IMG_20170723_0003


■お医者さんみたいに書いてあげてください 

 おつかれさまです。@gorolibです。

 私はむかしから要件の優先順位をつけるのが苦手です。

 家人には「期限が決まっているのだから、今日はAを何割やって、Bを何割やって…と計画すればいいじゃない?」と言われるのですが、それができないのですね。次々と要件を言われることを「渋滞しちゃうからやめてー!」とおそれております。

 ただ、これでもアラフィフでございまして、何十年と社会人をやってますから、進捗も納期も守ります。計画だってちゃんと立てることができます。見かけ上はね…(笑)

 実際にはやることがいっぺんにおそってきて、右往左往しているというのが私の人生でした。中間テストも夏休みの宿題も受験勉強も仕事も全部そうでした。

 やることがいっぺんにおそってきて、いっぺんに片付けないと気が済まないのです。

 これって今で言えば、発達障害の一種みたいですね。ただ病名みたいにネーミングしちゃうとその「レッテル感」たるやひどい。そんなこと言われたら、こどもだったらひどく傷つきますよね。

 私は自分のこういう性格を熟知しているので、一切合切を「午前中はこれ、午後はこれ、これは明日」と紙に書き出すのを何十年と続けております。それで十分間に合っています。

 成長期のこどもにもそういうことあるようで(もうどうしたらいいかわからなくなっている)、そういうお子さんには「やることカルテ」をつけてあげてください。

■スッキリした後に爆発的な集中力が!

 たいていやることが渋滞して「あれもやんなきゃ、これもやんなきゃ!どうしよう」とパニックになっていますから、それをお医者さんのように、紙に書き留めてあげるのです。自分でできるようになるまでは、その「やんなきゃ!」をひとつひとつ、こちらで書き出してあげるのです。だからやることリストじゃなくて「やることカルテ」。

 「はい、これね、もうひとつ、これね…。あーこれはもうやんなくていいよ、これは来週でいいよ」と書き出していく。たくさん書けるように大きい紙がおすすめです(A4横でいいかな)。「もうない?あとは?おしまい?」と、お子さんのアタマの中をぜーんぶ紙に書いてあげましょう。こうすると不思議なことに、さっきまであんなに騒いでいたこどもがスーっと落ち着いてきます。

 そして爆発的な集中力を見せます。そう、優先順が決められない人たちは、ただアタマの中が渋滞しているだけで、交通整理してあげればものすごい集中力を見せるのです。

 紙と鉛筆さえあればすぐできます。ぜひお試しください。
 
 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。