■ 優先度がつけられないスケジュールが立てられない


 おつかれさまです。@gorolib です。

 私は、仕事に優先度がつけられません。

 どんな仕事でも、並列に目の前に並ぶのです。そのため、スケジュールが立てられません。

参考:#どんとこい発達障害!スケジュールが立てられない人の大逆転!仕事術

■ 目の前の仕事をいっぺんに片付けたい


 目の前に並んでいる仕事は、全部いっぺんに片付けないと気がすみません。

 しかし、そんなことはできないので、1つずつしか目に入らないように仕事を進めよう、というのが上記の本です。

 ここでは、優先度のことは完全に忘れて、仕事を片付ける道具について考えてみます。

 だって、できないんだもん(笑)

■ 良い道具に投資すること


 優先度を考える暇があったら、良い道具に投資しましょう。

 目の前の仕事を、魔法のようにいっぺんに片付けることはできませんが、手数(てかず)を減らすことはできます。

 良いシュレッダーは、鉄板です。購入して絶対に損はありません。ケチケチして(失礼!)安いものを買う方が、もったいないです。

 20枚くらいいっぺんに「ダーッ!」といけるシュレッダーは、魔法と言っても良いでしょう。

参考:シュレッダーをケチっても良いことなし

■ 請求処理までたのしくなる


 また、窓付き・シール付きの封筒に、社名と住所、そして「請求書在中」と印刷しておくと、事務処理がはかどります。シールタイプの切手を買っておけば(値段変わりません)、貼付のための水分が要りません。

 良い道具があると、その仕事が楽しみになります。それは、作業を楽しくするからです。

 お役に立てれば幸いです!