(クリックで動きます)
タイトルなし

■スポスポスポッ!と効果音をつけたいくらいの便利さです(自分で笑)   

おつかれさまです。@gorolibです。


三つ巴の超絶納期から解放されました\(^o^)/いっやーおつかれさまです。自分(笑)


というわけで久々の投稿です。


やはりスクリプトは業務で使うと洗練されます。自作スクリプトをバシバシ使って仕事してましたが、先般公開しました、


について。

オペレーションは超絶ショートカットですが(自分で言う)、フォルダを指定し、フォルダ内の画像を配置するという仕様については、

「フォルダとファイルの管理」にミッションが置かれすぎる

きらいがあります。処理ごとにフォルダが必要とか…。集めるのはあとでパッケージすればいいんですけどね。


そこで、もうちょっと柔軟にならないかと再検討しました。


画像は適当に配置し、ワクと同時に選択すれば、

スポスポスポッ!(脳内効果音)

とクリッピングマスクを切ってくれるスクリプトに改造いたしました。

ダウンロードは前回の追記としますので、追加料金は不要です!

(クリックで動きます)

<スクリプトファイル名>
G112_AutoPlacedItems2.jsx

<使い方>
(1)配置画像と配置先のワク(パスアイテム)を選択する
(2)このスクリプトを実行する

<仕様>
(1)選択した配置画像を、選択したワクに配置します
(2)画像およびワクはグループ化やクリッピングマスクを解除しておいてください
(3)配置先のワクに合わせて拡大縮小します(ワクが埋まるような倍率で)
(4)さらに位置も配置先のパスアイテムに合わせてくれます
(5)さらにさらに選択したワクでクリッピングマスクもかけてくれます
(6)画像もワクも左から、上から順に処理します
(7)配置先のワクが足りなくても、画像が足りなくてもどちらでも大丈夫です。



■ダウンロードはこちらから


※前回購入いただいた方は追加料金不要です。