※このスクリプトは、スクリプト使い放題マガジン2(初月無料)に含まれています



■ご近所さんいらっしゃ〜い(笑)
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 こちらも、先日の作戦会議で @Uya_Fritillaria 宇都宮さんからナイスアイデアをいただいた、スクリプトです。

「ごちゃごちゃしてるけどグループ化されてないw」オブジェクト群を、いっぺんに選択するものです。

 仕事の種類によっては、CADソフトからデータをもらって、Illustratorで加工するということがあります。このとき、タイルの目地とかレンガ積とか、「ごちゃごちゃしてるけどグループ化されてない」ものって、よくあるのです。なので、選択オブジェクトの近所をグングン選択するスクリプトを作成いたしましたので、ご利用ください。

■近所の定義

 近所とは、どのくらい近い部分を指すかというと、ダイアログで指定します。

48


 サンプルは20pxで並んでいるオブジェクトですが、これを21pxとすることで、お隣さんを「近所」とみなします。

 最初のオブジェクトから21pxの範囲にあるものを選択。次は、その範囲プラス21pxの範囲の中にあるオブジェクト選択して、対象がなくなるまで処理を続けます。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択オブジェクトの近所をグングン選択するスクリプトです


【スクリプトファイル名】
G508_selectNear.jsx

※なお、数字と単位をファイル名に埋め込むと、入力ダイアログをショートカットできます
例:G508_selectNear_21_px.jsx(近接オブジェクトまでの距離を21pxとし、入力ダイアログは表示しません)


【使い方】
(1)全体を選択したいオブジェクト群の一部を選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)近接するオブジェクトまでの距離を指定します
(4)対象となるオブジェクトを順次選択していきます


【仕様】
(1)近接するオブジェクトまでの距離を指定の単位は、環境設定の値を使用しています
  環境設定>単位>一般
(2)選択オブジェクトの最大範囲(バウンディングボックス)を指定距離だけオフセット的に広げて対象範囲とします
(3)その範囲に含まれるオブジェクトは選択状態にして、さらに指定距離だけ広げます
(4)新たに選択されるオブジェクトがなくなるまで範囲を広げます
(5)ガイド、ロックされたオブジェクト、ロックされたレイヤーのオブジェクトは対象外です


※サンプルはオブジェクト間の距離を20px、指定距離を21pxにしています
※また、一部のオブジェクトをロック、レイヤーロックにしています(なので、選択されていません)


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから