■塗り色vs線色、線色vs文字色などかなり気を利かせました^ ^
(クリックで動きます)
タイトルなし

 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですが、Illustratorで2つのオブジェクトの色の入れ替えってどうされていますか?スウォッチやカラーパネル、スポイトツール、グラフィックスタイルなどを使うのが一般的かと思います。

 どれもシンプルで、その生産性を疑いようのないオペレーションですが、これって「なんらかの中間媒体」を介さないとできないのですね。中間媒体とは上記スウォッチをはじめとしたツールです。金魚とメダカの水槽の入れ替え同様「一時的にとっておくバケツ」が必要なのです。

 今までにも何種類かの入替スクリプトをご提案していますが、その開発理由は私はこの「一時的バケツ」をとてつもなく面倒くさがっているからなのです、はい…。


■シンプルだが気が利いている!(自分で^ ^)

 今回のスクリプト、機能は非常に単純ですが気が利いてます。その分、中身はちょいとややこしくなってますが…。

 まず入れ替えなので、オブジェクト選択は2つのみです(これはいいか)。

 オブジェクト2つがパスアイテムの場合、塗り色、線色を入れ替えます。入れ替える条件はそれぞれ「お互いに塗り色があるとき」「お互いに線色があるとき」になります。例えば塗り色はあっても、いずれかが線なしの場合は、塗り色のみ入れ替えます。

 また、文字にも色はつけられますので「文字色と塗り色」「文字色と線色」も入れ替え可能です。ただし文字の線色は無視します。

 なんだまとめてみたら、そんなに複雑じゃないや(笑)。いえ、スクリプト内ではパスアイテムの塗り色と文字で塗り色の扱いは別なので、内部処理がややこしくなっているだけでした。


■今回のスクリプト情報
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】
選択された2つのオブジェクトの色を入れ替えます

【スクリプトファイル名】
G375_ReplaceColor.jsx

【使い方】
(1)色を入れ替えたいオブジェクトを2つ選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)塗り色と塗り色、線色と線色、塗り色と線色、塗り色と文字色、線と文字色がそれぞれ入れ替わります。

【仕様】
(1)選択オブジェクトは2つ限定です
(2)互いを特定できない場合(例:線ありと線なし)は入れ替えません。
(3)文字の線色には対応していません(文字色のみ対応)

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(追記170813)
文字の内容(contents)を入れ替えるスクリプトを追加しましたー

G380_ReplaceContents.jsx

(クリックで動きます)
タイトルなし


■ダウンロードはこちらから