おつかれさまです。@gorolib です。

 私は、2012年から2017年まで、街のオンデマンド印刷所でアルバイトしていました。

 名刺や年賀状の印刷を承り、コピー機(複合機)があり、レンタルPCもある。極めてきれいな、ビジネスパーソン向けの商売なのですが、土地柄なのか、とにかく客層が悪い(^_^;)

 特にひどいのが、シニアの男性。日がな1日、いちゃもんをつけてくる。あまりに退屈なので、あらゆるサービス業に文句を言って回っているらしいのです。

 仕事もせずに年金をもらい、でも暇なのでイライラしてサービス業に当たり散らしているそうです。

 こんな年金の無駄遣いがあるかよ!と当時は憤慨したものです。

■ 退屈をこじらせないこと

 しかし、良く考えるとその気持ちはわかります。働くと年金がもらえない法律があるそうで(悪法との評判で早晩廃止予定)、働きたくても働けないのです。

 労働は、誰かのお役に立って報酬がもらえるという意味で、極めて人生の理にかなっています。それができず、報酬(年金)だけがあるというのは、なかなかに辛い。

 退屈は、こじらせると狂気につながります。

 退屈をこじらせたシニアは、ブログを書けば良いのです。長文が面倒なら、Twitter でもよいです。今の気持ちを文章にしてアウトプットすると、とてもスッキリするからです。

■ 男性はストレス発散が苦手

 女性は人とおしゃべりをして、ストレスを解消する能力があります。女性が長生きなのは、この能力も理由のひとつかもしれません。

 これが男にはできない。私も男なので、良くわかります。

 文字にしてアウトプットする習慣は、これからの時代に必要かもしれません。

 お役に立てれば幸いです!