■ついにっ!かゆいところに手が届きました!タテでもヨコでもOKです!   

(クリックで動きます)
タイトルなし

43

おつかれさまです。@gorolibです。

このブログでは頻出ですが、イラストレーターの文字入力オペレーションはやっかいです。

素人か!

と言われそうですが、やっかいなものはやっかいなのです…。

わるいところを並べ立てるのは気が引けますが、このスクリプトの背景説明のためやむなく…失礼いたします ^ ^;;

イラストレーターの文字入力オペレーションについて。

(1)まず文字入力スピード(入力後の反応)がおそい
(2)かな入力モードで文字ツール(ショートカットT)に持ち替えようとして失敗する
(3)かな入力モードで選択ツール(ショートカットV)に持ち替えようとして失敗する
(4)文字ツールのまま(テキストカーソルがアクティブのまま)、ドキュメントを保存しようとする(コントロール+S)と、テキストに「s」と追加されてしまう

等々…

素人か!(2回目)

そりゃ、キミのスキル不足だろ?ええ、ええ…そうなんですけど、失敗するものは仕方ない。つまり文字入力まわりは、

失敗しやすいオペレーション満載 

なのでございます。エスケープキーを上手に組み合わせればいいんですけどね。どうにもハンドリングがビューティフォーじゃないんです。


■文字ツールに持ち替えるから失敗する


私はなんでもかんでも「根底から見直す」のが好きなので、2016年9月時点では、この失敗は

できるだけ文字ツールに持ち替えない

ことで回避できそうです。先般、このコンセプトの元、イラストレーター上の文字をクリップボードの内容で入れ替えるスクリプトを公開しました。



■そして文字に追加できるようになりました!


この内容入れ替えのスクリプトはものすごくいい子。すごく役に立ちます。

私のマシンでは今ではショートカットF4という不動の地位(!)を確立しておりますが、いま一歩足りない!及ばない!と思われる機能がありました。

なんだろう、なんだろうと思っていたのですが、それは

追記

でした。そう、

・クリップボードの内容で入れ替えるだけではなく、
・クリップボードの内容の追記もしたかったのです。

これだ、これだわ!ずーっとかゆいところがかゆかったのですが(ん?当たり前か?)、やっと手が届きました!


■今回のスクリプト情報


(クリックで動きます)
タイトルなし



<スクリプトファイル名>
G189_AddContents.jsx


<使い方>
(1)テキストエディットなどで追記したい文字をクリップボードにコピーします。
(2)イラストレーター上で追記したい文字を選択します。
(3)このスクリプトを起動します。
43


<仕様>
(1)テキストオブジェクトをひとつだけ選択してください
(2)2つ以上選んでも反応しません
(3)選択オブジェクトの文字内容に、クリップボード文字の内容を追記します(改行コードをひとつはさんでいます)


※カスタマイズのキモっ!は今回ありません。


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから