※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています

 参考:スクリプト使い放題マガジン2(月額)もごひいきに(初月無料です)


■A3で何枚分なの?という要望があります
(クリックで動きます)

スクリーンショット 2018-11-11 8.45.23
タイトルなし
 みなさま、おつかれさまです。@gorolibです。

 DTP案件では、「このくらいの大きさ」という前提が普通ですが、たまに「A3サイズで何枚分くらいならいける?」という仕事があります。

 オフィスの複合機で、ポスター印刷(タイル印刷)するパターンです。

 オフィスの複合機では、用紙の余白が5〜6ミリ出ますので、タイル印刷の重なりを30ミリくらいにする必要がありますが、それを意識してアートボードサイズを作るのは、なかなか難儀します。

 そこで、アクティブアートボードを基準とし、重なりと、ヨコとタテの枚数を指定して、アクティブアートボードサイズを変更するスクリプトを作成しましたので、ご利用くださいませ。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
スクリーンショット 2018-11-11 8.45.23
タイトルなし
【スクリプトファイル名】
G603_TileWari.jsx

【使い方】
(1)用紙サイズのアートボードをアクティブにします
(2)このスクリプトを起動します
(3)ヨコとタテの枚数を指定します
(4)タイル割の重なりを指定します

【仕様】
(1)用紙サイズはガイドにして配置します


お役に立てれば幸いです!

20180917_193644_5
20180917_193644_4