※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

※この製品は、macOS High Sierra + Illustrator CC2017にて検証済みです。


■ テキストを近くに寄せて行くだけ!
(クリックで動きます)
タイトルなし


 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですが「選択する」という行為は面倒です。

それ言っちゃう?(^_^;)

 はい、心からそう思うので、このブログでもたびたび取り組んでおります。

 オブジェクト指向という言葉ができて随分立ちますが「選択してからなんとかする」というコンピュータ処理は、現在では一般的です(その昔は、処理を選択してからオブジェクトを選ぶイメージでした)。

 ところが、Illustrator のような図形処理ソフトだと、その位置関係から「どう見ても、選択するまでもなく、それだろ!」ということはよくあります。

 そこで、この度「近くにあるものを対象とする」アルゴリズムを取り入れてみました。テキストを寄せて行き、スクリプトを起動すると、近くにあるテキストが入れ替わります。

■ 使い方の想定

 使い方の想定としては、地図などが考えられます。いったん仮の文字を置いておき、信号やバス停、コンビニという文字を寄せながら置き換えて行くと便利だと思います。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし

【スクリプトファイル名】

【使い方】
(1)入れ替え元のテキストを選択します
(2)入れ替え先のテキストに近づけます
(3)このスクリプトを起動します
(4)入れ替え先のテキスト内容が、入れ替え元のテキスト内容に入れ替わります

【仕様】
(1)いちばん近くのテキストが入れ替わります
(2)上下4通り、左右4通りの距離を測定して「近さ」を判定しています
IMG_20190301_0001

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4