カテゴリ:イラストレーター > リンク配置

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■ 3年使っていろいろわかってきました^ ^

 おつかれさまです。@gorolibです。

 リンク配置は、かなりヘビロテで便利なスクリプトです。かれこれ3年ほど、さまざま作っては試してきましたが、必要な仕様が洗練されてきた気がします。それは、

 (1)リンク配置は、ひとつづつ処理できればよい
 (2)枠にスキマができないように配置する場合は(枠をはみ出すので)、クリッピングマスクが必要
 (3)枠をはみ出さないように配置する場合は、クリッピングマスクはいらない
 (4)配置先オブジェクトが未選択の場合は、アクティブアートボードを基準とする
 (5)相似形を厳密に保たなくてよいから、配置先オブジェクトのタテヨコに無理やり合わせたいこともある

というものです。仕様も熟成させるといろいろわかるものです。しかし、これらの組み合わせを試行錯誤したため、スクリプトが乱立してしまいました。

スクリーンショット 2018-08-18 13.33.55

※サンプル:左から、大きい倍率、小さい倍率、強制倍率(配置先はアートボード)

(1)については「いっぺんに配置」を売りにしてきたのですが、そのためにはファイル名もその並びにする必要があり、少なくとも私の業務では「便利だがあまり使わない」機能でした。

(2)については、そもそもの仕様であり、引き続き必要と思われます。

(3)は、配置先のオブジェクトサイズに収めたい場合です。この場合、クリッピングマスクは冗長でした。

(4)は、Webデザインにおけるビッグフォト、つまり幅いっぱいに画像を使う場合などに便利でした。

(5)は、ラフスケッチを下地としてトレースするような作業にとても役立ちます。


■ これ1本でまかなえるように…

 ところで、私はダイアログボックスが好きではありません。ワンタッチ、ショートカットで処理を行うためのスクリプトなのに、チマチマと処理オプションを選んで実行するのは、どうも動機に逆行している気がする。画面設計も面倒ですし…(^_^;)

 しかし、このリンク配置スクリプトについては、仕様検討を経て、さまざまなパターンのスクリプトを乱立させてきたために、混乱をきたしていました。今回、その混乱を収めるためには、ダイアログボックスがいいのかなぁという判断です。

 具体的なオプションは、大きい倍率、小さい倍率、強制倍率の3つです。

スクリーンショット 2018-08-18 13.26.43

大きい倍率は(2)のこと、小さい倍率は(3)のこと、強制倍率は(5)のことです。これらをダイアログボックスで統一した次第です。これ1本でなんでもイケる、クレイジーソルト的な (笑)スクリプトとなりました。


■ 今回のスクリプト情報
スクリーンショット 2018-08-18 13.33.55


【スクリプト概要】
タテヨコの倍率に柔軟に対応するリンク配置スクリプトです

【スクリプトファイル名】
G551_autoPlacedDialog.jsx

【使い方】
(1)リンク配置先のオブジェクトを選択ひとつ選択します
 (選択しない場合はアクティブアートボードを配置先とします)
(2)このスクリプトを起動します
(3)配置オプションを指定します
(4)リンク配置画像を選択します

【仕様】
(1)配置オプションについては次のとおりです

スクリーンショット 2018-08-18 13.26.43

 ・大きい倍率…配置先オブジェクトに対してスキマができないように変倍します
 ・小さい倍率…配置先オブジェクトに対してはみ出さないように変倍します
 ・強制倍率…配置先オブジェクトのタテヨコぴったりに変倍します(相似形は保持されません)

(2)リンク配置オブジェクトは配置先のオブジェクトの中心に移動されます

(3)配置先のオブジェクトは削除されます

(4)配置先のオブジェクト選択がない場合は、アクティブアートボードを配置先とみなして処理します
(5)「大きい倍率」のみ、クリッピングマスクがかかります


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■もう一気にラクしちゃおうと思います^ ^
(クリックで動きます)タイトルなし
 おつかれさまです。@gorolibです。

 先般公開しております、ライブトレーススクリプトについて。

参考:手書きのイラストを超カンタンにをIllustratorで扱えちゃうスクリプト

 もう一気にラクしちゃおうと思いまして、リンク配置からライブトレース・拡張・グループ解除・背景消し・白塗り部分を肌色にするところまで、全自動のスクリプトを作りました!どうぞご利用くださいませ。肌色部分はあとから色分けをお願いいたします(当然、肌色以外もありますので)

 選択オブジェクトがあれば、その範囲で(選択オブジェクトは消します)、選択オブジェクトがなければ、アートボード範囲で配置します。えーとにかく全自動です(笑)


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし
【スクリプト概要】
リンク配置からライブトレースで肌色塗り(1pt拡張)まで全自動で行うスクリプトです


【スクリプトファイル名】
G543_liveTrace3.jsx


【使い方】
(1)このスクリプトを起動します
(2)トレース対象となる画像を選択します
(3)おわり(笑)


【仕様】
(1)塗り白(グレースケール:グレー=0)を肌色にします
(2)肌色はcmyk=(0,25,25,0)固定です
(3)肌色部分は(はみ出ないように)最背面にして、1ポイントのオフセットを行います
(4)最背面の画像の矩形は削除します
(5)オブジェクト選択がない場合はアートボードに、ある場合は選択オブジェクトにサイズを合わせます
タイトルなし2


※配置画像は事前にごみ取りなどを行なってくださいませ。Photoshopにてマジック消しゴムツールなどを使うと便利です
2018-07-07 12.02.38


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから



お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ DTPの方へ!はじめてのWebデザイン&サイト構築セミナー
細かいことはいいからAdobe MuseでサクッとWebサイトを作ろう!というセミナーです

◆ スクリプトを使っていきなりIllustratorの上級者になろうセミナー
いきなり上級者になってイイんです!スクリプトの使い方イチから教えます

◆ 自分の強みをサクッと活かして商売にしちゃう教科書
会社を辞めたい!でも独立は不安…そんなあなたに(会員登録せずに購入できます)

◆ 自分でスクリプトを作ってみたい!そんなあなたはこちらから
ひとりで書ける!ちょい足しスクリプトマガジンZ

◆ スクリプト制作承ります!まずはお気軽にご相談ください m(_ _)m
イラストレーター用スクリプトの受注生産やってます




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■イラストの苦手意識をなんとかします!
スクリーンショット 2018-07-01 19.20.12

 おつかれさまです。@gorolibです。

 最近は、なんだかイラストを描く機会が増えてきました。もちろん、ゲームキャラクターや萌え絵などの細密描写は私にできるわけもなく、上記のようなテイストの「なんちゃってイラスト」なのですが、これはこれで需要がありまして…うれしい限りでございます。

 Illustratorをお使いでも、私のように「イラストが苦手」という方はいらっしゃると思います。

 でも、実は苦手じゃないはずなんです。幼いころからの「お絵かき好き」が高じて今のお仕事をされているはずですから、ある程度の絵は描けるんです。ところが、それをデジタルに起こしてゴハンを食べられるかというと、そうではないために「苦手」だという意識が強いのです。私もそうでした。


■写メとPhotoshopとIllustratorでカンタンに!

 デザイン関係の方なら、「ちょこっと紙の端っこに描いた絵がいちばんいい!」という経験はおありだと思います。なんでしょうね、肩の力が抜けているというか、とても味わいのある絵が描けるんですね。

 本件、スクリプトのご紹介ではありますが、そういった脱力系のイラストをもっと活用しよう、というご提案でもあります。イラストの本職じゃなくても、ちょっとして絵が描けるというのは大変役に立ちます。以下、手順をご紹介します。

(1)紙に鉛筆でイラストを描く
(2)スマホで撮影してPCに送る
(3)Photoshopの消しゴムツールで背景を消して保存
(4)Illustratorでそれをリンク配置する
(5)画像トレースする
(6)色付けなどを行って仕上げる

 蛇足ですが、3番のPhotoshopの消しゴムツールについて。
スクリーンショット 2018-07-01 17.34.27
スクリーンショット 2018-07-01 17.36.21
(マジック消しゴムツールで一瞬で背景を消す!)

 背景を消すには「マジック消しゴムツール」が便利です。ちょっとしたゴミは、普通の消しゴムツールでちょちょいと。30秒で終わります。もちろん、教科書どおりやるならば、範囲選択+マスクを追加、マスクレイヤーを白黒ブラシで微調整…ですけど、まあ、これくらいのことに大ナタを振りかざすこともないですね。Photoshopのマジック消しゴムツールは、私の中ではヘビロテです。
スクリーンショット 2018-07-01 17.35.40


 さて、今回のスクリプトは5番が対象です。1行で書いていますが、手順を分解するとやっかいなんです。


■画像トレースをカンタンに

 5番の手順を分解すると以下のとおりです。

 5.1. 画像トレースを押す 
 5.2. 拡張する
 5.3. グループ解除する
 5.4. 白い部分(実際には塗りなしではなく、グレースケールでk=0)を消す

 と、ここまでやって、6番の色つけなどを行います。それで、この5番が意外と面倒くさい。イラスト1〜2点ならまだしも、数十枚も描くとなると、ボディブローのように効いてくる面倒くさい作業なのです。

 もちろん、5.1.と5.2.は
「オブジェクト>画像トレース>作成して拡張」
 という一度にできるメニューもありますし、5.3まではアクション登録も可能ですが、5.4はいかんともしがたい。

(5.4.は、この状態からいらない部分を抜いていく。型抜きみたいなものですな)
スクリーンショット 2018-07-01 19.50.11
スクリーンショット 2018-07-01 19.53.36


 ここまでを自動化してみた結果、なかなかの道具(スクリプト)となりました。

 そして、これまた蛇足ですが「画像トレース」って「ライブトレース」という名前でしたよね?いつから変わったのかしら(^_^;)


■仕上げの色つけなど

 一応、色つけなど行った結果がこちら。「中身の塗り」については、シェイプ形成ツールやライブペイントなどで「複合パスの中身」を生成して塗り色をつけたりしますが、詳細は以下を参照してください。

複合パスの空洞部分を一瞬で仲間に入れる方法(複合パスを解除せず)


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
画像トレース作業を自動化するスクリプトです

【スクリプトファイル名】
G540_liveTrace.jsx


【使い方】
(1)リンク画像オブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します


【仕様】
(1)画像トレースを行います
(2)その後、画像トレースの拡張を行ないます
(3)グループ解除を行います
(4)塗りスミ(グレースケールのk100)のみ残し、あとは削除します


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記20180701)
購入はお待ちください!
画像トレースのオプションで「ホワイトを無視」というのがあるそうです。知りませんでした!
これで事足りるのなら、購入しないでください(^_^;)
スクリーンショット 2018-07-01 20.55.31



(追記20180706)
最背面の画像枠?だけを削除して、それ以外の塗り白を肌色に変更するバージョンを追加しました。あとで塗り分けてください。イラストが30秒で完成します。「塗りなし」でよい部分は塗りを削除してください。
(クリックで動きます)
タイトルなし
塗り分けしやすいように、スミはオブジェクトロックをかけています。

肌色はスミにオーバーラップしないとスキマが目立つため、途中でオフセットがかかります。ダイアログで対応してください。サンプル程度(名刺サイズ)でしたら、0.25ミリで十分かと思います。また、肌色はスミの背面にまわしています(手描きのセル画の要領です^ ^)
スクリーンショット 2018-07-06 8.34.11


■ダウンロードはこちらから






お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ