(クリックで動きます)
タイトルなし

■これも手動で描けばめんどうな子。スクリプトにしてみましたー   

おつかれさまです。@gorolibです。

なかなかのわかりづらいタイトルで申し訳ありません。
なんていうんでしょう、こういうのです。
46
よく案内板やサインでありますよね?

リーフレットだと
・上に小さく「フリーダイヤル」
・下に大きく「電話番号」
みたいな表現といえばよいでしょうか。

こういうの、真面目に描くと(スクリプトがフマジメなわけではないのですが)

・上のオブジェクトの上下中央を基準にして、
・上のオブジェクトを避けるように
・左右にカギ状の線をつける
・下のオブジェクトとのアキは、上のオブジェクトの左右のアキとできれば同じがいい

という見ただけで「ああ、こりゃお茶タイムだな…」と引き気味になる描画でございます。

誰が作っても変わらないのなら、スクリプトでどうぞ。一瞬で描きますよぉ!

なお、これは教材としてカスタマイズするにはちょうどいいので、無料で公開します。
いずれメルマガで題材にしますので、どうぞご利用ください。



<スクリプトファイル名>
G116_MidashiLine.jsx

<使い方>
(1)オブジェクトを2つだけ選択します。
(2)このスクリプトを起動します。

<仕様>
(1)選択オブジェクトは2つ限定です。それ以外では反応しません。グループ化オブジェクトは1つとみなします。
(2)テキストでもパスアイテムでも大丈夫です。
(3)それぞれ非グループでしたら、プレビュー境界にもクリッピングマスクにも対応します。
(4)上のオブジェクトの左右のアキと、下のオブジェクトと先端のアキは1ミリ固定です。このアキのカスタマイズもメルマガにて題材にする予定です。
(5)線幅はいつものとおり、環境設定>キー入力の値です。サンプルでは0.25ミリでやってます。


※仕様3については、次のようなケースです。

上から2番目のサンプルの線は、上のオブジェクトの上下中央ではなさそう、下のオブジェクトのキワキワではなさそうに見えますよね?これはバウンディングボックスをベースにしているからです。
46
上から3番目のサンプルは、テキストにアピアランスの「オブジェクトのアウトライン」をかけて、かつプレビュー境界をオンにしているものです。
(ガイドをひくとわかりやすいかも)
58
このピチーっと揃えるやり方については、以下の記事を参照ください。ふつうの整列でもバッチリ使えますよ。


■ダウンロードはこちらから(無料です)

このスクリプトのダウンロードはこちらから。いずれメルマガの題材にしますので、無料でどうぞ!
G116_MidashiLine.jsx


お役に立てれば幸いです!

ではでは出羽の海。