■B1サイズと四六判をだいたい同じとしちゃえばいいんです!

 おつかれさまです。@gorolibです。

 先日B1サイズのポスター制作を承り、コート110kgにて100枚納品したのですが「何キロくらいになる?」に即答できず、猛省いたしました…

 あらためて勉強しましたので情報共有いたします。

 コート110kgの「110kg」とは連量と呼ばれる単位であり、1000枚単位の紙の重さです。つまりコート110という用紙が1000枚重なると110kgになるのですが、1枚あたりの大きさの識別がなかなかに面倒なのです。

 結論から言えば、四六判と呼ばれるサイズが1000枚重なって110kgになります。正確には連量には四六判ベースと菊判ベースがあるのですが、私の知る範囲の印刷通販屋さんではほとんどが四六判ベースです(念のため確認はお願いいたします)

 では四六判の大きさはというと、これがA判ともB判とも関係がないww。ただ今回勉強してわかったのは、B1サイズと四六判は「だいたい同じ」ということです。
 ・四六判:788 × 1091
 ・B1サイズ:728 × 1030


 まあざっくりした重さを出すには「だいたい同じ」として計算すればいいんじゃないかと思いました。

 具体的はコート110のB1サイズ1000枚ならば、110kgということです。100枚なら11kg。これならわかりやすいでしょう?

 もちろん紙の重さのみですので、インクの重さと梱包(ダンボールなど)を含めたら、100枚だったら12〜13kgですかねぇと即答できます。

 じゃあA判はどうすんだよ!というご意見が聞こえてきそうですが、まあだいたいポスターってB判ですよね?駅貼りの一般的なサイズがB1、階段の踊り場なんかにあるミニサイズがB2、電車の中吊りがB3ですから、半分の半分の…とすればいいですよね。例えばコート110のB3サイズ100枚ならば、110kgの1/10の半分の半分、2.75kg。梱包含めると3〜4kgといった感じです。

 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。