写真 2017-07-13 13 01 06


■A5サイズ(ニーモシネ)なら高さ19センチで画角ピッタリ!

 おつかれさまです。@gorolibです。

 唐突ですが、iPhoneがスキャナーになったらなぁ…と考える方は多いのではないでしょうか。私もそうでした。そりゃ個人事業主だってスキャナーくらいありますよ、ないと仕事になりませんから。ウチにもアマゾンでよく売れている「可もなく不可もないスキャナー(失礼!)」があります。


 でもスキャナーの取り扱いってなんか面倒じゃないですか?スキャナー付き複合機のある高級オフィスならまだしも「可もなく不可もないスキャナー」だって結構なステップ数を踏みます。

(1)スキャナーを取り出す
(2)ケーブルをPCに接続
(3)フタ開ける
(4)スキャン対象を乗せる
(5)フタ閉める
(6)スキャンアプリを起動する(データはDropboxに直接保管なので放置OK)
(7)フタ開ける
(8)スキャン対象を片付ける
(9)フタ閉める
(10)ケーブルをPCから外す
(11)スキャナーを収納する

 置きっ放し・接続しっぱなしでいいじゃんか!

 という貴兄もいらっしゃるかと思いますが、イヤなんです…そこらに道具が出っ放しの部屋。例えばフラットベッドスキャナーを平置きすると、つい何か乗せたくなります(そうすると使うときに上のものをどかす必要がある)。私の場合スキャナーは本棚に立てかけてあり、使うときに接続します。ただケーブルの収納はさすがに面倒なので巻き取り式のやつを付けっ放しです。


■iPhoneってスキャナーにならないの?


 カメラ、ビデオ、音楽プレイヤー…さまざまな家電製品がiPhoneアプリに取って代わりましたが、スキャナーだけはなんともならない。いえ「スキャナーアプリ」なるものはたくさんありますよ、念のため。そうじゃないんです。スキャナーって言い換えれば「焦点距離ゼロのカメラ」なんですね。だからiPhoneというハードウェアではどうにもならんわけです。ぴったりくっつけたら真っ暗ですから^ ^

 しかしカメラを水平に保って手ブレなく撮影できれば「スキャナー代わり」にはなる。この固定する台がほしかったのです。

 実は昔ちょっと調べたとき、オサレなものがあることは知っていたのですが、大げさなものはいらなかったので…。

 参考:PFU SnapLite スナップライト [調光5段階・調色2色 450lm]PD-SL01


■全国の絵師さんはやっていた!



 そこで上のようなツイートをしたところ「100均グッズを使って簡易スキャナーができる」というありがたいコメントをいただきました。私はイラストはやりませんが、全国の絵師さんはやっておられるようです。さすがアタマいいですね。


 私はいつもニーモシネというA5サイズの方眼ノート(他サイズもあり)にメモやらスケッチやらを描いています。蛇足ですが、このノートがまた超ウルトラスーパー書き心地がよく離れられません。私はロゴデザインの仕事が多いのでロゴもスケッチします。そのトレースにスキャン画像を利用しています。




■100均で十分でした^ ^


 さっそくA5サイズをスキャンするための台を買うことにしました。iPhoneのレンズからの距離を測ると19センチでした。

 19センチ、19センチ…

 とつぶやきながら(メモしろよ。笑)、10時の開店と同時に100円ショップに駆け込み、写真のようなスカスカの台を買ってきました。なんとピッタリ19センチの商品が!せっかちの神様はやさしい(笑)
写真 2017-07-13 13 22 39

 スカスカなのは影が落ちないように、そしてレンズが塞がれないようにという2つの理由です。結論として写真のような形状の台で十分でした。ただ昼間の自然光はよくても、夜間室内やスポットライトでは影が入るかも知れません。

 念のため商品名を入れてありますが、多種多様な100均ショップで同じ商品を探すのは困難と思われます。スカスカの台ならば19センチにこだわる必要はありません。もっと言えば「アンタ、いつもA5サイズいっぱいいっぱいにスケッチしてるのかい?」ということです。接近して撮影すれば解像度は高いわけで、何種類か挑戦してみてください。スカスカでさえあれば、もっと低くてもよいかも知れません。

 実際によくスキャンしている用紙サイズ(およびスケッチのサイズ)をiPhoneカメラで撮影してみて、その距離を実測するのがいちばんです。

 もちろん撮影しながらその距離は測れないので、

 今、今よ!測って、測ってー!

 と誰かに頼んでみてください(笑)

 また厳密にはスキャンではないので(実寸ではない)、Illustratorでロゴを作る、プリントして手書きで微調整、またスキャンしてロゴトレースという作業には向きません(もっとも撮影距離は固定なので、いったん印刷サイズとIllustrator上のサイズを合わせてしまえば、できるかも)


 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。