■どんとこい!なんでもエリア文字に!高さも自動計算で   
(クリックで動きます)
1

おつかれさまです。@gorolibです。

先般公開しました
について。


いきなり出現もいいのですが、やっぱりなんらかの元オブジェクトを指定したほうが使いやすいので、選択オブジェクトの幅にて、クリップボード内容をエリア文字にするスクリプトを開発いたしました。


貼り付ける文字は事前にコピーしておいてください。
59

えーと、バウンディングボックスの幅がとれるならば元オブジェクトはなんでもいいです(笑)


トリッキーなことを言えば、こんなこともできますよ!
(クリックで動きます) 
2

まぁ単品の文字(それもアウトライン前)のサイズでエリア文字にするなんて、

酔狂にもほどが!

ありますけどね…。


RIOの文字よりも「少し大きいんじゃん?」と感じるのは、プレビュー境界オフのバウンディングボックスをエリア文字にしているからであり、
52
プレビュー境界オンにすればこうなります。
(クリックで動きます)
3

毎度自分で言ってますけど

芸がこまかいっ(笑)


(クリックで動きます)
1


<スクリプトファイル名>
G155_ToAreaText.jsx


<使い方>
(1)エリア文字にしたいオブジェクトを選択します。
(2)文字をクリップボードにコピーしておきます。
(3)このスクリプトを起動します。


<仕様>
(1)選択オブジェクトを新規エリア文字にします。

(2)そこにクリップボード内容を貼り付けます。

(3)標準文字スタイル+標準段落スタイルを踏襲します。
→サンプルではちゃっかり標準段落スタイルを「均等配置(最終行左揃え)」してます^ ^ 

(4)エリア文字の幅は選択オブジェクトを踏襲します。

(5)エリア文字の高さは仕様3から自動計算してピッタリにします。

(6)エリア文字オプションの「自動サイズ調整オン」は使っていません
→使いたいんですけど、わからないんです^ ^ ;; そのためマジメに計算して高さを出してます(笑)


※カスタマイズのキモっ!は今回ありません。


お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。


■ダウンロードはこちらから