※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2017にて検証済みです。

■ 電車でよくみるあの表現です
(クリックで動きます)
タイトルなし
スクリーンショット 2019-04-01 13.12.19

 おつかれさまです。@gorolibです。

 新しい元号が「令和」に決まりましたね。私自身、元号が変わるのは2回目ですが、そうそう立ち会えるものではありません。初めて日本の古典から選定されたとのことで、響きもスタイリッシュですし、安倍首相の談話からは「令和」の背景はとてもよく考えられていて、なんだか誇らしい気分です。良かったですね!

 平成が発表されたとき、かろうじて家にはNECのPC-8801がありましたが、通信はしておりませんでした。スマートフォンはおろか携帯電話もなく、テレビはブラウン管でした。そのテレビの前で友人たちと平成の発表を見ていた気がします。

 今日は「平成最後のスクリプトですっ!」などと書きたい気分ですが、新元号の発表があるだけで、平成はもうちょい続くんですよね…勘違いしちゃいます(^_^;)

 さて、今回は「何両編成の何号車みたいなデザイン」がサクッとできるスクリプトです。パスアイテムと半角数字を選んで、全部でいくつか?を指定すると、選択した数字のみ反転(白抜き)にして仕上げます。

スクリーンショット 2019-04-01 12.35.13


 全部でいくつか?は20を制限としています(制限しないとカオスになるので…)。選択した数字が20を超える場合は、反転なしで車列ができますので、裏ワザ的に使えると思います。


■ クローズドパスなら大丈夫です^ ^

 サンプルのパスアイテムは長方形ですが、クローズドパスならなんでも(円でも)構いません。

 また、上下左右の展開が選べますので、建物内の階数表記やエレベータなどにも、便利にご利用いただければ幸いです。
タイトルなし2

■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし
スクリーンショット 2019-04-01 13.12.19

【スクリプトファイル名】
G656_nangosha.jsx

【使い方】
(1)対象となる数字(半角のテキスト)とパスアイテムを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)全部でいくつか?を指定します
(4)展開方向(上下左右)を指定します

【仕様】
(1)反転部分は線色と塗り色を入れ替えます
(2)反転部分はテキストをCMYK白にします
(3)テキストとパスアイテムの位置関係は変えずに複製します
(4)線なしやオープンパスでは反応しません
(5)テキストが数字ではない場合も反応しません
(6)パスアイテムの幅(上下の場合は高さ)で複製します
(7)全部で20を超える場合は白抜きは作成せず、20で止めます
(8)選択された数字を白抜きにします


お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4