■ググるのがいちばんです

 おつかれさまです。@gorolibです。

 スクリプト開発のために参考にするページというのはいくつもあります。しかしある事柄について調査したのはいいが、代替手段で実現できちゃった場合などはその痕跡が残せないことがあります。

 あれ、あの情報どこだっけあれあれ!ということはよくあります。

 ブックマークやポケット、FacebookやTwitterでリンクを残すのもいいですが、どうもとっちらかってしまう。そこでこれらの情報元を細かく記載していくページを作ることにしました。自分のブログを自分でググっているのですから、世話はありませんねww

■参考サイト

(1)Illustrator Scripting
Adobeの公式ページなのにいつも見失いますww

1-1. ADOBE ILLUSTRATOR CC 2017 SCRIPTING REFERENCE: JAVASCRIPT
各種プロパティのことが書いてあります。もっともよく見る資料です。

1-2. JAVASCRIPT TOOLS GUIDE
"Scripting Access to XMP Metadata"のことが書いてあります。
なぜかCS5しか見つからなくなりましたがとりあえず。

(2)Adobe CC バージョン JavaScript リファレンス
openDialog()とか、fsNameなどのいわゆるJavaScriptの情報参照用

UnitValueをいつも忘れてしまうのです…。
参考:2つのオブジェクトの間隔をサクッと測るスクリプトです

ヘビロテでお世話になっているのに漏れていました…。

■参考フレーズ(よく忘れる書き方)

(1)自分のフルパス
app.activeDocument.fullName.fsName

(2)自分のフルパスのファイル名以外の部分を抽出
app.activeDocument.fullName.fsName.split("/").reverse().slice(1).reverse().join("/")


気づいた都度、更新していきます。お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。