■スゴいアプリ見つけました
\(^o^)/

 おつかれさまです。@gorolibです。

 いやぁ今回はいつにも増して「はやさはちから」というサブタイトルにふさわしいお題ですね。そう、文字入力を根底から見直します。

 Illustratorのスクリプトはだいぶ充実してきました。制作に使うスクリプト(自作、他作を問わず)およびそのショートカットも固定化しまして、極めて快適な毎日を過ごしております。こうなると制作のボトルネックは移動するもので、昨今は文字入力の遅さが目立ってきました。


 まぁ今どきテキストデータ支給は当たり前ですので、制作側でパチパチ文字を入力するケースは希かもしれませんが、オンデマンド印刷店ではよくあるのです。店によっては「そっくり名刺」などと呼ばれるサービスメニューのことです。名刺が足りなくなったお客様が「これと同じの作ってー」と現物の名刺を持ち込み、それをそっくりに制作するケースですね。

 これはもう文字を入力するしかありません。いくらスクリプトを積み上げても、人間の視覚が読み取った文字をテキストデータにして、脳内からIllustratorに反映する技術はまだありません(あと20年くらい先かなぁ…)。まあ入力は最終手段として、先にその企業のWeb情報や郵便番号変換による住所入力は試します。郵便番号変換はWindowsの郵便番号辞書だけじゃなく、macOSでもできますのでお試しください。

■その名もOCRというアプリ

 ところが最近、文字解析がものすごく正確なその名もOCRというアプリを見つけました。今カメラで撮るか、保存してある画像をベースに解析するのですが、これが極めて優秀。

参考:画像、写真から文字を認識するOCRアプリ

(元の画像)

(解析結果)
(テキスト)
この通知書が届いた世帯は、子どもがいる世帯の減免を適用しています。
このて国民健康保険料減免承認決定通知書」が届いた世帯は、次の要件に該当するため、子どもがいる世帯の減免を
適用しています。
減免要件
賦課期日 (※1)現在において、19歳未満の被保険者(※2)が国民健康保険の被保険者である世帯主と
同一の世帯に属している。
※1 該当年度の4月1日。ただし、該当年度の4月2日以降に世帯として新規に国民健康保険に加入したとき|
その資格取得日
※2 次の条件にいずれも該当する被保険者
①該当年度の前年の12月末 時点で19歳未満である
②該当年度の前年の合計所得金額が38万円以下である
○減免額は次の方法で計算しています。

…以下略…


■15分が30秒になる!


 どうですか?かなり正確でしょう?実際現場で使ってみた感じは「そのまま使えるじゃん」というレベルでした。撮影して解析、結果をメール送信してIllustratorに貼り付けまでの時間を測定したところ30秒でした。まともに入力すれば15分はかかるので、15×60÷30=30倍!そう、30倍の効率化になるのです。これは軽い衝撃ですね。もちろん解析結果の校正は必要ですので念のため(不必要なスペースとか、1がアイに、0がオーになったりとか…このアプリだとほとんどないですが!)

 なお「活字になっているものの画像」をお勧めします。アプリ紹介では手書きOKと書いてありますが、手書き文字の解析は使いものになりませんでした。AcrobatのOCR機能はスキャンしなくてはいけないので手間がかかりますし、あれってちょっとでもナナメだと弱いですよね?

 ものは試し!OCRというアプリ使ってみてください。

 お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。