※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)

■ 段ボール屋さんの需要がありました
スクリーンショット 2019-01-17 17.33.49

スクリーンショット 2019-01-17 17.34.04
 おつかれさまです。@gorolibです。

 このところ、立て続けに段ボール屋さんから、オーダーメイドスクリプトの注文をいただいています。ありがとうございます!

参考:イラストレーター用スクリプトの受注生産を承ります : GOROLIB DESIGN #はやさはちから

 これまで、段ボール箱の展開図って、完全にCADの世界だと思っていたのですが、Illustratorで作っていらっしゃるところもあるのですね!勉強不足でした。

 まあ、段ボールの面にロゴを印刷することもありますし、印刷物と捉えればIllustratorなのかもしれません。

 段ボールの展開図については、各社各様のようです。かなり細かい決まりがあるようで、統一はできそうにないのですが、それでも困っている方に「簡易版」としてお届けができそうですので、公開いたします。

 正面、側面、高さ、フラップ、ジョイントを入力すると、展開図を生成します。

スクリーンショット 2019-01-17 17.33.49

 フラップというのは、段ボールのフタのことです。上にも下にもありますね。

 カスタマイズのご希望があれば、お見積もりいたしますので、こちらまでお送りくださいませ。

20180917_193644_10


■今回のスクリプト情報
スクリーンショット 2019-01-17 17.34.04

スクリーンショット 2019-01-17 17.33.49

【スクリプトファイル名】
G629_danballTenkai.jsx

【使い方】
(1)新規ドキュメントを用意します
(2)このスクリプトを起動します
(3)正面、側面、高さ、フラップ、ジョイントを入力してOKボタンを押します。

【仕様】
(1)展開図は実寸で作成します
(2)CS6以上でご利用ください
(3)各面の線幅は1ポイント、寸法線は2ポイント固定です
(4)寸法値の文字サイズは60ポイントです
(5)寸法線の両端は、線パネルの「矢印21」番を使っています
スクリーンショット 2019-01-17 18.12.20


お役に立てれば幸いです!

※CS6以上でご利用くださいませ。

20180917_193644_5
20180917_193644_4