カテゴリ:イラストレーター > 変形

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m






■今回ホントに助かった…いいスクリプトはいい奴です
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 最近のデザイン案件にて「食品の成分名をテキストボックスにして均等に並べる」というケースがありました。成分は順不同ですが、ボックス幅はその行内では揃え、スキマはすべて合わせます。

…はい。お察しどおりの超ウルトラスーパー面倒くさい案件でした。しかも成分は若干の増減あるかもというオマケつき。当然のごとくスクリプトにしました。こういうノリでスクリプトを作ることをジグといいます(たぶん^ ^;;)






■変更に超絶強いんです!


 このスクリプト、いくつかの文字といくつかの文字以外(部品)を選択実行するだけ、というなんともファジーな仕様です。ファジーですがとても変更に強い!例えば文字をひとつ減らしたい場合、選択からひとつ除外するだけで(サンプルでは位置をずらしていますが、シフト+クリックの選択除外でOK)瞬時に再作成されます。

(クリックで動きます)
タイトルなし2

 なお今回のサンプルでは、あらかじめ文字以外のスキマを段組設定で作っています。その後、それぞれの行を文字と同時に選択し、スクリプトを実行しています。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプト概要】
適当に置いた文字とオブジェクトで等分割・等分布のテキストボックスを作ります。


【スクリプトファイル名】
G350_fitToTextBox.jsx


【使い方】
(1)テキストボックスをつくりたい文字と文字以外(部品)を選びます
(2)このスクリプトを起動します
(3)文字の数だけ等幅・等分布のテキストボックスを作成します


【仕様】
(1)ボックスの背景色はcmykのk=10固定です
(2)2つ以上のテキストを選択しないと反応しません
(3)1つ以上のテキスト以外(部品)を選択しないと反応しません
(4)ボックスのスキマは「環境設定>一般>キー入力」の値を使います
22

(5)文字は各ボックスの水平・垂直中央に整列します。
(6)プレビュー境界にも対応していますので「文字はオブジェクトのアウトライン+プレビュー境界オン」が推奨です。


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記170712)
等間隔ではなく文字幅に合わせた幅で分割するバージョンを作成しました。
G358_fitToTextBox2.jsx


■ダウンロードはこちらから

お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m






■なかなかにマニアックな変形をなんとかします

 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですがIllustrator作業中に、グループ内の一部を基準として拡大縮小が必要なケースがあります。
タイトルなし2
 例えばこのサンプルのように、オレンジの箱をグレーの箱の大きさにして、その際にはIt'sもLOGOも同じ倍率で拡大したいというケースです。手動で行うと次のような操作になります。

(1)オレンジの箱の幅(高さ)を測る
(2)グレーの箱の幅(高さ)を測る
(3)(2)÷(1)を計算しメモする
(4)(1)が属するオブジェクト群をグループ化し(3)の倍率で拡大・縮小する
(5)スマートガイドをオンにしてセンシティブに移動する

 まあ、予想どおりの面倒くささですね(笑)


■クリッピングマスクを応用してみました


 今回はこれをクリッピングマスクを使ったスクリプトで実現します。ただ、一度に拡大縮小まではオペレーションしづらい(スクリプト起動条件が面倒になる)ため、基準オブジェクトでクリッピングマスクをかけるところまでやります。

 その後は最近の秀作(自分で^ ^)である「コピペでリサイズ入替スクリプト」を使ってリサイズし、その後クリッピングマスクを解除してください。


 その際、前面に残っている線なし・塗りなしオブジェクトの削除を忘れずに行ってください(それを削除するスクリプトも以前にご提案していますが、使うほどでもないでしょう)。

 ※この記事の下の方に追加版として「枠だけを消す」スクリプトがあります(無料)


■対象はグループ化し基準はグループ選択する


 このスクリプトはグループオブジェクトが対象です。変形元はグループ化されている必要があります。そしてそのグループ内の一部を選択すると、その選択範囲で長方形を作成し、今度はグループ全体に戻ってクリッピングマスクをかけます。なかなかに説明がむずかしいですね(汗


■今回のスクリプト情報


【スクリプト概要】
グループオブジェクト内の一部(選択部分)を枠として、グループ全体にクリッピングマスクをかけます。

【スクリプトファイル名】
G347_PartOfClipped.jsx

【使い方】
(1)変形元となるオブジェクト群をグループ化します
(2)変形の基準となるオブジェクトをグループ選択(もしくはダイレクト選択)ツールで選択します
(3)このスクリプトを起動します
(4)選択オブジェクトの範囲(長方形)で親となるグループオブジェクトにクリッピングマスクをかけます

【仕様】
(1)選択オブジェクトの親がグループオブジェクトでなければ反応しません
(2)プレビュー境界にも対応しています

※なおクリッピングマスクがかかった後は、リサイズ入替スクリプトなどで変形先と入れ替えてください。


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから

https://note.mu/gorolib/n/ne827ccc028b0


お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote 編集




◆ スクリプト300本超が使い放題!マガジンをおすすめします。
有料スクリプトはnoteからご購入ください(要ログイン)。
ノート(単品)かマガジン(1000円)が選べますが、すべてのスクリプトが手に入るマガジンをおすすめしています。
GOROLIB DESIGNスクリプト一覧と一括ダウンロード


◆ はじめての方はこちらから
新しいスクリプトはわかったわ。じゃあどうしたらいいの?という方へ


◆ 仕事がなくなっちゃう(笑)スクリプトはオーダーメイドが最強です
2017年8月より6,980円〜(税別・システム手数料込)に値上げいたします。
検討中の方はお早めに…m(_ _)m






■大化けしそうなスクリプトなので丁寧にご紹介します   
(クリックで動きます)
タイトルなし
 おつかれさまです。@gorolibです。
 先般、公開しております「クリップボードから直接リサイズ入替するスクリプト」ですが、実際に業務で使ったところ大変優秀であることがわかりました。単純な機能、使いやすい、汎用的とおそらく私が作った変形系のスクリプトでは最強だと思います。


 このスクリプトを使うと、コピーまたはカットしたオブジェクトを選択オブジェクトと入れ替えることができます。あまりにも優秀なので、その魅力をお伝えする記事を書いた次第です。

■共通事項

 このスクリプトはコピペ機能を使いますので、最初に入替元オブジェクトをコピーまたはカットしておいてください。コピーするだけなので別ファイルでオープンしているIllustratorのオブジェクトを入替元とすることも簡単です。

■同時選択はセンシティブ

 従来のリサイズ入替スクリプトは、入替元と入替先を同じIllustratorファイル上で同時に選択しなくてはなりませんでした。「コピペでリサイズ入替」は、まず入替元をコピーし、その後ゆっくりと入替先を選択して、スクリプトを実行すればいいのです。ここで注目すべきはこのオペレーションは「センシティブではない」ということ。失敗の少ない操作なのです。

 このスクリプトを作成してわかったのは「2つのオブジェクトの同時選択を維持するのは非常に緊張し、かつセンシティブである」ということです。例えば離れた位置にある2つのオブジェクトをリサイズして入れ替える場合、一方の選択が外れないように、もう一方のオブジェクトまで画面を移動し、シフトキーを押しながら追加選択する必要がありました。最初の選択が途中で外れたり、追加選択時にシフトキーを押し忘れたりすると最初からやりなおしとなります。センシティブな操作とは失敗しやすい操作と言えるのです。

■コピペは不安定では?

 さてコピペ機能を使うとIllustratorが異常終了するのではないか?と懸念される方は多いと思いますが、実際に使用してみると「イラレtoイラレ」のコピペではほとんど発生しません。Illustratorの異常終了は他のアプリケーションからの情報をペーストするタイミングがほとんどであり、「コピペでリサイズ入替」では入替元はほとんどがIllustratorと思われますので、ひとまずこの懸念は頭から外しても良いでしょう。


■便利な使い方1:複数オブジェクトの一括入替
G344_PasteAndResize.jsx

(クリックで動きます)
タイトルなし
 例えば「好きなデザインで箇条書きができるスクリプト」で作成したような複数オブジェクトの一括入替が可能です。


 もちろん最初からこの箇条書きデザインをシンボル化しておいて、変更があった場合はシンボル編集を行うという方法もあります。しかし最初からシンボル化しておくルールはなかなか酷ですし、シンボル置き換えオペレーションも簡単なようで意外と手間です。

 何回間違えても、どんな状態でもサクッとやり直せるオペレーションが好きです。


■便利な使い方2:別のグループの同じ位置に複製する
G346_PasteAndNoResize.jsx

(クリックで動きます)
タイトルなし2
 またグループ内の一部オブジェクトを、別のグループの同じ位置に複製する際にも便利です。マルチアートボードで言えば「同じ位置にペースト」なのですが、グループ対グループではそのような機能はなく、難儀します。

 サンプルでは左上の枠と赤文字のコメントがグループ化されています。これを右上の枠内の全く同じ位置に複製したい場合は、以下の手順で簡単にできます。

・枠と赤文字のグループをコピー
・右上の枠を選択
・スクリプト起動

 実はこの機能は以前にご提案している「ひとつのグループを複数指定位置にきっちり複製する」スクリプトそのものなのですが、こちらに食われた感じです(笑)。


 万能スクリプトは大歓迎なのですが、こういうケースは以前の自分の浅はかさが露呈してとても恥ずかしいですね///


■便利な使い方3:となりのIllustratorファイルから持って来る
G344_PasteAndResize.jsx

(クリックで動きます)
タイトルなし3
 冒頭でも説明したとおり、このスクリプトはコピペが前提なので、隣でオープンしているIllustratorファイル上のオブジェクトをコピーし、ダイレクトに貼り付けが可能です。例えばロゴデータをオープンし、別デザインのデータに貼り付ける場合にとても重宝します。


以上、このスクリプトは今後かなり活躍しそうな予感がします。

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから






お役に立ちましたらツイートお願いします!




このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルを無断で転載・配布・販売することを固く禁じます。ご紹介いただける際は必ずURLリンクにてお願いいたします。 このサイトで配布しているイラストレーターのアクションやスクリプトファイルの使用で、ファイルの破損やアプリケーションに不具合が発生した場合でも、責任は負いかねますのでご承知おきくださいませ。自己責任での使用をお願いいたします。

© 2017 GOROLIB DESIGN
Released under the MIT license.





↑このページのトップヘ