IMG_9364


■ 書きはじめるまでが大変


 おつかれさまです。@gorolib です。

 慣性の法則という物理法則があります。

 動いているものは動き続け、止まっているものは止まり続けるというものです。

 宇宙でボールを投げたら、ずーっと動き続けます。抵抗や摩擦がないからです。逆に、止まっているボールは、なんの力も加えられなければ、ずーっと止まっています。

 人間の行動にも、同じようなことがあります。

 さあて、やるかー!と動き出すまでが大変なのです。やりはじめたら、「なんだすぐに終わったわ」なんてことが多い。

■ 書きはじめの言葉を決めておく


 文章作成も、似ています。

 書きはじめるまでが大変であり、いざはじめたらサラサラ書けちゃった、ということがあります。

 そのため、文章の「書きはじめの言葉」を決めて、ユーザ辞書登録しておくと仕事がはかどります。

 私の場合、書きはじめの言葉は以下の通りです。

・仕事メールの場合
→お世話になっております。

・ブログの場合
→おつかれさまです。@gorolib です。

■ ユーザ辞書ですばやく「書き出す」


 ユーザ辞書とは、読みと単語をセットで登録し、文字を変換しやすくする機能です。例えば、「ま→MacBook Pro 」と登録しておけば、文字入力が格段に早くなります。

 先ほどの書きはじめの言葉を、ユーザ辞書登録しておきます。句読点まで入れるのがコツです。

・おせ→お世話になっております。
・おつ→おつかれさまです。@gorolib です。

 冒頭部分が書き出せると、後の文章作成がとてもラクになります。大切なのは2つです。

・はじめの言葉を決めておくこと
・はじめの言葉をユーザ辞書登録すること

 お役に立てれば幸いです!