(ダウンロードはこちらから)
https://note.mu/gorolib/n/n152f3fa4e10b


(クリックで動きます)
160512a
■超絶カンタン!ポイント文字をひとつ指定するだけです     

おつかれさまです。@gorolibです。

かねてから疲弊していたイラストレーターによる表組みですが、一瞬でできるスクリプトを作りました!

ついにできたぜ!フゥー!(永野風)

面倒っすよねー表組み。時間ばっかりかかるけど「きれいで当たり前」の表組み。かねてからアタマを痛めていましたが、ついに終止符を打ちます!

(ダウンロードはこちらから)
https://note.mu/gorolib/n/n152f3fa4e10b
G49p_TextBackBorder.jsx(文字の背景にボーダーを敷く)
G50p_TextBackBorderSpace.jsx(文字の背景にボーダーをスキマ1ミリ開けて敷く)


(クリックで動きます:スキマ1ミリバージョン) 
160512c
■ポイント文字を1つだけ指定してください


ええと、オペレーションはシンプルで、ポイント文字を1つだけ指定してからこのスクリプトを起動してください。

それ以外は何をやっても動きません(笑)

処理は、
・geometricBounds
・行の文字サイズ
・行の文字送り
の3種を駆使してボーダーを描いていますが、このレベルでしたら及第点をいただけるのではないでしょうか…。

ボーダーの色味は、選択している文字色のまま「不透明度20と不透明度5」に分けて描いています。

つまり濃いボーダーは、文字色(サンプルでは青)の不透明度20%、うすいボーダーは不透明度5%です。

当初は近くに色玉をつくってもらって、テキストと同時に選択して…と思っていましたが、処理が複雑になるのでやめました。


■ダークサイドに落とすなよ、落とすなよ…(笑)


文字に関しては「イラストレーターで文字の仮想ボディをどう計算するか」という、

最難関クッパ大魔王4-4(古っ!)

レベルが待ち構えているのを知っています。僕などに到底太刀打ちできるわけがありません…。そのため、できるだけそのダークサイドに落ちないよう、おだてなだめすかしながら(???)サクッと作っちゃいました。

わたしの知るかぎりいちばん足の長い「Noto Sans CJK JP」で検証していますので、まぁ、大丈夫でしょう…(汗)。見た目がイケてればOKよね?

パスのアウトラインもプレビュー境界も不要です。


■行送りがイレギュラーな場合


なお、行送りがイレギュラーな場合は、こうなります。
160512b
160512d
座標計算に素直につくるとこうなりますが、まぁおかしくないですよね?

スーパー汎用的につくりかえるつもりはありませんが、もしご意見ありましたらコメントをお願いいたします。

m(__)m

お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。




 (追記160512)
■イラレの表組みをゼロ秒で!たとえばエクセルから貼り付けたデータも一発で表組みに!面倒な設定は不要です。

(クリックで動きます)
 160512g