■良くなる前にいったんわるくなる(こともある)

 おつかれさまです。@gorolibです。

 今年は5月にガンが見つかって以来、いろいろと体によいものを取り入れています。ご心配をおかけしましたが術後の経過も良好で、声も少しづつ出てきました。

 まあ一口に体に良いものと言ってもキリがありませんので、
 ・手軽で安価なものを
 ・試してみて
 ・実際に効果があれば
 ・続けてみる
という方針でやっております(習慣がたくさんあるのは性に合わないので^ ^;;)。

 その中で割と続いているものに「万能酵母液」があります。

 ■万能酵母液 - ホーム
 http://www.bannoukouboeki.com/

 作り方はこちらに載っています。こちらは玄米酵母液という名称です(雑誌の特性上「万能」という単語を避けたと思われます)
 ゆほびか 2017年 11月号
 http://amzn.to/2fKzz09

 「え?ほんと?」というくらい万能です(笑)。何にでも効果あります。信じるか信じないかはあなた次第!なのですが、カラダの内外でいろんなものに効果あるようです。掃除にも!

 材料が極めて安価で、かつ教祖様らしき人がいない(笑)のも好印象です。病気の周りにはアヤしいビジネスがうごめいているのが今年はよくわかりました。よわみにつけこむ商売は感心しませんな。

 私はおめでたい人間なので(笑)、この万能酵母液は、まあよく効いている気がします。手術の傷跡が日に日にうすくなり、お通じが最高に良くなり、むかし患った円形脱毛症の跡からモサモサと毛が生えてきました。8割方プラシーボ効果かもしれませんが、DNAの修復に効果があると言われると、ガン患者としてはうれしいものです(ガンとはDNAの損傷による細胞の異常増殖なので)

■好転反応かも?というフェーズを設けよう

 一般的にカラダによいとされるモノや行為には、好転反応というものがつきまといます。厳密には違うのですが「マッサージによる揉み返し的なもの」と考えていただければ幸いです。

 カラダが良方に向かう前に「見かけ上、カラダがわるくなったように見える」フェーズがあるのです。例えばお通じが良くなる前に、いったんゆるくなるというようなことです。

 少し気づいたのは、似たようなことが夢の実現においてもありそうだということ。ビジネスで成功した人や芸能人のサクセスストーリーを鑑みると「苦節○○年。よし覚悟を決めた!これで最後だ。これで上手くいかなかったらキレイさっぱりあきらめよう」という時に大成功した、という話はよく聞きます。

 好転反応という言葉を知っていると、夢の実現に向けて、上手くいかない、なんならちょっとわるくなってるなーという時でも「好転反応かもしれない」とやり過ごせる気がするのです。

 成功の神様はドラマティックがお好きだと言いますし(わざわざ試練を与えて、成功した時の喜びを倍増させる)、諦めたらそこで終わりとスラムダンクの安西先生もおっしゃってますので、もうちょいやってみるのが吉です。もちろん無理は禁物ですが…。