カテゴリ:イラストレーター > 選択

このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2019にて検証済みです。
※この製品は、ファイル入出力を含むため、macOS専用です(当方でWindowsの検証ができないため)

■ ご要望が多いので作成しました!
スクリーンショット 2019-06-15 21.55.41

スクリーンショット 2019-06-15 22.22.35

(クリックで動きます)
タイトルなし
 おつかれさまです。@gorolibです。

 デザイン業務コンサル、Illustrator スクリプト制作が起動に乗ってきました。

 その中で、とてもご要望が多いのが「細い塗り」と「細い空き」を検査したいというものです。

 単純に線ならできますが(線幅)、オブジェクト間や、文字の内部の隙間のチェックはできませんでした。例えば、マティスUBなど、極太の明朝体の横線は、かなり細くなるものがあります。

 しかし、試行錯誤の末、なんとかお応えできるものができましたので、公開いたします。

■ ガイドの場所をチェックする

 このご要望、何が難しいかと言えば、一括チェックができないことです。どの場所をチェックしたらよいかわからないのです。

 しかし、場所さえ確定できれば、なんとかなるのではないか?と開発を進めました。

 具体的には、チェックしたい場所にガイドを引き、そのガイドでカットされる部分を対象とすればよかったのです。

 内部的には、ガイドに沿って平べったい矩形を描き、パスファインダーの「背面オブジェクトで型抜き」を使いました。これで、ガイド部分の塗り幅と、空き幅をチェックすることができました!

■ アウトラインもグループ解除もやります

 このスクリプト、検査のためにグループ解除、文字のアウトライン、パスのアウトラインを実行します。

 元ファイルに変更がかかってしまうので、処理が終わったら保存せずに閉じて、再度開きます。

 エラーがある場合は、同一フォルダにpdfファイル(ファイル名はタイムスタンプ)を出力します。

■今回のスクリプト情報
スクリーンショット 2019-06-15 21.55.41
スクリーンショット 2019-06-15 22.22.35


(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプトファイル名】
G695_miniCheck.jsx

【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します
(2)検査したい箇所にガイドを引きます
(3)このスクリプトを起動します
(4)しきい値を入力して実行します(ミリ固定)

【仕様】
(1)ガイド位置にある選択オブジェクトの塗りと空きを検査します
(2)しきい値未満であれば、エラーとして円形マークをつけます
(3)水平垂直のガイドのみを対象とします
(4)エラーファイル(pdf)はエラーがあるときのみ、同じフォルダに出力します
(5)エラーファイルの左上に凡例、右下にファイル名を表示します
スクリーンショット 2019-06-15 21.56.47

(6)選択オブジェクトについては以下の変更をかけます
 ・全グループ解除
 ・文字のアウトライン
 ・パスのアウトライン
(7)元ファイルには変更がかかってしまうため保存せずに閉じ、再度オープンします

【注意】
(1)塗り背景を選択してしまうとうまくいきません。背景をロックしてから選択してみてください
(2)ロック解除はいたしません
(3)ダイアログの前までに、変更をかけますのでキャンセルを押した場合でも、保存せずに閉じ、再度オープンします。

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4



◆ カスタマイズのご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■ png出力はもっとお気軽で良いと思います^ ^
スクリーンショット 2019-02-06 17.44.59

 おつかれさまです。@gorolibです。

 Illustratorからpng出力するスクリプトは、過去にも作成していますが、選択オブジェクトをもう少しカンタンに出力したいなぁと、唐突に思ってしまいました。

 もちろん、アセットの書き出しなど標準機能はありますが、ドラッグ&ドロップが性に合いません(^_^;)。別問題として、クリッピングマスクがマスクのサイズでを書き出されない問題も残っていますし、どうも「使いたい!」と思わせてくれない…。

 また、一般的に道具は、汎用すぎると使いづらいものです。Illustratorから出力なので、png一択でいいですよね?

 道具というのは、お伺いを立てすぎて、八方美人になると使いづらくなるのです。

 グループ化せずに、選択したものをすぐにpng出力というのは、なかなかお気軽で良いなあと作成したスクリプトです。どうぞご利用くださいませ。1倍〜4倍まで選択できます。

スクリーンショット 2019-02-06 17.48.08


スクリーンショット 2019-02-06 17.44.59

 デスクトップに直出力をかけますので、macOS専用です。

 サンプルデータ(aiと出力されたpng)は無料ですので、ダウンロードしてご確認くださいませ。

スクリーンショット 2019-02-06 17.46.18


■今回のスクリプト情報
スクリーンショット 2019-02-06 17.44.59


【スクリプトファイル名】
G632_SELtoPNG.jsx


【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)倍率を指定します(1倍〜4倍)


【仕様】
(1)選択オブジェクトの範囲をpng出力します
(2)選択オブジェクトの範囲をいったんアクティブアートボードにしています
(3)macOSにてデスクトップに出力します(出力先は固定です)
(4)名称は、ファイル名+1x.pngです(1xの部分は、1x〜4xまで変わります)

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


20180917_193644_5
20180917_193644_4






◆ カスタマイズのご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



このエントリーをはてなブックマークに追加 編集





◆ #いきなりHTML 2(レスポンシブ対応)
なんと!スライスもコーディングも全自動!イラレからHTML+CSSへ一発出力します

◆ デザイン業界にもRPA!オリジナルスクリプトで時短革命
こんなにラクしてイイんです!お見積もり無料!お気軽にご相談ください

◆ 10倍ラクするIllustrator仕事術〜ベテランほど知らずに損してる効率化の新常識
イラレ使いにこれ1冊!ホントに10倍ラクできます





こちらで公開しているスクリプトはいずれもmacOSで検証しています




※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■意外とあります!定規が必要な現場^ ^
スクリーンショット 2018-06-09 21.20.06
(クリックで動きます)

 おつかれさまです。@gorolibです。

 こちらも、先日のスクリプト会議(with 宇都宮さん)にて、議題に上がった仕様です。選択範囲に定規を付けるスクリプトです。

 印鑑やネームプレートなど、Illustratorの版下に定規を添えることって、意外と需要あるんですよね…。校正紙がプリンターやFAXの仕様で拡大・縮小されることは多く、定規が必須な現場は多いです。

 グループ化されていなくても、選択範囲全体に定規を付ける仕様です。お役に立てれば幸いです!


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択範囲にタテヨコの定規をつけるスクリプトです。


【スクリプトファイル名】
G521_showRuler.jsx


【使い方】
(1)タテヨコの定規をつけたいオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)グループ化されていなくても、選択範囲全体に定規を付けます
(2)単位はミリ固定です
(3)10ミリ単位で数字を出します
(4)定規の表示は10ミリ単位で切り上げます(72ミリであれば、定規は80ミリまで表示します)


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記20180610)
グループ化していないとバランバランになるので(笑)タテヨコそれぞれの定規はグループ化しました。再度ダウンロードをお願いいたします!


■ダウンロードはこちらから






◆ カスタマイズのご相談に乗ります!(お見積もり無料)
お問い合わせはこちらから。



このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2019 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.



↑このページのトップヘ