■お試し無料!おトクな4本セットです!(通販風)

 おつかれさまです。@gorolibです。

 こちらは懲りずに何度もチャレンジしております、自動レイアウトのスクリプトです。将来的には何もさわらずにレイアウト完了するのを目指していますが、亀の歩みでございます。人工知能のプログラミングを勉強しなきゃだめかしら。自動レイアウトについては2016年に火がついて何度かトライしておりますが、結果は芳しくありま千円\(^o^)/


 今回またひらめいて、同じようなスクリプトではありますが、少しは使えそうなので公開いたします。2種類で2本づつ、計4本セットです。
(クリックで動きます)
タイトルなし2


■今回のスクリプト情報(ダウンロード無料です)
(クリックで動きます)
タイトルなし


【スクリプト概要】(リンクは直接ダウンロードとなります)
(A)2つのオブジェクトの幅と高さから長方形を自動生成します

 2つのオブジェクトを指定して起動してください。Rは右側のスキマに、Lは左側のスキマに長方形を自動生成します。
 右側で説明しますと2つのオブジェクトの左側の高さとY座標、右側の幅とX座標を使って、長方形をつくります。塗り色はK=20固定です。


(B)指定したスキマまで引っ張ります(タテ・ヨコ)

【使い方】
(1)2つのオブジェクトを指定します
(2)このスクリプトを起動します

 2つのオブジェクトを指定して起動してください。タテは下側を、ヨコは右側を引っ張ります。スキマは環境設定>キー入力の値を使います。
 もしここが3ミリの設定ならば、スキマを3ミリまで引っ張ってきます。
06


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


(検証資料のダウンロードはこちらから)