※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

■面倒で仕方なかったので…(^_^;)
(クリックで動きます)

タイトルなし2
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 以前に、仮想ボディを基準に1文字づつバラバラにするスクリプトを作成しましたが、

参考:仮想ボディを基準として1文字ごとにバラバラにするスクリプト

そうではなく、すでにあるオブジェクトに対して、テキストをバラして当てはめるようなスクリプトが欲しいなぁと思ってしまいました。

 そこで、パスアイテムとテキストを選ぶと勝手に当てはめてくれるスクリプトを作成しましたので、ご利用ください。

 今回、あえてプレビュー境界に対応させていません。移動先のテキストの高さと位置は、テキストのバウンディングボックスの上端と、文字サイズを用いて計算しています。

 文字色は、移動先のパスアイテムに塗りがあれば塗り色に、塗りがなければ線色にします。塗り色も線色もなければ、元の文字色のままとします。古畑さんのロゴは、本家を意識しすぎて、すべて文字白になっているイメージですが、ちゃんと処理しています(笑)

■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)

タイトルなし2
タイトルなし

【スクリプトファイル名】
G634_adjustCharacters.jsx

【使い方】
(1)対象となるパスアイテムとテキストを選択します
(2)このスクリプトを起動します

【仕様】
(1)パスアイテムが選択されていない場合は反応しません
(2)テキストが選択されていない場合は反応しません
(3)テキストの文字数に対して、選択パスアイテムが足りない場合はそこで終了します
(4)パスアイテムに対して、テキストの文字数が足りない場合もそこで終了します
(5)パスアイテムに塗りがある場合は、文字色は白(cmyk=0,0,0,0)になります
(6)パスアイテムに塗りがなく、線色がある場合は、文字は線色になります
(7)テキストは1文字づつバラバラになりますが、いったん元の先頭文字の属性になります

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4