■ 過去のアプリをTime Machineから戻すときに参考になるかもです^ ^

 おつかれさまです。@gorolibです。

 私は、ほぼすべての文字入力をSimplenoteで行なっています。macOSでもiOSでも、これがないと生きていけません(大げさね)。

参考:Simplenote
 ところで、macOS版のSimplenoteでは、v1.3以降、日本語入力の変換時に文字化けすることが(v1.2で止まっておくべきことが)わかっていました。

 はい、わかっていたのです(2回目)

 ところが、生来の新しいもの好きというか、忘れっぽいというか(笑)「あれ、そろそろSimplenoteの変換バグって直ってたりすんのかな?」と、最新版にバージョンアップしてしまったのです。

 だめでした\(^o^)/

 日本語入力(というか2バイト文字全般でしょうけど)の変換時のバグはそのままでした。そこで、Time Machineから過去のバージョンを復元したのですが、今度は、

 The model configuration used to open the store is incompatible with the one that was used to create the store.

 というダイアログが出て、Simplenoteが異常終了してしまいます。

スクリーンショット 2019-01-26 1.21.06

 これをGoogle翻訳にかますと、

「ストアを開くために使用されたモデル構成は、ストアを作成するために使用されたものと互換性がありません。」

 となります。おお!わかったようでわからないぜぇ?(笑)

 おそらく「モデル構成」なるものを記述したファイルがどこかにあって、それと辻褄が合わないぜ?ということなのでしょう。

 plist系かと思い、Simplenoteに関するplistを削除してみましたが、直らないw

 storeなるものが、App Storeのことなのか、それともシステム開発で言うところの「ライブラリ」的な専門用語なのかはわかりませんが、

 /Users/(USERNAME)/Library/Containers/com.automattic.SimplenoteMac/Data/Library/Simplenote/Simplenote.storedata

 なるものを見つけ、これを削除したところ、無事復旧しました!

 その代わり、まっさらな状態から同期がスタートして、タグはぜーんぶなくなりますので、ご承知おきくださいませ。

 まあ、v1.3以降の日本語変換バグより全然いいです!おかえり!Simplenote

 ということで「ついうっかり」からの復旧が、半日がかりだったことをご報告いたしますorz

 お役に立てれば幸いです!