■測らず調べずスキマを全体に反映します!   
(クリックで動きます)
タイトルなし

54

おつかれさまです。@gorolibです。

最近のスクリプト制作の傾向は、オブジェクトの等間隔でございます。スキマを計測したり、ある値をスキマとして反映させたりしています。

ただしこういうケースもあります。

もうすでに1箇所のスキマは決まっていて(動かしたくなくて)、それを選択範囲全体のオブジェクトのスキマに反映させたいというものです。

そこで最初のオブジェクトのスキマを、選択範囲全体のオブジェクトのスキマとして反映するスクリプトを公開いたします。


■1番目と2番目のオブジェクトのスキマを全体に


例えばタテに等間隔に並べる場合。

上から1番目と2番目のスキマは変更せずに、そのスキマを全体に反映させるのはかなり面倒です。普通にやると、

(1)1番目のオブジェクト下端のy座標をしらべる
(2)2番目のオブジェクト上端のy座標をしらべる
(3)(2)ー(1)を計算してメモる(このスキマにしたい)
(4)等間隔に分布させたいオブジェクト全体を選択する
(5)キーオブジェクトを選択する
(6)整列パネルを開く
(7)整列パネルのオプションを開く
(8)等間隔に分布の数値を(3)に設定する
(9)「垂直方向等間隔に分布」を行う
10


ぐはっ!(なにかポルターガイスト的なものをはきだした音)


こんなのやってらRENTA!


というわけで、早くビール飲んで昼寝がしたいあなたにこのスクリプトを贈ります (笑)

このスクリプトを使うと(1)〜(9)が1秒でできます\(^o^)/


■今回のスクリプト情報
タイトルなし

【スクリプト概要】
上端とその下(左端とその右)のオブジェクトのスキマを選択オブジェクト全体のスキマとして反映させます。

【ファイル名】
G274_SameSpaceTate.jsx
G275_SameSpaceYoko.jsx


【使い方】
(1)スキマを統一させたいオブジェクトをすべて選択します
(2)反映させるスキマが上および左に来るように選択します
(3)このスクリプトを起動します


【仕様】
(1)上端とその下(左端とその右)のオブジェクトは移動しません
(2)並び順としては上から(左から)3番目のオブジェクトから先が移動します


■ダウンロードはこちらから
https://note.mu/gorolib/n/n249756673eed


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。