※このスクリプトはどのマガジンにも含まれない単品販売商品となります。

20181201_032800_1


20180917_193644_15

■ A4チラシを全自動で作成します!

※これは、実際にこのスクリプトで作成したチラシです
スクリーンショット 2018-11-14 20.37.18
(指示画面)
スクリーンショット 2018-11-14 20.35.41
(サンプル動画)

  おつかれさまです。@gorolibです。

 この度、スクリプト開発人生の集大成(大げさではなく!)ともいうべき、「イラレで全自動チラシ for macOS」が完成しましたので、公開いたします。

 素材(以下、事前準備を参照ください)をご用意いただくだけで、1分もかからずにチラシが作成できます。上記のサンプル動画を参照ください。

■ Illustratorはレイアウトソフトである

 私は、チラシの作成工程を以下3つに大別しています。

(A)素材集め
(B)レイアウト
(C)お化粧

 今回のスクリプトは、Bに当たるものであり、それを愚直なまでにパターン化したものです。レイアウトを大別すると、以下のようになります。

(1)キャッチコピー
(2)画像
(3)タイトル
(4)サブタイトル+本文
(5)シグ情報(ロゴ、会社名、住所、電話、メール等の連絡先)

 このレイアウトのために、素材集めをすることになります。逆に言えば、これらの素材が集まっていない限り、チラシのデザインはできません。Illustratorを起動する必要もないのです。

20180917_193644_15

■集める素材の意味合いついて

 チラシとは「人さまの商品の販促活動のお手伝い」ですから、いかにその商品を魅力的に見せるかが勝負です。

 そのためには、やはりビジュアルが圧倒的です。惹きつける写真を大きく載せるべきです。Webデザインの世界では、ビッグフォトと言って、ページトップに大きな画像を配置するのが、廃れることなく主流となっています。チラシでもこれは同様です。

 次に構造分析を行い、その商品を手に入れるとどんな良いことあるのかを整理します。これがタイトルやキャッチコピーになります。商品の構造分析には「なにこれカード」が便利です。

 参考:はじめての広告デザインにどうぞ!なにこれカードの使い方

 画像とタイトル、キャッチコピーの3点を使って、いったいどんな商品か、どんな良いことがあるのかをアピールするのです。サブタイトルと本文は、それを補足ものであり「完全にその商品が欲しくなる」ための、仕上げとなります。

■ ワンパターンに陥らないのか?

 このスクリプトで作成されるチラシのレイアウトは、たったの1種類です。しかし、これでいいのです。チラシの作成工程をもう一度見てみましょう。

(A)素材集め
(B)レイアウト
(C)お化粧

 商品の構造分析を行い、それを素材として抽出し、レイアウトした後に、お化粧をしていくのです。チラシは、文字通り、お化粧次第でどのようにも「化ける」のです。

■ 写真の数を変えてみる

 例えば、写真の数を変えてみましょう。先ほど、Webデザインにおける「ビッグフォト」のお話をしましたが、1枚と3枚では全くイメージは異なります。
【3枚の場合】
スクリーンショット 2018-11-14 20.37.18

【1枚の場合】
スクリーンショット 2018-11-14 21.01.14
スクリーンショット 2018-11-14 21.01.56
 ちなみにですが、ちゃんと3ミリの塗り足しもついています。
スクリーンショット 2018-11-14 21.43.02

20180917_193644_15

■ フォントを変えてみる

 このスクリプトでは、Illustratorのデフォルトフォントである「小塚ゴシック Pr6N」を使っていますが、一般的にゴシック体と明朝体では、以下のようなイメージの違いがあります。

・ゴシック体(セリフ)…カジュアル、ポップ、商業的
・明朝体(サンセリフ)…叙情、情念、情感

 もっと言えば、そのイメージは「商品の構造分析」から抽出されるはずであり、デザイン以前の問題となります。例えば、星座観測ツアーの場合は、明朝体にして、情念に訴えかけたほうが良い感じになります。
スクリーンショット 2018-11-14 21.12.24
スクリーンショット 2018-11-14 21.12.48

 このように、特別な要素を加えなくても、少しお化粧するだけで、ガラッとイメージは変わるのです。全自動だからと言って、作成されたものを変更してはいけないルールはありません。

■お化粧でふんだんに遊べる

 実は、このスクリプトの真髄はそこにあります。具体的には「レイアウトで疲弊せず、お化粧でふんだんに遊べる」のです。

 デザイン業界の最先端を行くならまだしも、商品やサービスのアピールをするチラシであれば、そのレイアウトはだいたい固定的になると考えます。

■サンプルスクリプトをお試しください

 今回のスクリプトは、macOS の Illustrator CC 以上であれば、動くように設計していますが、万が一ということがありますので、サンプルスクリプトをご用意しました。ご購入の前に、こちらでお試しください。

 サンプルスクリプトは、キャッチコピーと写真素材1枚(塗り足しなし)のみとなります。
20180917_193644_13

■【特典1】1ヶ月のメールサポートをサービスします!

 今回のスクリプトをご購入のお客様には、1ヶ月間のメールサポートサービスをご提供いたします。noteのリンク「クリエイターへのお問い合わせ」から、メッセージをお送りください。メールでのお問い合わせにお答えします(ご購入日から1ヶ月間)。

■【特典2】 簡易なカスタマイズに対応します!(1回のみ)

 また、今回のスクリプトをご購入のお客様に向けて、1回のみ、簡易なカスタマイズに対応します。フォントを変更してほしい、初期値を変更してほしいなどの簡易なリクエストにお応えします。なお、当初の仕様から大きく外れるご要望の場合は、別途お見積もりさせていただき、オーダーメイド製品としてご注文をお受けします。こちらも、noteのリンク「クリエイターへのお問い合わせ」から、メッセージをお送りくださいませ。
20180917_193644_14

■今回のスクリプト情報

【スクリプトファイル名】
G606_autoChirashi.jsx

【事前準備】
(1)以下の素材をテキストで用意しておきます
・キャッチコピー
・タイトル
・サブタイトル
・本文
・会社名
・住所
・電話
・メール等

【参考:以下のテキストを無料サンプルに含めました】
スクリーンショット 2018-11-14 20.24.30

(2)以下の素材を用意しておきます
・写真素材
・ロゴ


【使い方】
(1)A4サイズの空のアートボードを1つ用意します
(2)このスクリプトを起動します
(3)テキスト素材を指示画面にそれぞれ貼り付けます

スクリーンショット 2018-11-14 20.35.41
(4)写真素材を選択します(複数OK)

スクリーンショット 2018-11-14 22.16.58
(5)ロゴデータを選択します(1つだけ)
スクリーンショット 2018-11-14 22.17.03

【仕様】
(1)写真素材が複数選択された場合は列に分解し、両端の画像に塗り足しをつけます
(2)写真素材が1枚の場合は、両端に塗り足しをつけます
(3)写真素材、ロゴデータはクリッピングマスクでリンク配置となります
(4)フォントは「小塚ゴシック Pr6N」固定です(Bold、Heavy、Regularを使います)
(5)サイズはA4タテ限定です。スクリプト起動前に「A4サイズの空のアートボードを1つ」ご用意ください
(6)なお、住所、電話、メール等の項目内容は、適宜入れ替えてご利用ください(行の位置以外に違いはありません)


 その他、詳しい仕様は、無料サンプルaiデータのダウンロードにて、ご確認くださいませ


 ご購入の前に、サンプルスクリプトが動くかどうかお試しください。サンプルスクリプトは、キャッチコピーと写真素材1枚(塗り足しなし)のみとなります。
20180917_193644_13
 お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_12
20180917_193644_15