■ 細かいですがこういうことが大事です^ ^

 おつかれさまです。@gorolibです。

 2019/02/15時点でも、相変わらず私のメインテキストエディタは、Simplenoteです。

 その起動の速さ、マルチデバイスの同期の速さ…どれをとっても軽快です。パーフェクトです。あらゆる文字入力の下書きに利用しています。

参考:Simplenote

 そんな Simplenoteですが、ふと iOS ならではの便利機能?を発見してしまいました。

 クリップボードを使わずに、自分の複製を作る方法です。

 例えば、私は新作スクリプト公開用のテンプレートを Simplenote に保存しています。このとき、新作のタイトルをクリップボードにコピーしつつ、テンプレートを使って記事を書こうとすると、どうしてもクリップボードがバッティングしてしまいます。

 いえ、もちろんクリップボード管理アプリがあるのでしょうが、それ系のアプリはどうもひと手間多いように感じられて、好きになれないのです。

 上記のようなケースでは、テンプレートに共有をかけて、Simplenote に送信します。

写真 2019-02-15 14 14 06


 つまり、Simplenote のひとつのメモを、Simplenoteに送るのですね。そうすると、クリップボードを使わずに、テンプレートを複製できます。

 そして、共有をかける際に、クリップボード内容(例えばタイトル)をペーストしておけば、新しい記事の下書きが、最新のメモで作成されるのです(トップに表示)。

 お役に立てれば幸いです!