わないでくださいね…。個人のお客様相手のオンデマンド印刷店ではよくあるのです。

例えば趣味のサークル。手書き原稿をスキャン、イラストレーターに面付けして印刷所にデータ入稿(中綴じ製本50冊)なんてよくあるのです。

このときの面付けって、ご想像のとおり面倒なんです。パパパーッと行けばいいんですけどね。標準機能だと、 
(1)イラストレーターに複数アートボードを用意
(2)配置コマンド実行
(3)配置オプションでページ指定(トリミングも指定)
(4)なんとなく貼り付け
(5)アートボードに合わせて拡大・拡大縮小
(6)アートボードに合わせて移動→(2)に戻る

マジでこんな感じ。これの繰り返しですよ。いっや日が暮れるわ〜。そりゃ日影茶屋ではお互いに声をひそめるわ(なんだそりゃ(笑))


■開始ページを指定してあとはおまかせ


というわけで今回もスクリプトで解決です。

インデザインではPDFのページに合わせて次々とページが作成されていきますが、イラストレーターはカンバスサイズがあるので、そうはいきませんね(横にズラーッと並べたらすぐ限界が来る)。

なのでイラストレーター上で複数アートボードは先に用意してください。
(こんな感じ)
いかに実用的かをいろいろ考えたのですが、それがいちばんいいです。ページが多い場合はファイルを分けますしね。そのコントロールは人間がやったほうがいいです。

なお、ページ数が多い場合やファイルを分けた場合のことを鑑み、PDFの開始ページが指定できます。
(これ)
内部ではPDFの最終ページを把握していますので、1〜最終ページ以外はエラーです(数字以外を入力したらキャンセル扱いです)


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプト概要】
複数ページあるPDFをIllustratorのアートボードに一括で自動配置します。

【スクリプトファイル名】
G259_PlacedPDF.jsx

【使い方】
(1)面付け配置したいIllustratorファイルとアートボードを用意します
18
(2)このスクリプトを起動します
(3)PDFファイルを選択します
55
(4)PDFファイルの開始ページを指定します
【仕様】
(1)アートボードもしくはPDFファイルの最終ページで終了します
(2)PDFファイルの各ページごとにアートボードにおさまるように拡大縮小します
(3)アートボードが足りなければそのページで終了します
(4)PDFファイルページが足りなければ空白のアートボードを残したまま終了します
(5)配置オプションのトリミングはメディア固定です(この画面のことです。もちろん表示せずに勝手にやっちゃいますが)
31

■ダウンロードはこちらから

https://note.mu/gorolib/n/nccacb1d51244


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記170111)大事なことを書き忘れました。ファイル選択のところだけなんですけどMac専用です。ご希望の方がいらっしゃればWindows用も作りますので、コメントくださいませ。


(追記170116)コメントの件、試してみました。
38

 (追記170207)
■アートボードじゃなく選択オブジェクトに複数ページのPDFを一括配置してサムネっぽくできるスクリプトを追加しました!ダウンロードは同じページからどうぞ
タイトルなし


(追記170208)G272_PlacedPDFtoOBJ.jsxについて。
Illustratorで保存の際「PDF互換ファイルを作成」にチェックしたものについては、
(ここ)
46

ai(複数アートボード)からai上のパスアイテムに一括配置できるようにしました!ロゴデザインのサムネイルとしてご利用ください。再ダウンロードをお願いいたします。


(ダウンロードはこちらから)
https://note.mu/gorolib/n/nccacb1d51244


(追記170209)
CS5での起動時に1ページしか参照されないようです…。代替スクリプト(G259_PlacedPDF_v02)を作成しましたので、購入された方は同じサイトからダウンロードをお願いいたします。
タイトルなし

しかし少々準備が必要でして…。元々のPDFファイルはページ抽出を行い、ファイルを1ページ1ファイルに分割してください。分割の仕方はこちらから。


(こんな感じ)
41

ひと手間必要なのですが、私の今のスキルではここまでです…ごめんなさい。どうぞよろしくお願いいたします。


(ダウンロードはこちらから) 
https://note.mu/gorolib/n/nccacb1d51244



ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算22件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(28件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト250本が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
オリジナルスクリプトつくります!3000円からどうぞ



■同じ位置にペーストは便利!だけどそのためだけにアートボードつくるのはイヤ…   

(クリックで動きます)
おつかれさまです。@gorolibです。

唐突ですがコピー先がアートボードじゃなくても「同じ位置にペースト」ができるスクリプトをつくりましたので、ご利用くださいませ。

(こんなかんじ)

Illustratorが本格的にマルチアートボード対応してからというもの「同じ位置にペースト」が便利すぎて仕方ありません。

私はロゴデザインがメインですが、同じ位置の部分編集には複数レイヤーのオンオフではなく、マルチアートボードの「同じ位置にペースト」を多用しています。

具体的には編集するにはチマチマしすぎる部分を、別のアートボードに退避してそこでおおらかに(笑)編集し、その後元のアートボードの同じ位置に戻す、というやりかたです。

ロゴに限らず、この「同じ位置にペースト」は非常に使い勝手がよい!ただし「同じアートボードサイズ同士なら」という条件付きではあるのです。


■アートボード基準からパスアイテム基準で「同じ位置にペースト」できないの?

そこでコピー元はアートボード基準、コピー先はパスアイテム基準で「同じ位置にペースト」できないかを追求し、今回スクリプトにて実現できました。

(クリックで動きます)
おお!これはよい!(自分で^ ^)

スクリプト内では同じ位置にペーストと、アートボード左上から選択パスアイテム原点への移動が行われています。なるほどこれでいいんですなっ!

■今回のスクリプト情報

<スクリプトファイル名>
G234_PasteInPlaceWithoutABD.jsx

<使い方>
(1)オブジェクトをコピーします。
(2)基準となるオブジェクトを選択します。
(3)このスクリプトを起動します。

<仕様>
(1)基準となるオブジェクト選択はひとつのみです(ひとつ以外ではスクリプトは動きません)。
(2)スクリプト内で「同じ位置にペースト」を実行しています。
(3)アートボード左上から、基準オブジェクトの左上までを移動距離として、ペーストしたオブジェクトをすべて動かします。

<注意>
(1)スクリプト内ではapp.executeMenuCommandという命令をつかっています。これはCS6以降でしか使えないのでご注意くださいませ。


お役に立てれば幸いです!
ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから




ご購入ありがとうございます!

■サポート(お心付け)をありがとうございます!(通算22件)

■マガジン・ノート販売実績(2017年)

1月(34件)/2月(33件)/3月(22件)/4月(21件)/5月(28件)

■マガジン・ノート販売実績(2016年)

5月(7件)/6月(9件)
7月(5件)/8月(5件)/9月(8件)/10月(8件)/11月(6件)/12月(10件)


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ