※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

■ロゴデザインは余白が命です!
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 私は、もはや何屋さんかわからなくなってしまいましたが(笑)、本来は「ロゴデザイン中心のグラフィックデザイナー」であります。

 唐突ですが、ロゴデザインの校正紙は余白が命です!ここでいう校正紙とは、アートボードだと思ってください。

 私は、デザインの中身をだいたいアートボード幅の3分の2に収め、両端に6分の1の余白を付けることにしています。これが、経験上きれいに見える大きさです。

20190122_114719_2

 候補案は、アートボードのいろんなところで「あーじゃねー、こーじゃねー」と、ちょこちょこ修正しながら仕上げていきますが、これを余白を意識して、校正紙に並べるのが面倒でした。

 そこで、候補案を選択しておくと、アートボードを候補案分だけ作成し、アートボード幅の3分の2に収め、水平垂直中心に配置してくれるスクリプトを作成しましたので、ご利用くださいませ。

スクリーンショット 2019-01-22 12.20.55

スクリーンショット 2019-01-22 12.20.59

 あとは、トンボ付きのPDFか(トンボ付きのほうがプロっぽい^ ^)、アートボードサイズでPNG出力して、校正紙にするかという感じですね。

参考:【無料】各アートボードをデスクトップにサクッとPNG出力するスクリプト


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし
【スクリプトファイル名】
G630_LayoutLogo.jsx

【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します。
(2)このスクリプトを起動します。

【仕様】
(1)選択オブジェクト分だけアートボードを追加します。
(2)追加されるアートボードはアクティブアートボードの大きさです。
(3)アートボードはアクティブアートボードの右隣に20ポイント空けて追加していきます。
(4)選択オブジェクトは座標順(左上から右下)に処理します。
(5)元のオブジェクトは削除しません。
(6)プレビュー境界に対応しています。
(7)選択オブジェクト単位で処理しますので、適宜グループ化してください。
(8)選択オブジェクトはアートボード幅の3分の2にします。

お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4