■もう2年くらい調べてますけどいちおう暫定解決はしています…   

おつかれさまです。@gorolibです。

ツイッター上で、@nomal_fさんからのご提言について、@wideboyjpさんからご紹介いただき、ツイートしようと思ったら思いのほか長くなり、ブログ記事にしています(前置き長っ!)

(関連ツイート)

結論から言うとできません…もう2年くらい調べてます(笑)。達人の方に教えを請うたこともありますが、できないことがわかっております(整列パネルがイラストレーターにとってもプラグインらしく、仕様が公開されてないようです)

なので、現時点では

アートボードに整列のままで全部まかなっちゃう作戦

でお送りしております。

もう整列パネルの整列基準自体を変更しない(アートボード固定)という運用です。


■キーオブジェクトに整列


まず、キーオブジェクトに整列は、キーオブジェクトを指定した瞬間に切り替わるので、放置してよいでしょう。

もっとも「キーオブジェクトを選択する行為」がとても面倒なので、これを自動選択できないかは引き続き模索中です。未だにわからんのですが…(整列パネルのプラグインにもぐっていると予想中)。


■選択範囲に整列


さて「キーオブジェクトに整列」を放置してよいとすると、問題の根源は

「アートボードに整列」と「選択範囲に整列」の切り替えをどうするか

に絞られてきます。

しかし「選択範囲に整列」のことをよーく考えてみると、整列パネルの「等間隔に分布」でしか使わないことがわかります。

選択範囲に整列のままで、なんの基準もなしにポヤーんと「水平方向左に整列」などしないですからね…(必ずキーオブジェクトは指定するかと思います)。

で、困るのはアートボードに整列のままで、等間隔に分布させると、

こーんなになったり、
6399e45c

こーんなになったりするのが問題なわけですね。
d4fcd28d

なのでアートボードに整列のままで「等間隔に分布」ができればいいという結論に達しております。


■アートボード基準のままで等間隔に分布


ということで「アートボード基準のままで等間隔に分布」できればOKなのです。こちらを参照くださいませ。



……

そう、お気づきでしょうか…。あくまで暫定運用。スクリプトからアクションを呼び出したり、一瞬だけアートボードに変換したりと、まったくもってビューティフォーじゃないのです!

ことばのキレがわるいのは、

結論が出てないからですからーっ!残念!(ギター侍風)


というわけで引き続き研究対象ですので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします^ ^


ではでは出羽の海。